2005-02-25 07:11:53

豆の幼馴染、Barney

テーマ:豆が英語と育った道
今日、こんな色で書いているのには意味があるんです。

豆の幼馴染、赤紫色の恐竜、Barney(バーニー)について書くからですよぉ(笑)

実はこの色私の大好きな色でもあります♪

Barneyは、もともとアメリカ人のお友達の紹介で見始めたのですが、アメリカで直接買うものや、当時英語のサイトしかなかったアマゾンからのもので40巻くらい、豆は持っています。この番組「サザエさん」や「セサミストリート」並に長くやっていて、登場する子供たちも代々変わっています。 内容もしっかりしていて、「これで育ったら良い子に育つだろうなぁ」と思いましたねぇ。。。←マジでっ! はい、このBarnyのいいところはしつけも一緒にできてしまうところです。言葉も子供用にはっきり発音されているので、聞きやすいことも完全に子供向きですね。アメリカの子供の背景を見るのにも一役買って暮れる事でしょう。この中にはマザーグースがベースになっているものも沢山出てきますので、マザーグースと併用してみてくと、もっと面白いと思いますよ。BarnyのMothergooseももちろん出ていますので、Amazonで探してくださいね♪ 画像が無いものが多かったので、少ししかここに上げていませんが、もの凄い数あるので、お子さんも飽きる暇もないかもっ☆


Barnyは今のSpongeBobと同じで、ありとあらゆるものがBarnyのキャラクターと共に商品化されています。身長30cm位の手を握ると多くの言葉を話す人形、マスコットはもちろん数限りなく、食器やSleeping Bag(寝袋) ←アメスクではお昼寝に使う、T-シャツなどの衣類、下着、毛布やシーツなどのBeddings(寝具)、文具、傘、 インタラクティブCD-Rom、Barneyの絵の描いたケーキ、And More!

豆は小さい時、毎日のようにコレを見て育ち、アメリカンスクールでも自由時間には流されていましたので、随分お世話になりました。それに加えて蝶々自身が大好きだったなぁ。 

そんな訳で、Barneyは豆の幼馴染なんです♪







タイトル: Barney - Come on Over to Barney`s House




タイトル: Barney - Barney`s Let`s Pretend




タイトル: Barney - Barney`s Waiting for Santa




タイトル: Barney - Live! in New York City




タイトル: Barney - Barney`s Dino Dancin Tunes




タイトル: Barney - Let`s Go to the Zoo




タイトル: Barney - Be My Valentine Love

 



タイトル: Barney - Barney`s Halloween Party
 








ブログサーチ←ここを応援クリックっ☆ブログサーチ♪
 
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2005-02-22 11:53:27

SpongeBob Squarepants!

テーマ:豆が英語と育った道
まずは。。。

期間限定企画ぅ~っ「2月が誕生日の人集まれ~♪」

今日2月22日は、ちゃりーんさんのお姉さんと、
びびあんさんの旦那さんと、ahahaさんのお誕生日です★
このブログとここに遊びに来てくださる方々から、愛を込めて。。。
「ちゃりーんさんのお姉さん、お誕生日おめでとうございますぅ!」
「びびあんさんの旦那さんのお姉さん、お誕生日おめでとうございますぅ!」
「ahahaさん、お誕生日おめでとうございますぅ!」




さて、今日は何のDVDを観ようかな? 今回はアメリカで子供にも大人にも大人気の「SpongeBob Squarepants!」(スポンジボブ・スクエアパンツ)をご紹介します♪ アメリカの子供向け番組で大ヒットしたものは幾つもありますが、ここ数年は何といってもこのSpongeBob。大人にも人気のシリーズで先月映画も公開されて蝶々のアメリカ人のお友達の中で大勢の人が大喜びしています☆

オトボケな海面とその仲間たちの話です。英語を身につける間にその言葉の背景を知る事の大切さはお話してきましたが、歴史や人種や宗教も大切ですが、実は生活用品や、こういうその時に何が話題になっていたかも重要で、難しい事だけでなくこういう流行の漫画などもその中に含まれますので、ちょこっとここで上げておきたいと思いました♪

★".゜:*・。"★*:・。*゜ ★・゜:*:*・。"★*:・。* ★".゜:*・。"★*:・。*゜ ★

一昨年のハロウィーンでおうちの前に2mを超えるSpongeBobをおうちの前に飾っているのを見ましたっ!あれは、凄かった(笑)。

以前にこの↑写真を記事に添えていました。その時はきっと何のことだか分らない方も多かったかと思いますが、この彼がSpongeBob Squarepantsです♪

このSpongeBobは、あのBurgerKingのおまけですが人気があって、主人公のSpongeBobを手に入れるために、蝶々の友達が6日間もアメリカのBurgerKingに通って手に入れてくれました☆
お気づきかも知れませんが、操作すると目が3種類に変化します。大の大人が6日間も通いつめてまで手に入れたい、アメリカではその位人気なのです♪

豆はここ数年このSpongeBobにご執心で、彼の絵を描いたりします。只今うちの冷蔵庫に貼ってありますよ。 ♪Refrigerator picture for my mom~ですねぇ。。。アメリカ的っ☆

