2005-02-12 17:31:15

豆と蝶々が映画を見る時☆

テーマ:豆が英語と育った道
まずは。。。

期間限定企画ぅ~っ「2月が誕生日の人集まれ~♪」

今日2月12日は、蝶々の父の誕生日です★
このブログとここに遊びに来てくださる方々から、愛を込めて。。。
「パパへ、お誕生日おめでとうぅ!」

↑今日は、わたくし事になりました(笑)


さて。。。

先日、久しぶりに会ったアメリカ人のお友達からお土産を頂きました。
いろいろ在った中から、「Shark Tale」のDVDを豆が選んで昨晩寝る前に彼女が観ていました(うちアメリカのDVDプレーヤーしかないので、アメリカのDVDしか見れないんです(泣)。日本のディスクとアメリカのでは、互換性がないので。)。私は近くでPCに向かっていたのですが、観ていたというよりブログの記事を書いていたので、片耳で聞いていただけでした。ブログを書きながら、そこに出てくるホンソメワケベラみたいな魚の話かたが、チョコレート人(黒人)の独特なそれだな。。。と思っていたり、サメのボスみたいなのが出てきたとき、すぐに思ったのは、ロバートデニーロみたいな話し方と雰囲気だなぁ。。。と思っていました。時間ができたら、ちゃんと観たいなぁ。。。だって、とても面白そうだったんですもの♪
 
そして、今日、ここで記事を書くために、そのDVDのケースの写真を撮った時に気がついたのですが、あのホンソメワケベラみたいなのの声は、Will Smithで、間違えなくチョコレートな役者さんで、しかもあのサメのボスは、本当にロバートデニーロでした(笑)。 

ここに引っ越して来て以来、豆の英語の衰えを心配していましたが、少なくとも聞き取りは大丈夫なようで、一人で途中で「これは、すっごいハマルかもぉっ!」と叫んで大喜びしていました(笑)。



そうなんです、うちで洋画を見るときは、オリジナル言語版か、もしくは字幕の映画しか見ません。私自身が、その英語を日本語吹き替え版にしてしまう事で、英語独特の言い回しが変わって雰囲気が正しく伝わらなくなるのが嫌いだからです。それと私自身が、父がアメリカ映画マニアだった為に、幼少からそうしてきたからと言うのもあります。映画を父と一緒に楽しむには、英語を注意深く聞くか、または字幕を必死で追うしかなかった訳です。しかし、それが与えるものは、とても大きいと思います。英語を注意深く聞くことが英語耳を育て、字幕を必死で追うことが、日本語を読むことの能力を高め、漢字などもどんどん吸収させますから。

 実は映画につく字幕(Sub Tittleと言います)には、制約がって、その制約内に収めるために意訳になることが多いと聞きました。実際に、私が耳で英語を聞いていても、その字幕とばっちり一致する事のほうが少ないです。英語字幕をつけるときの制約だけでなく、ここには、観客のその映画の中の世界に対する背景理解のあるなしを考慮するという事も関わると思います。例えば、アメリカでは、物を商品名で呼ぶことが多いのですが、

「Can you pass me that Cutips?」

と言うシーンが英語の中にあったとして、どの位の観客の方がその意味を、それが何を指すのか分るでしょうか?キューティップスとは、アメリカで有名な綿棒の事です。私の親の時代からあるものです。キューティップスという商品名でないものまで、キューティップスと読んだりすることも多いです。(綿棒→Cotton Bud とかCotton swab と言ってももちろん通じますが)。そういう背景が分らない場合、その訳を「ちょっとそこのキューティップス取ってくれる?」と字幕をつけても観客の人は、ピンと来ないわけです。だから、「ちょっとそこの綿棒とってくれる?」となるのでしょうが、←この位少しの変化ならまだ良いとして、本当はすこしニュアンスが違うんだとなァと言うものや、原語で聞いたらもっと面白いというものが沢山あるんです。

