<< 前ページ 最新| 5 | 6 | 7 | 8 | 9
2005-01-05 00:52:35

豆蝶会2005-01-04

テーマ:母子の試み
今日は、なんか調子悪い。。。何回も自分の編集ページから追い出されてしまう。何でかな?せっかく書いた文章をアップしようとして決定をおすと、キックアウトされる。「!」

今度こそ、うまく行きますように。。。一体そのせいで何時間私はPCに喰らい付いているのだろう?眠たいぞ。。。


ところで今日早速読者になりたいと言ってくれた人が居た♪なんて素敵!なんて嬉しいんでしょう!そういう人が居てくれると、頑張ってどんどん書きたくなるからいいですね☆ 蝶々は、そういう人の為に豆と頑張ってこのブログを続けていきますよ。宜しくお願いいたします。

さて、今日の豆蝶会です。今日は蝶々と豆はおばあちゃまとお出かけしていました。実は蝶々が久しぶりに母とゆっくり話がしたくて「デパートに行こうよ」と母を連れ出したのでした♪しかし大人のものばかり見ていると、当然豆が退屈してしまう。最近めっきり物分りがよくなった豆。けなげに我慢して待っている豆をみると、こちらもゴメンごめんと素直に思える(笑)。しかも蝶々もニコチン禁断症状に襲われる(笑)ので、途中でレストランに行こうという事になった。

そのレストランの前には豆の大好きな「本屋さん」と蝶々が高校生のときに通いつめたITOYAさんという文具店♪ 当然豆は食事なんかそっちのけで、本屋さんに行ってしまった。ふふふ、蝶々はひるまないぞ。ここぞとばかりに母と久しぶりにお話に花を咲かせたよ♪ しかし豆もひるんでは居なかった。昨日私に「けっこん」というメールを送ってきた彼女。今日も何かを企んでいるらしい。自分の欲しかった本を買って、その後ITOYAさんに駆け込み何やらゴソゴソ探して買っている。「見ないで~」を連発。

今日はその時のお話が多いです。では、はじめます。


じゃんけんぽんっ!。。。


蝶々、何も考えていないので又してもグーで負ける。昨日もグーで負けたんだった。
駄目だ、全然脳を使っていない。。。(爆笑)

ということで、豆が先行を選んで、今日も豆から行きます!



豆:「今日感謝すること」
①「豆が秘密のものを買ってきたとき、おばあちゃまに見せてといわれてパニックになっていたとき、助けてくれたことに感謝。(豆がこそこそ買い物をしていて、おばあちゃまに『買ってきたものを見せて』と言われたときの事。私の為に嬉しい企てをしているのに見せられない。でも、子供が買ったものを報告しないのは良くないとおばあちゃまに詰め寄られて、豆が困って居た時、蝶々が豆が私をまた喜ばせようと何かを企てて居る事に気付き『あぁ、なんか秘密のプランがあるのね。』と助け舟を出した。)」
②「蝶々と豆の好きなてんとう虫(うちではLadybugと呼ぶのだが)のシールを買ってきたら喜んでくれた事に感謝」
③「秘密のプランの為の可愛い袋をITOYAで探していたら、蝶々がすぐに見つけてくれたことに感謝」
④「蝶々がB型じゃなくて良かった。感謝。」
⑤「蝶々が天才でよかった。感謝。だって豆がいつもぼーーっとしてるから(笑)」
「蝶々への褒め言葉」
①「いっぱいおばあちゃまとお話ができたね。」
②「いっぱい歩けたね。」
③「手袋を買ったね。」
④「ちゃんと寝る前のミルクティーを作ったね。(これは日課。朝目覚めの一服するときに、ミルクティーを入れるのが待てないので(笑)。でも、とっても疲れているときは、作らずに寝てしまうときがある。朝になって後悔するのだが。。。)」
⑤「デパートから帰って来ておばあちゃまのうちのカウチでうっかり寝てしまうほど、昨日はブログ頑張ったんだね。いい子。」



ははは、何でB型じゃなくて良かったんだろう?(爆笑)。豆の大好きなおばあちゃまも大好きなおじさんもB型なのにね(笑)。「もっと、なんか蝶々の事を褒めるところないの?」とか、すぐに言っちゃう私だけど(笑) まぁ、いかんせん8歳だものね。少しずつ、豆蝶会の意図を理解して上手になっていってくれるよね。。。?