豆さんの、お気に入りのDVDです♪彼らのネタと言えば、ちょっとアホっぽいけど(笑)、アメリカの漫画だなぁ。。。と言うのが率直な感想ですねぇ(爆)。でも、今時の日本の漫画みたいには変な影響は子供に与えないのは、間違いないっ!はは
アメリカで買った、SpongeBob腕時計。これは、画面をひっくり返せて裏は時計になっています。バンドも裏は白黒でSpongeBobと仲間達が書いてあるリバーシブル。大人の男の人がしているのも見ましたよ☆
アイスバッグです(笑)。アメリカ人って何があってもとりあえず「冷やしておきなさい」って言うんですよ(爆)。打っても「冷やせ」、頭が痛くても「冷やせ」噛み付かれても「冷やせ」って。。。アメリカンスクールでそう言われて育った豆は、なんでも冷やすので、うちはコレが必要です(笑)。でも、アメリカのこういうところが上手だなぁ、って思います。病気に関するものとか、子供用に工夫されてなんでも可愛く作ってあるもの。咳止めのアメも熊の形の棒つきだったりね。。。
★".゜:*・。"★*:・。*゜ ★・゜:*:*・。"★*:・。* ★".゜:*・。"★*:・。*゜ ★
☆SpongeBobを英語で観て、また英語を耳に注いじゃおうぅ☆ 

☆ここから下は、このページで買えますよぉ☆




タイトル: Spongebob Squarepants: Movie / (Ws)




タイトル: Spongebob Squarepants: Nautical & Sponge



↓ここを応援クリックっ☆女性ブログランキング♪  

 
実は蝶々、昨日学校から戻ってから具合が悪いです。とっても教室で寒かったし、帰り道もとっても寒かったぁ。。。という事で、コメレスやみなさまの所へ遊びに寄らせていただくのが遅れててごめんなさい。(今朝、またちょっと重たかったですね。8時半から9時ごろ)これから、ゆっくりやらせて頂きますので許してね。。。

それと、先日ご紹介したAFNでも今日、花粉症の事を取り上げていますねぇ。HayFeverという言葉を使っています。みなさまも、気をつけて下さいね♪
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2005-02-18 16:22:33

AFN/ American Forces Network

テーマ:豆が英語と育った道
まずは。。。

期間限定企画ぅ~っ「2月が誕生日の人集まれ~♪」

今日2月18日は、wagayaさんの長男くんのお誕生日です★
このブログとここに遊びに来てくださる方々から、愛を込めて。。。
「wagayaさんの所の長男くん、お誕生日おめでとうございますぅ!」


さて。。。


今日は、週末なのでお時間をちょっと拝借できるかなぁ?
と思って英語の話を再びまじめに。。。

今までにお話してきた耳から覚える英語の為に、常に英語を聞ける環境に身を置く為に、その環境造りのヒントを書きたいと思います。
この方法は、蝶々が子供の頃から、そして豆も赤ちゃんのときから、そして今でも続いているものですが、とりあえず、日本に居てできる方法のうちの一つAFN/American Forces Networkの放送についてお書きします。 

American Forces Networkはいわゆる米軍放送です。ラジオとテレビがありますが、東京近郊は横田基地が広いネットワークを持っていないので、テレビは見れません。Off Baseで見る場合には、基地の中のBXで、チューナーとアンテナを買う(アンテナは買取り、チューナーはレンタル)事になりますが、ちょっと一般には工事をする人の事などを考えると(請け負い業者が極めて少ないし)無理だと思います。

ただ、AFN Radio(ラジオ)については、どこでもでは無いかもしれませんが、米軍基地が比較的近いか、基地ではないが米軍施設があれば、必ず入ります。基地のエリアによって大まかに周波数を変えているので、お近くの米軍放送の周波数を調べる必要が在ります。例えば、関東地区なら、Eagle 810と別名がついており、関東平野にある基地と施設を全てを網羅しています。ですから都心なら、米軍のバラックスや、ホテルが港区の辺りにあるので、基地から離れていても聞けます。関東地区の周波数は AM810です。

蝶々は、14歳くらいの頃から聞いていました。当時はFEN/Far East Network(極東放送)でした。当時Far Eastは多少差別用語だと聞いた事があります。その為か、外国に住んだりしていて知らないうちに名前が変わってAFNになって居ました。

私が14歳くらいのとき、初めは耳に注ぎ込まれるだけで、どこかで漏れているのではないか?と思うほど自分の理解度に疑問でしたし、聞き取りも大変でした。そして、そのうち垂れ流し状態になりました。でも、それは決して無駄ではありませんでした。拾える単語だけ拾う所から始まって、常にNativeの英語を聞き続けることは、実際外国人に町や学校で出くわした時に私に度胸をつけてくれました。学校の英語の先生の発音に慣れているだけの耳よりはるかにNativeの英語を聞きなれているので、Nativeの英語を聞いたときの「話が違うよ~」というのが無いのです。ラジオはアメリカ人用に放送されているわけですから、私の為にゆっくり話してくれるのでも、解り易い単語を選んでくれているのでもないので、初めはキツクても、それが功を奏したのかもしれません。

当然これに平行して、学校で単語の暗記をしていきますし、ラジオで出てきて聞き取ったわからない英語はすぐに辞書で引く癖をつけました。これで、母国語と同じ習得方法になっていくわけです。絶え間なく聞き続ける。。。その中には、難しいニュースもあれば、下らない話も入っているし、色々な人が変わり変わる話しかけてくる。。。そして、机に向かう勉強が始まる小学生くらいでは、単語のWriting(書き)が始まるわけです。では、小学生がどの位の日本語を話しますか?小学生と言ったら、かなりの表現を既にできるようになっています。日常学校に行ったり、仕事に行ったり、出かけて他の事をしている時間もあるわけですから、その時間を削ったとしても、普通の赤ちゃんには1-2年したら話し始められる能力があるのに、私達は、最低でも6年間は英語という(文法中心な的外れなものであっても)授業をしているのに話せないのは、その言語を聞き続ける環境が無いからです。

無いから、蝶々は作ります(笑)。

まずは、日常多い時間を英語と過ごせるのはラジオが一番です。他の仕事をしながらでも聞けるからです。歌も沢山流れるので、歌から覚えていくこともあります。テレビや教材の場合、そこに付きっ切りになります。ですから、教材などを使う場合は、その時間それに集中して、更にAFNを流して、英語が聞こえている時間を増やしませんか?