葺き替えている声優さんの声ですら、その雰囲気を伝え切れないときがあるわけです。これは全員ではないでしょうが、私に起こる現象で「英語を話すときの声は低くて、日本語の方が高め」と言うのがあります。まぁ、それと関係があるのかないのか分りませんが、基本的に人種によってからだの造りが違うので、その為声帯にも違いがあるためかもしれませんが、その役のその声のその表現が、そのキャラクターとして初めに作られたのに、それを損なってしまうのも実はもったいない話だからです。

って書くと、「って言うか、早すぎて字幕を子供は 追えないのに...」

と聞こえてきそうですが、良いんです(笑)。子供は動物的な勘が鋭いので、言葉も通じないのに、外国人と意思の疎通をして遊ぶ事ができますから(これは蝶々の7歳の頃のお話)、そこで初めから諦めずに、まず英語を聞かせることに集中するのです。子供は、話が面白そうなら、それでも吸い込まれていきます。そうして集中して英語を聞くことは、日本で生活している限り子供には中々ないことですから、これは貴重な英語を耳に注ぎ込むチャンスなのです。

それに、そこで表現される、独特な背景や表現までもがそれを続けていくことで子供の中に吸収されていきますから、その子が英語を十分に身につける頃には、必要な背景理解が同時に進んで居る事になります。うちは私も豆も、驚いたときに声にならない「はぁっ」と息を吸う音が反射的にでます。ここに来るまで気がつかなかったんですけど、これって、日本の人は余りしませんね。。。これも、アメリカ(英語圏)の人の持つ表現の一つで、私や豆にとっては長年のアメリカ人との付き合いでもう癖になっているのです。でも、そう言う事も映画の中から汲み取れるのに、吹き替えにしたら伝わりませんからね(笑)。お子さんと、原語で(または原語+字幕)で映画を楽しみませんか?



ブログサーチ←ここをクリックっ☆ブログサーチ♪


今から、ちょっと実家に走って、父と一緒に晩御飯でも食べながらお祝いして来ますねぇ♪ すぐに帰って来て念願のブログ散歩に出かけまぁす☆

たったかたったったぁぁーっ!(走る図)


お知恵、拝借「☆Wisdom☆」の記事は下に在ります↓。まだまだ、お知恵のある方、教えてくださいねぇー!

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2005-02-12 02:37:33

お気に入り

テーマ:SEO
Dr.デースケドガー

今年は厄年なんです。って、33歳で終わったと思ったら、又かよっ!

33歳の厄年のときにDr.デースケドガーに出会っていればヨカッタのに。。。33歳の時は凄かったんですよね。車の運転には自信があるのに、考えられない形で一年に2回も当てられましたし、一回は廃車ですよ。

その頃も、お友達がせっせとDr.デースケドガーの置物とか買っていましたが、余り。。。いかがなものか?と思っていましたの。

まぁ、そうして大厄が明けたんですけど、

どうやら又厄年らしいんですね。 

ずしーーん。

去年引越しをしましたが、鬼門にトイレがあるのがちょっと気になっていました。これはDr.デースケドガー以前の問題で、母でさえそんな事は知っています。で、様子を見ていましたが、娘が病気がちに成ったりするし、挙句の果てに骨折しましたので、33歳のときの悪夢が蘇らないように、ついに私もDr.デースケドガーに手を染めてしまいましたよ。。。

でもね、結構気分的にはいいですねぇ。

それが効き目なのかもしれません。

まぁ、私はDr.デースケドガーの置物も置いたし、言われたとおりやるし、なんて思ってったら、安心はできますしね。でも、娘もあの時よりも寒くなっているのに、最近は結構大丈夫かなぁ、と思います。

気のせいかもしれないけど、まぁ、それでいいですよね♪

Dr.デースケドガー 銀座にもビルをお持ちで、いつかそちらへ遊びに行きたいと思います☆

コパとも呼ばれていたっけ?(笑)


第 2 回 SEO コンテスト (新潟・スマトラ頑張れ!!) 


AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2005-02-11 21:15:37

Wisdom☆

テーマ:出来事。。。
まずは。。。

期間限定企画ぅ~っ「2月が誕生日の人集まれ~♪」

今日2月11日は、まめさんの旦那さまのお誕生日です★
このブログとここに遊びに来てくださる方々から、愛を込めて。。。
「まめさんの旦那さま、お誕生日おめでとうございますぅ!」


さぁて、ここで皆様にお伺いしますっ!

みなさまの、取って置きの「知恵」を教えてくださ~いっ♪

今日ね、豆さんのお誕生日も近いので、 * *お花* * を買いに二人で行こう!ということになって行って来ましたぁ。そこで、豆は自分で気に入った * *お花* * を選び、それを花束にしてもらって帰って来ました。豆が選んだ * *お花* * は、きんぎょ草と言うものと、ストックでした♪

しかし、それを生けている時に アメリカ人がよく言う「ある事」を思い出しました。それは。。。

生け花を生けるときにアスピリンを水に入れると長持ちするよ。。。

と言うものです。そこから始まって、頭の中でアメリカ人が教えてくれた、彼らの知恵(Wisdom)の幾つかが思い出されました。

例えば、「お腹の調子の悪いときはSodaを飲むと治るよ」とか、「膀胱炎にはクランベリージュースを飲むと良いよ」など。。。このSodaは、初めは、まさかぁ、と思いましたが、不思議なことに本当に効きます。

そこで、今日は「みなさま取って置きの知恵」について、みなさまに伺ってみよ~うぅっ!と思いました♪


みなさんの取って置きの知恵を教えてくださぁ~いっ! 

 人気Blogランキング←ここをクリックっ☆人気blogランキング♪





さて、コメレス&ブログ散歩に走るぞ~っ☆
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2005-02-10 21:15:37

崩れまくる、今時のアメリカ英語(笑)

テーマ:蝶々と英語
まずは。。。

期間限定企画ぅ~っ「2月が誕生日の人集まれ~♪」

今日2月10日は、まめさんの姪っ子さんのお誕生日です★
このブログとここに遊びに来てくださる方々から、愛を込めて。。。
「まめさんの姪っ子さん、お誕生日おめでとうございますぅ!」


さて。。。

eiさんの小人閑居で、昨日面白いものをみつけてしまい、それに答えている間に、私がちょうど2002年頃に聞いた話を思い出したので、記事にする事にしました。 

私の周りのアメリカ人の言葉が年々崩れているのに気がつきます。
会話の中では、She don't(正しくはShe doesn't)You was like(正しくはYou were like)と三人称が飛ぶ事は日常茶飯事です。良く聞いていると若い人たちの間では時制にも崩れがあり、もう一つ気になるのは、Like(~のように)の乱用で、kind of like...(挙句の果てにメールなどでは”kinda like”と新語を作って書き)とか、I was like...などを連発する、または、Likeを他の言葉の代わりに使う、例えば、I'll show up around nine o'clock(大体九時頃に顔を出します) の代わりにI'll show up like at nineと言う感じにするなど。  

この手の流行言葉は、原文を知っている限りは、そういう表現を使ったほうが、相手には聞きやすい場合がありますし、英語にもなれているように聞こえます。言葉は生きているので、時代と共に変化しますので、その流れを知る事はその時代の英語の聞き取りにも役に立ちます。しかし、あくまでも、正しくしく話したり、表記しなくてはならない時に、できることが前提です。

日本語でも、まるっきり同じ事が起こっていますよねぇ?