蝶々:「今日感謝すること」
①「母が私が子供のときもそうだったように、丸ごと私の話を聞いてくれたことに感謝」
②「豆に惜しみない愛情を与えてくれる母に感謝。そんな祖母を豆に与えてくれて神様有難う。(実は豆と蝶々は豆が生まれてからついこの間まで祖父母に簡単には会えない遠くに住んで居たので殊更に思った。)」
③「今日『鼻の無い小象』を見て泣きそうになった。豆がもし体が不自由な子だったら蝶々は耐えられただろうか?蝶々は自信が無い。『人はその人が越えられる分だけの高さの壁にしかぶつからない。つまり、越えられない壁などないのだ』とかいう話を聞いたことがある。蝶々が五体満足に生まれてくれたのは、私が未熟だからかもしれないね。神様は私の事を見ていてくれて、私の事を理解して、未熟さを受け入れてくれているのだと信じて、明日も頑張ろう!同時に、障害や病気を抱えた子供のご両親はきっと神様に選ばれた人なんだなと思います。きっと魂の位が高い人なんだね。頑張ってください。出来る形で蝶々はそういう人たちを応援したいです。」
④「豆と蝶々の関係が明らかに改善されて、豆も頑張っているのが分かるし、自分も変わっていっているのが分かる。今まで色々な本を手にしたしどれも共感したのだけれど、実際には道を見つけられずに居たけど、この年末から出会い読み漁った本の中に答えがあったんだと思う。特に昨日お話したシャロン伴野さんの本には心から感謝したい。」
⑤「トラックバックをつけてくれた人が居る事、コメントを入れてくれた人が居る事、そうやってこのある母子の日々に目を留めてくれる人が居る事すら有り難い事なのに、早速読者として登録してくれた人が居る事に感謝。ご期待に沿えるように、丁寧に書き足していきます。有難う。」
「豆への褒め言葉」
①「今日の朝、もう何年も時間の観念がまるで無く毎朝『早く早く』VS『。。。(それでもボーーーー。。。)』の大戦争だったのに、初めて豆が”急いで支度する”のを見た!凄い進歩だぞ。やっと伝わったのかな?蝶々は嬉しいです。これからも頑張ってね♪」
②「最近の豆は蝶々を喜ばせようと色々考えてくれるね♪蝶々は、そういう豆を誇りに思います!」
③「豆は色の組み合わせを作るのが、とっても上手だね。蝶々は豆が作る色のコンビネーションは日本人離れしていて素晴らしいと思うよ。豆が何年も前に作ってくれて蝶々にくれたカラフルな『蝶々』。今もカレンダーに付いているけど、これからも大事にするよ。」
④「豆が本を読むのが大好きなのは、とっても良い事だよ。これからも、もっともっと本を読んで夢を膨らませてね」
⑤「豆は、蝶々に頼まれたことに『え~』とか『やだ』とか言わないでやってくれるのは、本当は当たり前の事なんだけど、今時の子にしては偉いと思うんだ。親へのRespectはアメリカンスクールで叩き込まれた大事な事の一つ。是非失わないでそういう子で居てください。」


PCが調子悪いのか、Siteの不調か、今日は編集中に決定ボタンを押すたびに追い出される悲劇が頻発して、とっても苦労しました。PC買い換えたばかりなので、願わくばサイトの一時的不調だといいな(笑)。覗きに来てくれる人がいる、待っててくれる人が居ると思うからここまで頑張れました。
ただ今、5日の2時40分です。結局最後には自分の編集ページに入れなくなり(PCに記憶させてあるIDとPWで入ろうとしているにも関わらず)PCの中のテキストエディターで下書きしています。これをコピー&ペーストで今からアップしに行きますが、載せられるかどうか。。。もし、今出来なかったら朝起きたらまた試してみます。待っててくれている人には、『ごめんなさい』でも、頑張ります♪