豆も私がこれを朝起きたらすぐに掛けて、食事をするときにTVを消したら又掛けて、豆が眠る時間になると又掛けて、と、まぁ豆がTVをつけていないときはほとんど私が洋楽を流しているか、AFNラジオを流しているので豆は毎日英語の中に居ます。
AFN聞けないわよ!という方の為にもう一つに似たようなものを。。。
有線をひいてはいかがですか?USENと言う奴に、英語で放送している外国のラジオ局も入っていますし、英会話チャンネルもあります。それで月払いなので、聞きたい放題。今時、USEN備え付けのマンションも多いですよね?

これから、他の方法も書いていきますが、まずすぐにできる事なのでご紹介しました。一夕一朝では言葉は育ちません、だから今日から、毎日続けられる事が必要です。赤ちゃんが毎日お母さんの声や他の人が話すのを聞いて言葉を覚えるように。。。

聞き取れなくても、焦らないで下さい。赤ちゃんが初めそうな事を思い出してください。ただ、続けることと前向きにそれに向き合う事が必要です。赤ちゃんは、お母さんの問いかけに答えたいと思う。気持ちを伝えたいと思う。その気持ちが必要なだけです。これを続けていき、他の方法(少し前に書いた映画を原語と字幕で観る事や、単語を増やす事 → 聞き取れた単語をすぐに辞書で引けるように傍に辞書をおき、マメに辞書を引いて語彙を増やすなどして)も平行して行けば、必ず成果を実感できます。

海外での経験や、アメリカ人と仕事をする事も大きな要素でしたがその基盤を作ったのは、こういう日常的に英語に触れてきたことです。今では単語が日常的でないものも多いNewsでも耳に飛び込んできて、反応して突然「うそでしょ?」とか急に言ったりするので、Newsの言葉は豆には難しいのでNewsの時間(毎時間ちょうど)は、内容を聞き流している豆が「なにっ?」と、ビックリしたりします(笑)。


AFNをベースに英語を進めた経過は。。。

まったく聞き取れない

すこし単語が拾える

すこし虫食いだが文章で理解できるので、多少GUESS(推測)すれば理解できる

この頃は努めて聞くListenの状態で理解できる。
Pay Attention(注意を払う)して、聞き取る状態。
この頃は、結構話せるようになっています。

この辺で語彙を増やしたくなる

それを超えると、Hear(自然に耳に飛び込んでくる)でも聞こえるようになる。
ここまで来ると英語で仕事を充分にできると思います。

Newsを問題なく聞ける。


というものでした。その間に

最近英会話の教室のCMを見て震えたものが在りました。通っている方がいらっしゃったら本当に、本当にっ、申し訳ないのですが、ヤOハの子供用英会話教室です。名前が有名だから、つい「おぉ」って思ってしまいますが、でも、蝶々だったら、絶対に行かないだろうし、豆も送り込まないなぁと思いました(笑)。なぜならCMに既に机上の空論が見えちゃったから。確かに、従来の中学高校の英語(英語文法)の授業の中で、悲しいをSad、幸せを Happpy(でも、このhappyと言う言葉は幸せ以外にもっと頻繁に嬉しいなどでも使うことは英語の授業で余り触れませんが) そして、怒っている状態をAngryと教わりましたが、実際Angerという名詞形を使っても、Angryと言う単語をほとんど使いません。Newsでは聞くかな。。。他の感情もそうですが、「怒り」には、もっと細かい表現があり日常他の表現の方を多く使います。(例えばUpsetですが、これは辞書では狼狽すると言う意味を中心に書いてありますが、これを使う場合も多いですし、Mad を使うことも多いです。あとここには書きにくいですがその手のもっと簡単な単語の組み合わせのものを使うほうが多いのですね。)ですから、少し日常ではカタすぎる表現なのだ思います。ですから、そのCMを見たときに、これでは、学校で習うのと同じで実用的ではないなぁ、と思いました。。。有名な会社だけにちょっとガッカリかなぁ。。。って、中身は知りませんから、単に勝手な私の感想なのですが(笑)。私の場合はアメリカ英語なんで、日常会話は、ブリティッシュほど固くないのもあるかもしれませんがね。

でも、私が大学の頃、帰国子女の友人に学校で習った英語でシュミレーションに付き合ってもらったら、「ははは、皇室ご一家じゃあるまいし、そんな言い方は滅多にしないよ」と教えられました。それは皆さんも一度は聞いたことのある「I beg you a pardon?」です(笑)。確かに実際アメリカ人の間で「Execuse me?」か、「say that agin?」となるほうが普通ですね。彼は、生後3ヶ月から中学を卒業するまでイギリス育ちで、日本のW大学から、アメリカ留学もしています。ですから、うーん、事前によく比較して調べるのが良いでしょうねぇ。。。あくまでも会話の教室には会話のテクニックが求められるのであって、文法的なことではありませんからねぇ。

私は、やる気ばあれば教室や教材は無くてもできる(というか、できた)派なので、英会話教室の事など解らないのですが、英語の事については英会話教室も含めてアンテナが向いているので、情報は↑の様に勝手に脳に入ってきます。