そして、AFNのコマーシャルの中にも、
いかにも若そうな女の人が車を運転しながら携帯で話していて、最近出逢った男の子の話を女友達に夢中になって話している様子。。。「この間逢ったぁー、あの子~、He was like such a hotty~(すごく可愛くてぇー)」みたいな(笑)。そこにパトカーのサイレンの音がして、何も知らない彼女は、「Ah...Like Stepheny, can you talk louder? (ちょっと大きい声で話してくれるぅ?)なんかさぁ、おまわりが近くにいるんだけど、すっごくサイレンで失礼なんだけどぉ。。。」。そこで、彼女はパトカーに止められて、「日本では運転しながら携帯電話で話すのは日本では法律違反です。」と言われて彼女が罰せられるという設定なのだけれども、私が聞いていても「この人、なに?移民かなんか?本当にアメリカ人?」というほど、Likeの過剰な乱用でメチャクチャな文章なんです(笑)。特におかしいのは↑の太字の部分。訳は付けられません、”合いの手”「はぁーっ よい、よいっ」状態なので(爆)。聞いていると、もの凄い頭の悪い女(Air Head と呼ぶ)みたいです。←マジで、変っ!

このコマーシャルは最近のものですが、2002年頃、こういった文章の乱れについて、友人と話していたところ、彼女が教えてくれたのは、「アメリカでもこの文法の乱れが深刻化していて、やはり一番耳につくのは、 She don'tという三単元の無視でした。この起源と言うのは黒人(チョコレート人ね♪)のHIP HOPシンガー達の人気が上昇した事から来ており、そういうHIP HOPシンガー達は、Ghettoという貧民街の辺りの出身者が多く、生活困難などからgettoには教育を受けられない人も多い為、正しい文法が身につかないというエリアでもあり、そこで育った彼らが歌う歌が世界的に人気が出て、その言い回しが急速に広まったのでした。今では、昔の人種差別の影もなんのその、多くの白人がそういう彼らの真似をして、似たような歩き方、似たような服装、似たような話し方をするのを良く見かけます。あまりのその独特な話し方の蔓延によって、アメリカでは「ココまで来たら、これを辞書に載せて正規と認めるか?」という話し合いまでがされました。が、そこで異論を唱えたのは、他でもない黒人の学校の先生でした。」という話でした。


そして昨日eiさんの記事に在ったのは。。。

★".゜:*・。"★*:・。*゜ ★・゜:*:*・。"★*:・。* ★".゜:*・。"★*:

あるとき、レストランにパンダが入ってきた。それで、あれこれ注文して、あれこれ食べた。そうして、食べ終わったら、パンダは清算もせずに店を出て行くではあ~りませんか。

「パ、パンダさん、あの、お勘定を・・・」

と、ウェーターが呼びかけた。そのとき。パンダは振り向くと、いきなり







バンバンバーン




拳銃でウェーターを撃ち殺してしまったのです。

「なぜ、こんなことを・・・」

茫然自失の店長に、パンダは無言で、「野生動物図鑑」を投げてよこしたのでした。そして黙って去っていったのです。そこには次のように書いてありました。



A panda eats, shoots and leaves.

なるほどね・・・。だから、無実のパンダに殺人を犯させないためにも、句読点には注意せねば。



後悔するパンダの図(←この写真がたまらなく可愛かった!絶対に見に行ってみてっ!背中がぁっ。。。うふふ。ここから開らけるようにしたよ♪)



*************
さて、では、正しくはどう書けばいいのでしょう? 単語のスペルそのほかはすべてあっています。問題は、コンマの位置。正解は、明日。



著者: Lynne Truss
タイトル: Eats, Shoots and Leaves: The Zero Tolerance Approach to Punctuation
こんな本が2003年に出版されました。英語の文法の乱れを嘆き、それに対して戦うことを宣言した、抱腹絶倒の本。めちゃくちゃな英文の例が笑える。


★".゜:*・。"★*:・。*゜ ★・゜:*:*・。"★*:・。* ★".゜:*・。"★*:・。

そして、私がコメントを残しました。。。 

コメント
■ 答えは。。。
カンマが要らない、でどうでしょうか?