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2005-01-04 22:21:45

豆蝶会に辿りついた道とは

テーマ:ブログ
年末あるある大辞典で「脳」についてやっていて、豆と食いついてみていたのですが、結構じぶんでは「頭脳派」だと思っていたのに、脳みそがカチコチであることに気付かされました(とほほ)。

実はその「あるある…」は、この豆蝶会を開くきっかけの一つでもあったのです。ある本で、脳の潜在意識を働かせて自分を超える力を発揮するというのがありました。数年前に爆発的人気を博した、あれです。実は私たち親子は、とあることを機にこれを実験的に実践しようと話していました。まず、「思いを映像として脳に思い浮かべること」その事が物事を実現に導くと言うので、面白いじゃないですか!まず豆と蝶々は思いを逐一映像にして思い浮かべる作業をまめに行うというゲームを始めました。この実録も少しずつアップしていきますね♪で、話戻って、そこへその「あるある…」での惨憺たる結果に焦った蝶々は考えたのです。。。

「いろいろ思い出して考えたり、推測したりとかって大事なわけでしょ?しかも、今、蝶々と豆は脳のなかで映像を思い浮かべるゲームをしているのよね。。。そこへあの(昨日ご紹介した)本の内容も合わさって、本人に自力で必死に何かを考えさせて決めさせることは子供の自立に大事な事だし、脳の活性化にも繋がる。。。しかも、親子の話す時間を忙しさにかまけずに持つことになる。。。子供は、というか人は、褒められて脳を快の状態にしておくと潜在能力が発揮されやすくなるともいうし。。。」





という経緯で生まれたのがこの豆蝶会なのです。

人は忙しい日々の中で身近にある感謝すべきものを見失ってしまいます。私、蝶々も例外ではありません。ついつい愚痴や文句が多くなってしまうけど、豆にはこんな事聞かせて申し訳ない!と思いつつ、二人っきりだし、いつも一緒だしついつい豆の耳に入るのね。。。(笑)。

でも、いけないっ!

豆蝶会で「感謝すること」というカテゴリーを置いたのはそういう気持ちからでした。よーく考えると、見失った感謝すべき事が見えてくる。これになれていくと一日中、今日の豆蝶会で言う「感謝すること」を日中時々考えるようになる。そうしたらいつか、常に小さい事にでも感謝することを意識できる人になるのではないかな?という発想です。
「相手(豆は蝶を、蝶は豆を)褒めること」というカテゴリーは、豆が3歳から6歳まで』通っていたアメリカンスクールでの体験から来ています。アメリカ人は実に人をよく褒めます。難しく考えることはなくて、朝あったら口癖のように「今日も綺麗だね」とか「そのスカート素敵ね」と褒め言葉で相手をいい気持ちにさせます。潜在意識を働かせることについての本には、人は褒められて、気分が良い状態のときにこそ、実力以上の力を発揮していけるのだと書いてありました。しかも悪いことを口走る変わりに人を褒めて自分も幸せな気持ちになることは、結局自分の脳を快にして居る事にもなるそうで、一石二鳥。この事については後々詳しく触れていきますが、豆にも蝶々にとっても、お互いに褒め言葉を投げかけてお互いを気持ちよくしてあげる事はお互いの利に繋がるわけです。感謝すること同様、褒め言葉を頻繁に言えるようになるまでには、少しの慣れが必要です。ですから、自分の中の褒め言葉の引き出しをいっぱいに出来るように、常に相手を褒める訓練をしようと思ったのです。脳を働かせて考え、そして同時に脳を快にする。しかも社交性が身に付く。。。

名案だ(笑)。

蝶々、天才!(自分も褒めてあげる♪)


あぁ、でも蝶々は豆を天才に仕立てたいなんて全く思っていないんです(笑)。そう言うの好きじゃないんです。このことについては、またいつか。



まぁ、こうして生まれた豆蝶会は、続いていくのです。。。
   
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2005-01-04 18:07:34

TB有難うございます!