その中で、今のところ蝶々がCMだけで判断するに(英会話学校とか教材とか一切縁がないのでCMや中刷りなどの情報で失礼します。あくまでもヒントです♪。)自分のやる気次第で一番身になりそうな英会話教室は、はっきり言ってNOVAですねぇ。24時間できる自宅留学というADSLを使ったテレビで外国人教師と話すシステムがあること(まぁ、もし一日に何時間しか使えない⇒講師も何時間もカメラの前に居られないだろうし(笑)なんていう決まりごとがあるかもしれないけど)忙しいお子さんにも、お母さんにも、お父さんにも、時間に関係なくできるのは助かりますし、出かけなくてもできるなら、行きたくなる日もおうちでできるわけですよね。教室をやめなくて済む。下手したら、お母さん一人が申し込んだら、子供は後ろで聞いている状態も可じゃ、ないですか??(笑)。お得かも!へへへ

しかも、NOVAは解ってる!CMで、宇宙人が言ってますよぉ

「あんなぁ、異文化コミュニケ-ションやでぇ。伝えようと言う熱意が大事なんや。。。」
とかなんとか(笑)。


まぁ、うちではそれでも環境に注意するだけで我が道を行くのですが(笑)、日本に居る間で、ラジオにAFNが入る間は毎日AFNを聞き続けて、今ではすっかり豆もNews以外のところでは(Newsは単語のレベルが上がるので)、彼女も他の事をしながらでも聞き取って突然「変なのっ」と笑い出したりするようになっています。

そうして8歳の豆は(明日で9歳ね♪)USHERの曲を口ずさむ粋な子供になったとさ★ 
↑USHER、グラミー取りましたねぇ♪



ブログサーチ←ここをクリックっ☆ブログサーチ♪

アメブロ激重とコメントを死守する方法は、下↓にありますっ!
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2005-02-12 17:31:15

豆と蝶々が映画を見る時☆

テーマ:豆が英語と育った道
まずは。。。

期間限定企画ぅ~っ「2月が誕生日の人集まれ~♪」

今日2月12日は、蝶々の父の誕生日です★
このブログとここに遊びに来てくださる方々から、愛を込めて。。。
「パパへ、お誕生日おめでとうぅ!」

↑今日は、わたくし事になりました(笑)


さて。。。

先日、久しぶりに会ったアメリカ人のお友達からお土産を頂きました。
いろいろ在った中から、「Shark Tale」のDVDを豆が選んで昨晩寝る前に彼女が観ていました(うちアメリカのDVDプレーヤーしかないので、アメリカのDVDしか見れないんです(泣)。日本のディスクとアメリカのでは、互換性がないので。)。私は近くでPCに向かっていたのですが、観ていたというよりブログの記事を書いていたので、片耳で聞いていただけでした。ブログを書きながら、そこに出てくるホンソメワケベラみたいな魚の話かたが、チョコレート人(黒人)の独特なそれだな。。。と思っていたり、サメのボスみたいなのが出てきたとき、すぐに思ったのは、ロバートデニーロみたいな話し方と雰囲気だなぁ。。。と思っていました。時間ができたら、ちゃんと観たいなぁ。。。だって、とても面白そうだったんですもの♪
 
そして、今日、ここで記事を書くために、そのDVDのケースの写真を撮った時に気がついたのですが、あのホンソメワケベラみたいなのの声は、Will Smithで、間違えなくチョコレートな役者さんで、しかもあのサメのボスは、本当にロバートデニーロでした(笑)。 

ここに引っ越して来て以来、豆の英語の衰えを心配していましたが、少なくとも聞き取りは大丈夫なようで、一人で途中で「これは、すっごいハマルかもぉっ!」と叫んで大喜びしていました(笑)。



そうなんです、うちで洋画を見るときは、オリジナル言語版か、もしくは字幕の映画しか見ません。私自身が、その英語を日本語吹き替え版にしてしまう事で、英語独特の言い回しが変わって雰囲気が正しく伝わらなくなるのが嫌いだからです。それと私自身が、父がアメリカ映画マニアだった為に、幼少からそうしてきたからと言うのもあります。映画を父と一緒に楽しむには、英語を注意深く聞くか、または字幕を必死で追うしかなかった訳です。しかし、それが与えるものは、とても大きいと思います。英語を注意深く聞くことが英語耳を育て、字幕を必死で追うことが、日本語を読むことの能力を高め、漢字などもどんどん吸収させますから。

 実は映画につく字幕(Sub Tittleと言います)には、制約がって、その制約内に収めるために意訳になることが多いと聞きました。実際に、私が耳で英語を聞いていても、その字幕とばっちり一致する事のほうが少ないです。英語字幕をつけるときの制約だけでなく、ここには、観客のその映画の中の世界に対する背景理解のあるなしを考慮するという事も関わると思います。例えば、アメリカでは、物を商品名で呼ぶことが多いのですが、

「Can you pass me that Cutips?」

と言うシーンが英語の中にあったとして、どの位の観客の方がその意味を、それが何を指すのか分るでしょうか?キューティップスとは、アメリカで有名な綿棒の事です。私の親の時代からあるものです。キューティップスという商品名でないものまで、キューティップスと読んだりすることも多いです。(綿棒→Cotton Bud とかCotton swab と言ってももちろん通じますが)。そういう背景が分らない場合、その訳を「ちょっとそこのキューティップス取ってくれる?」と字幕をつけても観客の人は、ピンと来ないわけです。だから、「ちょっとそこの綿棒とってくれる?」となるのでしょうが、←この位少しの変化ならまだ良いとして、本当はすこしニュアンスが違うんだとなァと言うものや、原語で聞いたらもっと面白いというものが沢山あるんです。