苗と葉っぱは切れないし、eatsの後ろで切るから
andが隠されているみたいになって、shootsもleavesも動詞になり、
撃って、去ったとなる、てな所でしょうか。

英語圏の人の英語の文法の乱れは(特にアメリカ人!)止まりません!
もうここ数年、耳を疑うような事の連続ですよぉ。彼らのほうが
「蝶々は自分よりましな英語を話すねぇ」って、
あなた達っ!って感じですぅ。。。とほほ

まぁ、でも、日本語も同じですねぇ(笑)

つか、上のパンだの後姿とか、嵌りすぎです!
えいさん、後姿好きだし♪ちなみに私も後姿です(笑)。

おやすみなさい♪

蝶々です、こんばんわ♪ (2005-02-10 00:53:54)



↑この話には、面白い前フリ「チチゲ事件」などもあるので、遊びに行って読んでね♪
★".゜:*・。"★*:・。*゜ ★・゜:*:*・。"★*:・。* ★".゜:*・。"★*:

もちろん英語圏の人の言葉の乱れは深刻ですけど(笑)、私が言いたかったのは、だから、アメリカ人を再教育とか、そう言うんじゃなくて(笑)、「だから英語を話そうと思うときに、緊張しなくて良いんじゃない?」っていう事です♪ いつも言うけど、アメリカ人の場合、国が広すぎて統一されていない事も多いし、学力レベルなども日本ほど均一にそこそこ高学歴とかでは全然無いので、彼ら自身も「あの人はこう言う」けど「この人はこう言う」という矛盾に日常的にぶつかります。だから、「彼らの英語は彼らの母国語だから完璧なはずだ!だから間違えたらどうしよう???」と、肩に力を入れずに、「なんとか伝わるさぁー」、と思うくらいで、話したら、案外日本人の方が正しい英語を話せるんじゃないかな?と思う(笑)。アメリカ人は結構親切ですよぉー。相手が英語が得意じゃないと察すると、簡単目な単語に置き換えて話したり、聞き取ろうと努力をします。その両方の要素を考えると、「なんか怖い。。。」と緊張している方が損をしてしまうかも知れない。もしも、正しい文章の構成を考えると、口から英語が出てこなくなる人は、肩の力を抜いて一歩踏み出したら、ぱぁーーーっ!と道が開けて、目からウロコかも☆

明日から、町で困っている外国人見かけたら、話しかけてみる?




さぁ、英語もやっぱり。。。

子育てと同じで。。。




肩の力を抜いていきましょう!



おぉ、そうだっ!eiさんの所に、正解、見に行かないとぉっ♪
って、間違ってたらどうしよう(笑)。でも、今、アメリカ人の友達と電話で話してて、この話が面白かったのでeiさんの記事を訳して話して聞かせてから、彼も笑ってて、私の答えを言って訳も説明したら納得してたから、大丈夫だよねぇ??



■ 正解!
蝶々さんの答えで、正解でーす。コンマがいらないの。あれ、複数形と、三単現のびみょーな混乱で、けっこう、賢いジョークだよね。
ei (2005-02-10 20:57:30)

。。。って、良かった♪




まだ、読んでいないけどeiさんの紹介した本の日本版みたいなのを電車の中刷りで見つけたので、ここに紹介しておきますよー。


著者: 北原 保雄
タイトル: 問題な日本語―どこがおかしい?何がおかしい?
いいね!した人  |  リブログ(0)
2005-02-09 21:31:15

豆の声

テーマ:蝶々の心
みなさまぁ。。。

温かいお言葉を残して頂いて、有難うござます。熱は、37度後半位で止まってますので、インフルエンザではなさそうかなぁ、と早くも勝手に安心しています☆←なるべく気楽に、ね♪

インフルエンザは、予防接種しようか今すごく悩んでいます。今年は混合型とか言われて、じゃぁ、効くの?効かないの?みたいな。。。実は去年初めてインフルエンザの予防接種を豆にしたら、いきなり発病して、しかも私にも移って(爆)、親も近くに居なかったので、ひぃ~~~っ!という感じでしたので、今年が去年と違う種類なら、発病しちゃうかなぁ?と思うと、怖くてぇ。。。

今年は、豆の東京デビューの年で、私も13年振りですので、花粉症にも恐怖のどん底に突き落とされていますぅ。。。二人ともアレルギー性鼻炎ですが、アレルギー性鼻炎の人はかからないと聞いたけど、どうなんでしょうねぇ?