テーマ:ご挨拶
やったーっ!トラックバックだぁーっ!
昨日新しくブログを始めて数時間後に更新したときに、新着ブログのページから自分の物を見つけようとしたら、もの凄い数のブログが たった数時間の間にアップされていてとても大変でした。数時間で10数ページ目…。こうして「ブログ誕生」さんのようなブログで、改めて整理されて「新着」として取り上げていただいたら 少しは人の目に留まりやすくなると思うと、とても嬉しかったですっ!これからも宜しくお願い致します。皆さんも、ブログのためのブログ「ブログ誕生」に遊びに行ってみてはいかがでしょうか♪


「ブログ誕生」
http://abclog.ameblo.jp/entry-5db85391f8bae1af8ccae869c134ef01.html#tbox 
   
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2005-01-03 23:39:34

豆蝶会2005-01-03

テーマ:母子の試み
先月のある一件から始まったこの儀式。なかなか手間がかかるけど効果を期待して無理してでも時間を割いていこうと思います。ここまでの経緯とか効果とかの話より実際の豆蝶会が先に来てしまいましたが、追々と言う事で。。。


じゃんけん!。。。  


豆が勝ったので、豆が「先行で行く」との事。




今日の感謝の気持ち:
①「おばあちゃまが豆の為に一生懸命お肉を柔らかく煮てくれたことに感謝!」
②「蝶々が豆との楽園に辿り着くまでの記録用にBlogを作ってくれたことに感謝」
③「今日は蝶々が豆の遊び場に興味を示して見学に来てくれた事に感謝」
④「この豆蝶会を豆と蝶々の為に考え出してくれたことに感謝」
⑤「蝶々は豆と離れているときも豆の事を思い出してくれることに感謝」

蝶々へのほめ言葉:
①「今日の蝶々はPCにずっと向き合いつつも、掃除やご飯などおうちの事もきちんとやってたね♪」
②「最近始めた『脳内革命』をきちんとやめずに頑張って続けているね」
③「前は車にばっかり乗っていて余り歩かなかったけど最近の蝶々は頑張って歩いているね」
④「蝶々は基本的におしゃれするのが好きだけど、去年の秋頃は忙しくてちょっとお休みしてた。でも蝶々がまた最近おしゃれを始めたのはいいことだね」
⑤「蝶々はね、豆と喧嘩しても豆をガッツンと叱っても次の日の朝には笑っておこしてくれる所がすきだよ」



では、蝶々の番ね。


蝶々
今日の感謝すること:
①「四半世紀近くよき友達で居てくれる人が居る事に感謝!」
②「今日来た数年前に別れた元彼のメールにほめ言葉が書いてあったことに感謝」
③「親の支えを受けられることに感謝」
④「PCが在るから世界中に散っていった友達と気軽に今でも話が出来ることに感謝」
⑤「豆が今日蝶々の結婚について応援メールを自分のアカウントから送ってくれた。一時期は豆も傷ついて『もう蝶々と二人だけでいい』と言っていたが、彼女が素敵に成長してくれて居る事を実感して感謝」

豆へのほめ言葉:
①「『脳内革命』を蝶々が始める!と言い出してから、よく付き合って一緒になってやってくれて支えてくれてるね。蝶々がNG Wordを口走ると『NG Word!』と言ってくれるね。頼りにしてるよ。」
②「蝶々が本で読んだ『どっちがいいですか?』の話をしてから近頃急に豆が自分でしっかり色々やるように心がけてくれている事に蝶々は気が付いているよ。蝶々はこの本をきっかけにもっと豆とのいい関係を作っていきたいんだ。そういう蝶々の気持ちが分かるほど大きくなったんだね。」
③「蝶々は豆の書く絵が大好きだよ。アメリカンスクール仕込みのリアルな画風が大好きなんだ!これからもそれを大事にして、ドンドン書いてね。」
④「豆にだっていっぱい問題はあるけど(笑)、基本的には心のきれいな人だからそんな豆が大好きだよ。のびのび、きれいな心のまま育ってね」
⑤「蝶々は豆のお尻は最高に格好いいと思う!オムツの宣伝でみるどの子供のお尻より、豆のお尻は高さがあって格好いい!うらやましいぞ!(笑)」
 