葺き替えている声優さんの声ですら、その雰囲気を伝え切れないときがあるわけです。これは全員ではないでしょうが、私に起こる現象で「英語を話すときの声は低くて、日本語の方が高め」と言うのがあります。まぁ、それと関係があるのかないのか分りませんが、基本的に人種によってからだの造りが違うので、その為声帯にも違いがあるためかもしれませんが、その役のその声のその表現が、そのキャラクターとして初めに作られたのに、それを損なってしまうのも実はもったいない話だからです。

って書くと、「って言うか、早すぎて字幕を子供は 追えないのに...」

と聞こえてきそうですが、良いんです(笑)。子供は動物的な勘が鋭いので、言葉も通じないのに、外国人と意思の疎通をして遊ぶ事ができますから(これは蝶々の7歳の頃のお話)、そこで初めから諦めずに、まず英語を聞かせることに集中するのです。子供は、話が面白そうなら、それでも吸い込まれていきます。そうして集中して英語を聞くことは、日本で生活している限り子供には中々ないことですから、これは貴重な英語を耳に注ぎ込むチャンスなのです。

それに、そこで表現される、独特な背景や表現までもがそれを続けていくことで子供の中に吸収されていきますから、その子が英語を十分に身につける頃には、必要な背景理解が同時に進んで居る事になります。うちは私も豆も、驚いたときに声にならない「はぁっ」と息を吸う音が反射的にでます。ここに来るまで気がつかなかったんですけど、これって、日本の人は余りしませんね。。。これも、アメリカ(英語圏)の人の持つ表現の一つで、私や豆にとっては長年のアメリカ人との付き合いでもう癖になっているのです。でも、そう言う事も映画の中から汲み取れるのに、吹き替えにしたら伝わりませんからね(笑)。お子さんと、原語で(または原語+字幕)で映画を楽しみませんか?



ブログサーチ←ここをクリックっ☆ブログサーチ♪


今から、ちょっと実家に走って、父と一緒に晩御飯でも食べながらお祝いして来ますねぇ♪ すぐに帰って来て念願のブログ散歩に出かけまぁす☆

たったかたったったぁぁーっ!(走る図)


お知恵、拝借「☆Wisdom☆」の記事は下に在ります↓。まだまだ、お知恵のある方、教えてくださいねぇー!

いいね!した人  |  リブログ(0)
2005-02-07 18:11:53

MOTHER GOOSE/マザーグース

テーマ:豆が英語と育った道
英語の習得を考えるときに、将来的にまず必要になるのが、その背景理解です。背景理解の重要性については、別記事でお話しするのですが、今日は、まずその第一歩のお話をしようと思います。

英語だけでなく、他国語を突き詰めていくと、必ず行き着くのが文化の違いや、その背景に横たわるものによる、真意の理解です。その言葉の奥へ入っていくと、そこを解っていないと、理解できない事柄が多く出てきてしまいます。それは、私達がテレビで見るものや、流行っているものの事や、政治や歴史上の人物や、昔存在したものや、自分の生い立ちを話す時に、外国人には理解できない事を意識せずに話して居る事でも、解るように、彼らにもそれがあるからです。

さて、私が感じた、まず一番最初の背景理解は、マザーグースの歌、お話からです。
セサミストリートにも多用されますし、他の英語の番組(日本のものでなければ特に)には、驚くほどマザーグースからの引用がされているのでも解るように、それは私達が共に育った、昔話と同じようなものです。 

中だるみした子供を戒めるときに「ウサギと亀」の話を引き合いに出すように、マザーグースも、彼らの会話の中に、日常頻繁に出てきます。

ここで、すこし触れておきたいのは、アメリカの童謡の節についてです。
マザーグースを読む、または歌うときに、節にはさほどこだわらなくて良いと
思います。なんども話すようにアメリカは広大な国で、日本ほど統率が取れていません。まぁ、日本でも各地で、同じ童話がすこし形を変えているのと同じです。
ですから、同じ歌でも違う節で聴くことは、珍しくありません。以前のコメントの中に、アルファベットの歌の結末は何が正しいの?という質問がありましたが、それと同じで、マザーグースの節にも正解はありません。語り継がれる中で、多少の変化がされていて、どこがオリジナルなのか、多分誰にも解らないでしょう。。。
それと、アメリカの童謡と日本のそれとの大きな違いは、日本の童謡は、それぞれにきちんとした節が付けられてて、一曲として成立していますが、アメリカの童謡には、他の有名な童謡と同じ節を使いまわしているものが多く聞かれます。よって、節には,それほどこだわらなくていいと思いますが、大事なのはそのお話の内容です。マザーグースはRhyme(韻を踏む)で形作られているので、声を出して読んでいるうちに、必ずそのリズムは取れてきます。ですから、そのリズムで読んであげれば良いと思います。こう聞くと既にお気づきかと思いますが、出来るだけ英語版を読むべきだと思います。なぜなら英語のRhymeを日本語では感じないからです。個人的な好みで言うと、洋書は、欧米人の独特な描画スタイルや、色遣いに直に触れられるので好きですし、そういったことの理解にも繋がると思います。

マザーグースの洋書は、日本でも多く入ってきているので、比較的手に入れやすいと思います。それでも、ちょっと。。。と思う方には、日本の会社が作るもので、英語版に英語で吹き込んだCDが付いたものなども出ています。気に入るものを選んでくださいね♪



こんなのを見つけたので、参考までに載せておきます☆


著者: Arnold Lobel
タイトル: The Arnold Lobel Book of Mother Goose



コレ↓は何が入っているのか見てみたいっ!