さて、今日もいきますよぉ~っ!



★".゜:*・。"★*:・。*゜ ★・゜:*:*・。"★*:・。* ★".゜:*・。"★*:・。*☆


携帯に残る豆の声、心細いからか甘えた声。。。


「蝶々、あのね、きょうね、おばあちゃまに、おようふく、かってもらったの、じゃぁね、ばいばい。」


豆が2年前に、一人で飛行機に乗っておばあちゃまと、おじいちゃまに遠くから会いに行った時、毎晩私に電話をかけてきていたのだが、ある晩携帯がマナーになっていて出れなかったとき、彼女が残したメッセージ。

その声が可愛くて未だに消せない。。。

その声を残しておきたくて、携帯が買い換えられない。
 

離婚のゴタゴタや、引越しでコンピュータに残しておいた1歳くらいのときの彼女の声や大切なカワイイ思い出のいくつかは、どこかへ紛れてしまったが、私のどこかに残っていて、今でもぼんやり聞こえるようだ。あんな事がなくて、きちんと取ってあったあのままだったら、今でもはっきり聞けていたのに、残念だなぁと今でも思う。


豆は生まれて一ヶ月で幽門狭窄症になり、急遽当時少なかった腹腔鏡での手術を受けるために、私と元旦那は豆を抱えて飛行機で飛んだ。病院は、満室だったのにもかかわらず、紹介状と遠くからワザワザそこへ来たということを理由に、無理をおして優先して手術を受けさせてくれた。手術までは、病院側の配慮で集中治療室のようなところに、大人のエクストラベッドを2つ入れてもらって、家族3人でそこに泊まりこんだ。母乳で育ててた私は、鼻や口にチューブを入れられた豆におっぱいを上げる事が出来ず搾乳をしていたが、痛々しい豆を見て、かわいそうに思うたびに、ジンワリとおっぱいが出てきた。苦しくて、「うっく、うっく」とぐずる豆の声を聞くたびにおっぱいが滲んだ。
手術後、豆は小児病棟に移ったので、親は同伴できず病院に毎日通う事になった。朝一番で、豆の所へ駆けつける時、偶に豆が泣いているとその声は、エレベーターの所から、それは豆だと私には判った。私達が病院へ着くとき、ほとんど毎朝、豆は何も無い無機質な壁の方を向いていて、とても無力に見えた。それは、豆が生まれたときから、Crib(ベビーベッド)から窓のある明るい方を向く向き癖がついていたせいで、いつものように明るい方を向きたかったのに、そこは薄暗い壁だったのだ。その健気な姿が、涙を誘い、たまらない気持ちにさせたものだ。


そう言えば、豆は2歳くらいのとき「かきくけこ」「がぎぐげご」が言えなかった。
それまで、そういう音が発音しにくいなどと思った事も無かったので、それは豆が教えてくれた、赤ちゃんの「へぇ」だった。「かきくけこ」と「がぎぐげご」が言えないので、彼女は彼女の父親の仕事の事を説明したいとき、いつも


「ダダね、もじゅるの(ダダね、潜るの)」


と言った。彼女は父親をダダと呼んでいた。そして彼女の父親の仕事は工事潜水士という特殊なカテゴリーのプロダイバーだった。

そんな豆を見て、姉さんの一人が、「まめぇ、いいぃ?『かっ』だよ『かっ!』って言って、舌の奥がのどにかかる感じを豆に教えてくれて、それからまもなく豆は「かきくけこ」が言えるようになった。♪かーらーすぅ、なぜなくのぉーと歌えるようになって姉さんの娘達と豆が歌う声と彼女の笑顔も、ぼんやりだが私の宝物だ。