って豆蝶会を記録している間に、当然うちの豆さんは「明日、出来上がったブログ見るからね」と言い残してスヤスヤ眠ってしまっているわけです。

今日実は上でも出てきたのですが彼女からメールをもらったんです。私はてっきり「明けましてオメデトウ」的なものだと思っていたのですが、明けてびっくり!題名は「けっこん」でした。内容はHotbarのEmoticonから彼女が選んだアイコンがずらり。そのアイコンの全部がKissをしていたり結婚式の二人だったり、Partyだったり。。。

豆と蝶々の間に今まで起こった出来事を知らない皆様には、ちょっと分かりにくいかもしれませんが、時間を経て少しづつ伝わっていくかもしれません。その時このページに戻ると私の驚きや喜びが伝わるかもしれませんね。。。

私が離婚したのは豆が4歳になったばかりの時でした。それから再婚話はいくつかありましたが、子供がいて子供と私の両方が幸せになれる道を探そうとすると、その道はとても険しかったです。あるときは、私とはいいけど、豆を受け入れてもらえず、またあるときは豆にとっては父親以上に父親らしいのに私とは喧嘩ばかり。。。両方手に入れたいというのは、所詮わがままなのかな?と悩んだ時もありました。だったらまず豆が幸せになる方法で。。。でも、「子供はお母さんが幸せでなかったら幸せにはなれないんだよ」と言われて考えてもみたけど、だからといって一緒に離婚~母子だけの生活という荒波をともに支えあって乗り越えてきた相棒を後回しにする気にもなれず。。。

「大丈夫あきらめちゃいけないよ。豆と蝶々の為に今を生きている人が必ずどこかに居るから、信じて待っているんだよ」と言ってくれた人も居ました。今はただ、数年前に言われたその言葉を暖めたいと思っています。 今日の豆からのメールで、一つ肩の荷は下りた気がします。結婚は蝶々が豆を幸せになるためにしてあげることではなく、これからは幸せを膨らませる為の豆との共同作業になったように感じたから。



今回の文中に出てくるいくつかの本の話題の中で今日は、先月私が出会って豆と「この方法で行こう!」と採用した親子間の新しい方法が載っている本を紹介します。豆蝶会の元になったとかではないですが、この方法が私たち親子の救世主になったことは間違いない!です。




著者: シャロン伴野
タイトル: 子育てがもっと楽しくなる魔法の言葉―訊いてみよう。「どっちがいいの?」


僭越ながら♪クリックしてね→人気blogランキング♪
いいね!した人  |  リブログ(0)
2005-01-03 16:39:44

うひゃっひゃーっ!始めるぞー!

テーマ:ブログ
さてさて、私蝶々と、娘 豆ちゃんでドタバタ奮闘記を綴っていく事になりました!彼女と一緒にやっていくことになってから早8~9年が経ちますが、色々な事が在りました。。。時を追って今までの事には触れていくつもりです。

が、私達母子はこの年の暮れから新しく始めたことがあります。

それは、「毎日夕食後、一人5つの今日感謝する事と、5つのほめ言葉を発表する」という儀式です(笑)。コレを始めた経緯や、コレによる作用?などは又追ってお話していきますが、
蝶々豆ちゃんがブログを始めることにしたのは、この儀式(実は色々な作用がある!)を毎日継続させていくためと、その成長や進化を克明に残して行こうではないか!という思いからです☆ 

早速今晩の儀式の様子から二人で書き込んでいきます。そして、ちょこちょこっと、ドタバタ振りやら、人それぞれある子育ての知恵のお役に立てそうな部分の話や、その時そのときに出会って刺激を受けた本などの紹介、時には愚痴や相談なども盛り込んでいくつもりです。

ってな感じですので宜しくお願いします♪

それでは、数時間後に又ねー。
いいね!した人  |  リブログ(0)
<< 前ページ 最新| 5 | 6 | 7 | 8 | 9

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。