著者: Sylvia Long
タイトル: Sylvia Long`s Mother Goose Block Box



ブログサーチ←ここをクリックっ☆ブログサーチ♪
いいね!した人  |  リブログ(0)
2005-01-24 19:31:15

Valentine's day と、SuperBowl !

テーマ:豆が英語と育った道
この時期になると、アメリカのGrossary store(スーパー)などでは、色々なもののValentine Virsion(バレンタイン・バージョン)が登場します。
M&Mなども、通常の色ではなく、ピンクや赤、白といった色のM&Mに変わり、パッケージも、それと分るデザインに変わります。バラの花の形のチョコレートが赤いアルミホイル(alminum foil)に包まれて、その下にはプラスティックの緑の茎と葉がついていて、まるで一本のバラのようになったものなど、ありとあらゆるValentineようの小物がでてくるのです。

基本的には、チョコレートを渡す日ではないと言われてはいますが、チョコレートも模様替えして登場します(笑)。M&Mなどは彼らはCandyと呼ぶのですが。。。

Valentine's dayは、愛している大切な人に、その気持ちを伝える日です。
それは、恋人や、思いを寄せている人、または旦那さんとは限らず、自分の子供に対しても「愛しているよ」と伝える国なので、子供にも「あなたは私のValentineよ♪」と、意思表示をします。とうぜん逆も有りです。 

恋人同士のそれは「Be my Valentine!(私のValentineになって!)」なんていうカードと一緒に贈り物をします。旦那さんや恋人は、今の時期になると、Christmas以来再び、贈り物選びに頭を悩ませ、どこで奥さんとお食事をするかなど、Romanticなデートの計画にも頭を悩まします(笑)。もちろん子供はBabysitter(子守)が必要なので、子供の居る人はBabySitter探しに大変な時期です。。。Babysitterも On a Valentine's dayですから(笑)。

一般的には、Valentineデザイン(カワイイ熊が、赤いハートを抱えているものや、普段のキャラクターがValentine Virsionになっているもの、独特の色使いのもので、素敵なコメントの入ったものなど)の浮かぶ風船や、お花と、カード、そしてプレゼントが、用意されます。アメリカ人は、こういうイベントを楽しむ天才ですから、この手の準備に必要なものは、とても豊かな品揃えで、安く手に入るようになっているので、皆が気軽に楽しめます。


特筆すべきは、「カード」です。

日本では考えられない種類のカードが出ていて、さまざまな相手に(義理の母宛、とか、養子にした娘へなども!)さまざまな感情のひだ(良いときばかりでなく、ゴメンネ、さみしいよなども)を伝えられるようになっています。私は、アメリカの棚に並んだ、数限りないこういうカードを只ひたすら棚の前に立って読み続けるのが大好きです。色々な会社がもちろんありますが、一番どこでも見かける一般的なものを一つ紹介します↓。

american greetings

この会社は、カードだけでなく、さまざまな種類の贈り物のための品(ラッピングペーパーや、小さいPaperBagなど)も豊富に用意してあります。

また、Valentine's dayが近くなると、アメリカンスクールではおうちの大切な家族に贈る品をArt and Craft(工作の時間)につくります。豆のアメリカンスクールで作った最後のValentineGiftは、台紙にValentine ColorのTissue Paper(鼻紙ではないっ。ラッピング用のカラフルな薄~い紙をそう呼ぶのです)をちぎってくしゃくしゃにしたものを沢山作って、それをみっちりくっつけて貼って、さまざまなハートを作ったものに「Happy Valentine's day!」と書いてあるものでした。

そしてValentine's day の少し手前には、アメリカ人の血が騒ぐフットボールの最高峰”Super Bowl”があります。アメリカンフットボールは冬がシーズンで、日本でも大学のフットボールは10月ごろから試合が毎週のように行われ、1月3日くらいに大きなイベントを迎えます。蝶々が大学生の頃、体育会フットボール部の友達がとても多かったので、毎週末のように友達の出る試合を追っかけて見に行き、寒いので熱燗を持参して、大暴れで応援した後、試合後の打ち上げでシコタマ飲まされて「ヘベレケ」になっていました(笑)。小学校入学前だったかしら?父と見たアメリカ映画で、フットボールを知り、それ以来自分は男の子になってフットボール選手人に成るんだと、心に決めていましたから(ムリ!)

アメリカでこの時期 Monday night foot ballという日本で言う野球のナイター中継みたいな番組があり、大人たちはカウチでビールを飲みながら、コーンチップスにナチョチーズをつけながらボリボリ口に運び、フットボール中継に嵌ります。そしてSuperbowlの日までに、気分が最高潮に盛り上がり、仕事場でも仕事どころではなくなり、この日は実はアメリカンスクールでは、お休みが多いのです(笑)。先生達も、分っていて、その日一日学校はのんびりムードです♪

さて、今年は、あなたの愛している人に、はっきりと伝えませんか?

「You are my Valentine!」

とね。以前に書いたように、そのときその時にきちんと伝えましょうっ♪




ちなみに、今年は第39回 SUPER BOWL、2月6日(日本時間7日)です。Feb.7.2005 に、Yokota AB で SUPER BOWLをワイワイ観戦する、Super Bowl Party が、両 O-clubとE-club であります。入れる方は、いかがですか?って言っても、酔っ払いしか居ないだろうけど(笑)




でもねぇ、これが終わるとEasterね。。。アメリカはいつもイベントで忙しいっ!