初めてアメリカンスクールの卒業生を送る会で歌う歌を、彼女が家で練習して歌う声。その彼女の一生懸命だけど、不安定で手を差し出したくなるような踊りと、あの年独特のたどたどしさ、そして私とは逆で英語を話すときだけ少し高い声になる「あの声」も、ぼんやりと頭に浮かぶ。。。

先日、豆が授業中に私の携帯にかけて残したメッセージの声。あの声も、心細さで、心なしか甘えた声なのに、やはり2年前のそれとは違う。それを思うとき、時間とは取り返しのつかない一瞬の繋がりなのだと思うと、豆と過ごす今日を大切にしないといけないなぁ、




と思う。






本当は、過充電でバッテリーが死にそうになっているから、携帯を買い換えたいんですよ(笑)。で、今日も電車の中で某携帯の会社の中刷り見て、蝶々が書いてある携帯を見つけたので、堪らなくなって、超ぉ~っ凝視してたんですけど、今の携帯に、豆の声が入ってて写真はメモリースティックで移せるけど、声は移せなくて、やっぱり決心がつかなくてねぇ(笑)。
 



人気Blogランキング←ここをクリックっ☆人気blogランキング♪



いいね!した人  |  リブログ(0)
2005-02-09 18:34:11

豆さん?

テーマ:出来事。。。
うちの豆が、学校から戻って来て、遊びにも行かずにおうちにいるので、おかしいなぁと思ったら、熱があるみたいなので、ちょっとお世話に集中して、そばに着いててみますね。

記事のUPとブログ散歩は、後できっちりしますので

待っててくださいねぇー★




ではでは、後ほど♪
いいね!した人  |  リブログ(0)
2005-02-08 17:37:22

BALI CLIFF HOTEL

テーマ:思い出。。。
今日は、がらりと話題を変えて。。。懐かしい場所、思い出なんかについて書いてみたいと思いますぅ♪(←単にTBステーションのお題に惹かれただけぇっ) さて、前にもお話したと思うんですけど、蝶々は結構色々な所に行ったり住んだりしています。振り返ると、幸せモンだったなぁと、人生に感謝したくなったりもします(笑)。

蝶々は1993年から、バリ島に仕事で1年半位住んでいました。大学を出て、あの古い体質で有名な(笑) ケチOOとも言われる「ミツOO」とか言う所に就職したけれど、このままだと人生小さく終わってしまいそうな気がして、それが嫌で、すっぱり辞めて旅に出る支度を一年位していました。大学時代に、タイのカタビーチと言うところに、フラぁ~っと旅行会社を通さずに、自分で電話で予約して出かけて、そこのアメリカ人のインストラクターの下、英語でDivingのライセンスをPADI USAの管轄で取りました。ミツOOを辞めて、どうやって世界を見に行きたいかを考えた時に、大学で建築を専攻したって社会に出たら経験のないもの、そんなのゼロと同じ扱いですから、その時、私にあるものは英語と、運転免許と、活きの良さと、ダイビングのライセンス(笑)だけでした。そこで、単純に

「そうだぁ!プロダイバーになろうっ!」

と思いつき、タイでダイビングの免許を取って以来、大学時代の夏は高津島にしょっちゅう通っていたので、その時のダイビングインストラクターを辿っていくと、なんと!実家のすぐ近くに一人居るじゃァないですかぁ♪ やはりご縁というか、思いの力というのはあって、丁度会社を辞めた年のお正月に年賀状をそのインストラクターから貰って、私は2月からそこでトレーニングをしながら仕事をする事になりました。

ダイビングの仕事はとても魅力的で「まさにコレが天職だ!」と思っていました(笑)。海外で仕事することを前提にトレーニングを受けていたので、結構過酷なトレーニングでしたし仕事も平行しているので過密スケジュールでしたが、それでもスポーツセンターだったので、ダイビングとスイミングの両方の仕事の掛け持ちで合計で半日以上、水の中にいる事も全く苦にならなく、むしろ幸せだったくらいで、本気で前世は魚だったかもしれないと思いましたよ(笑)。