僭越ながら♪ココをクリックしてねん→人気blogランキング♪



いいね!した人  |  リブログ(0)
2005-01-19 20:31:15

伝えたい気持ち

テーマ:豆が英語と育った道
英語においては、対極的な習得方法を経てきた蝶々と豆。 

蝶々は幼少の頃から耳にしてきた父の英語をきっかけに完全に自力で英語を習得してきたので紆余曲折があり、その時々に考えてきたことが蓄積されてあります。豆とは対極的に、完全に能動的に自分から英語に向かって行って習得したタイプです。それに反して豆は生まれたときから英語がそこに在ったという受動的に身に着けてきたタイプです。環境が変わったこれから少しの間は、彼女も多少能動的にならないと維持していけないという時期になると思いますが。

こうして、色々な方と英語の事でお話をする機会を持てるようになったことはとても幸せです。自分が通ってきた道の事は自分が良く解っていますし、豆が通ってきた道は私が与えたものなので、そちらも解ります。もちろん、他にいろいろな環境が考えられ、いろいろな人がさまざまな方法で第二言語の習得に取り組んでおられると思います。

私が出来る事は、蝶々が通った道「自分の中に先に日本語が育ち始めてから、英語が入ってきた例」と、豆が通った道「生まれたときから英語と日本語の両方の間に居た例」の2局面から、母国語ではない言語を取得する可能性についてお話しする事です。

さまざまな英語習得の道がある中に、常に頭に置いておくと一番理解しやすいのは、母国語である日本語をどう習得したのか?と言うことです。英語を習得する方法を考える上で、壁にぶつかる事があったら、お子さんが、もしくは一般的に赤ちゃんが言葉を発するようになるのに、どういう経過を辿ったかを考えるのが一番わかりやすいと思います。

日常多くの時間をその言語を聞く時間に費やされている。

そうして頭の中に、聞こえた言葉の蓄積ができる。

その蓄積が十分になったときに、ポロポロと口からその言葉がこぼれてくるようになる。

では、言葉の蓄積が一杯になってあふれ出るとき、どうして口から出てくるのか?

それは、自分が好きな人に、自分の思いを伝えたいと思う強い気持ちから来るものです。お母さんの問いかけに、答えて「それ、解っているんだよ」と伝えたい、「それが欲しいんだよ」と伝えたい、「おいしいね」と伝えたい。。。赤ちゃんはその一心で、言葉の蓄積の中から何かを発しようとして発語し始めるのだと思います。

私も、自分で英語に身を浸し高校生になったときにはある程度の自信がありましたが、実際にどのくらい通用するのかをとても知りたかったんです。それを超えないと自信をもって話せないような気がしたので。それまでにも、実際に力試しをする機会をなるべく得るようにしていましたが、19の時に私はツアーなどを一切通さずに一人でアメリカ人のインストラクターの下、ダイビングのライセンスを取りに行くことを計画しました。3人の友人がそれに賛同しましたが、彼女達は誰一人英語を話せなかったので、私が率いることになりました。
飛行機の予約、ホテルの予約、ダイビングセンターの予約全て個人的にして、彼女達を率い一泊二日かけて現地に入り、ダイビングのレクチャーと実地の準備などにまつわる事の通訳、日常のダイビング以外での生活の通訳、全てをこなし10日ほどの旅行を終えました。そしてその事が私にとって大きな転機になりました。

私は、もう大丈夫だ。

彼女達のトレーニングを支えるためにインストラクターに『伝え』なければならない、彼女達が理解できるようにレクチャーの内容を『伝え』なければならない。。。その一心で私の中に蓄積されていたものが、一気に噴出した時でした。そしてこの事で自信をつけた私は、躊躇せずに英語の道に入っていくことになりました。

豆の場合にもアメリカ人の蝶々のお友達と話すこと、アメリカ人の子供と遊ぶこと、アメリカンスクールでやっていくということ、など中で「伝えたい」気持ちが膨らんだから「話したい」という気持ちが、彼女の口から蓄積された言葉をあふれさせたのだと思います。


先日ご紹介したシャロン伴野さんの本の中に

「自分の東北訛りを気にしていたお母さんが、赤ちゃんを育てる事になりお子さんに標準語を学ばせたいと思いました。そして赤ちゃんを一日のうち長い時間をテレビの前で過ごさせることにしました。アナウンサーの話す標準語を覚えて欲しいと思ったからです。お母さんは自分のアクセントを移さないように、極力自分では話しかけないようにして。ところが2歳になっても3歳になってもこの子が初語せず赤ちゃんを専門家に見せた所、知能の発達が遅れてしまっているといわれた」

という例が載っています。シャロンさんは、「人間が最初に言葉を覚えるためには、人間と人間の生のふれあいが必要である」と書いていらっしゃいます。そして私は、そこに「なぜなら、『相手に伝えたい』という気持ちが湧かないと、『話したい』と努める気も起きないからだ。」と注釈を入れます。大人の間でも、その言葉を覚えたければ、その国の恋人を作るのが一番といわれます。それは、好きな人に気持ちを伝えたいからです。

英語の環境に身を浸すことで言葉の蓄積を作ることを①だとすれば

その次に、必要なのは本人が「伝えたい」と思う環境つくりだと思います。

英語で話したい相手が居る事だと思います。


それは、お母さんの場合、うちではそうでしたが、お母さんが日本語も理解できることを知るや否や、楽な方に逃げて日本語で話し始めてしまうということが起きます。

ですから、できるだけ英語で無いと受け付けてもらえない存在が必要になります。

英会話教室の先生でも、アメリカンスクールのサマースクールのような企画に参加するのでも、米軍基地内の家族のボランティアが行っている交流企画に参加するなど、色々方法はあると思いますが、その時だけだとちょっと影響が弱いので、そこで友達ができたら、その機会を維持していく、お友達を見つけて家族ぐるみのお付き合いをするなどしてはいかがでしょうか?

もしそれがどうしても無理だという場合は、どうでしょう。。。?
一日に一時間でも、ゲームのように英語しか受け付けない時間をご家族で持ってみるなど、できることを発見してみてください。


宜しかったらクリックしてね♪ブログサーチ
いいね!した人  |  リブログ(0)
2005-01-16 22:53:37

出来ることをしようと思う。。。

テーマ:豆が英語と育った道

 
私のテーマの一覧を見ていただいたら分ると思うんですけど、このBlogを始めたとき、余り英語について書くことを考えていませんでした。興味がある人は皆さんそれぞれ方法を選び取ってやっているだろうし、方法は一つじゃないですから私がやってきたことが何っていうことはないですからねぇ。。。

ただ、言語を身につけるというのは、学習ではなく習慣だということだけはお伝えしたかったです。アメリカンスクールに努めているときに、語学の習得がどうしても学習だと捉えてしまうと、算数や国語のように、机に向かって勉強したら理解できて、使いこなせるモノだと捉えられることが多く、日本の英語教育は長いことその誤解の上にあったために、日本人はある意味もっとも英語の習得の苦手な民族になってしまいました。 

日本語があふれる中での第二外国語の習得は難しいです。だからと言って親が子を思う気持ちとしては、手も足も出さないわけにはいかないわけです。多くのお母さんが、一生懸命お子さんにチャンスを与えていらっしゃるその姿勢は私が豆に唯一施した英語のためのそれと同じです。だからこそ、その努力を無駄にしないように、いつか実を結んで欲しいと願います。

現実を知っていただくことが、実現へのみちですので、辛口なことも言う事もあると思います。(あぁ、でも今までもそうですが、特定の誰かに向かっての発信ではありませんよ。あの本に書いてあった通り、すべての想念は自分に返るし、明るい考えが明るい人生を導くので、そう言う事はしないことにしています。博愛シュギです、はい。)誇大や婉曲なしに書く分、厳しい現実がそこに在るかも知れない。でも、そこに向き合わないで目をそらし、この環境の中で第二言語を習得するのは、それ以上に大変なことだと思います。

でも、「きっついですよー、やめといたほうがいいですよー」なんてだけ、言い逃げする位なら初めからそのことに触れません(笑)。

こうしてBlogを通して出会う多くのバイリンガル教育に取り組んでいらっしゃるお母さん方の記事を読み進めていくうちに、同じ志をもつお母さん方が、もしも何かヒントを探しているのなら、非力ながら私が出来ることをして、少しでもココがそのヒントを見つけられる場所になれればいいなという思いが募ってきました。

それぞれのお母さんに、それぞれの得意があります。私にとってのそれが偶々私の育った環境により英語だったように、お料理が得意な人、計算が得意な人、スペイン語が話せる人、フラダンスが上手な人、水泳が上手な人。。。私にとっては、その中で英語を抜かしてしまえば、どれをとっても尊敬に値するもので、頭が上がりません。いい母親で居る事でさえも、かも知れない(とほほ)。

そんな中で、私が持てるもので何かできること。。。

と、そんな気持ちで今回初めてテーマの中に「豆が英語と育った道」と言うのを作りましたが本の題名みたいに「これで大丈夫、英会話」なんていう大それたインチキは言いたくないので(笑)、豆が育つ過程でしてきたことをツラツラと書いていくつもりです。9年ほど昔なので、思い出しながら、少しずつ、ボチボチやっていきます。

他にも書きたいことがあって、話は飛びまくると思いますが(笑)「ぐんそく」とか。。。ははは

バイリンガルにはこんな側面も在ります。センテンスで話していたうちの豆でさえ、今、又英語の危機を迎えていて私本人でさえ、気を抜けない状態です。英語に囲まれた環境に居た豆が東京で暮らし始めて、どうやら私が感じているようにアメリカの文化やアメリカ人と触れ合うことが恋しいみたいで、時々街で外国人の人を見ると、「蝶々、アメリカ人だよ、行ってみよう」と言います(笑)。でも、それは母国語以外の言葉を持つものにとって、ほとんど致命的な環境です。ですから、今、豆の英語がUP DATEされないこの環境に危機を感じて、私も一時期気を抜いていたのですが、ココへ来て彼女に英語で話す頻度を増やすようにしていますし、彼女自身もやっと、そこに危機感を感じられる年頃になったようで、自分で努めて話すようにしているようですし、お互いの会話以外にもどんな形であれ、英語がほとんど途絶える事なく聞こえるようにしています。これは、子供だけでなく大人にも起こることです。私がインドネシアに住んでいて、インドネシア語を話していたら、帰国した時、英語がおかしくなってしまって、戻すのに苦労しました。

習得、維持、そして成長させ続けること。。。

言葉は一生付きまとう事なんですねぇ。

だからこそ言葉は財産だと私は思います。

豆にいつも言うんです「言葉の羽をつけて世界へ飛んでいくんだよ」って。

私自身も頑張っていこうと思います。

これからも宜しくお願い致します♪


僭越ながら♪クリックしてね→人気blogランキング♪

いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。