まぁ、そんな事はさておき、そうして一年後に、バリ島へ行く話しがあったので飛んで行ってしまいました♪そこで、日本からのお客さんや生徒さんをお迎えするので、色々なホテルや色々なお店と繋がりができていくのですが、その数ある中でも、私がバリ島に住んでいる間に新しくオープンしたホテルが、忘れられません。。。

まだオープンしたてなので、お客さんもほとんど居ませんでしたし、私は時間があるとそこのプールに行って、(バリ島の料理はとても美味しく地元の料理ばっかり食べていましたが、偶にパスタとか食べたいと思うと美味しい所が無かったなぁ。だから→)唯一と言っても良いくらいの美味しいパスタを食べれる場所だったので、プールサイドでパスタをランチにとって、プールサイドでぼけーっとして、水の中でぼけーっとして、ひたすら、ぼけーっとして過ごすのが大のお気に入りでした。

下の写真を見て頂けたら分ると思うんですけど、本当に貸切のようだった。ここのプールは、CLIFFという名の通り、「絶壁」にあるので写真のように、プールが空に飛んでいるように見えました。真直ぐ続く水の表面が作る線は、そのまま空に繋がってしまうのです。

さて、時間ができたら BALI CLIFF HOTEL に、「ビンタン☆ビール」(←インドネシア語でビンタンはと言う意味ね。)と、イセエビのスパゲッティーを頂きながら、水の表面が空に繋がる不思議な景色の中で、ぼけ~っと しに行きませんか?



           ☆バリ島のバリクリフホテル☆

                  アスタナディアツアー/BALI CLIFF HOTEL
        ★ここからBALI CLIFF HOTEL↑の写真が見れますよぉ★

★".゜:*・。"★*:・。*゜ ★・゜:*:*・。"★*:・。* ★".゜:*・。"★*:・。。"★*:・。*゜ ★・゜


あぁ。。。こういう思い出をブログに書いておくと、たとえ明日何かが私に起こっても、ここに私の人生の足跡は残るんだなぁと思うと、ブログっていいなぁ♪と思いますねぇ。子供も自分の人生の足跡ですけどねっ☆


女性ブログランキング←ここをクリックっ☆女性ブログランキング♪
いいね!した人  |  リブログ(0)
2005-02-08 05:11:53

バナーが出来たよぉっ♪

テーマ:Event☆
バナーを作ったよ~ん☆
☆2月7日(月)の記事「MotherGoose」は下↓でぇーすっ☆


「豆蝶バナー」できました♪

相互リンクしてくださる方は、ここにコメントを残してからバナーを持って行って貼ってくださいね♪バナーが出来たら貼るの嬉しくて、ゲリラ的に貰ってきちゃったのもあるんだけど(爆笑)。

蝶々と豆に初めて来て下さったかたも、今このページに気が付いた人も、迷ってた人も、みんな「蝶々と豆」の相互リンクも遊びに行って下さいね♪


★".゜:*・。"★*:・。*゜ ★・゜:*:*・。"★*:・。* ★".゜:*・。"★*:・。*゜ ★・
初めはTOPに置いたんだけど増えるので、ここにバナーを置きますね♪

  ☆相互リンクバナー集☆

お母さんの飛行機、子供の飛行機笑いの絶えない育児をしよう天使のたまご目指せバイリンガル子育て中Happpy Days
More-Happy わたし物語ワーキングママChipapaの日記Sweet Home林檎飴AppleCandy小人閑居
ヴぉけママ頑固亭主ここにあり!せきらら性教育えみっぺの徒然日記 ☆娘・妻・母・社会人...私の色んな顔☆ <br />
女として魅力倍増な毎日 <br />
 
 
 
  
 
 

 

★".゜:*・。"★*:・。*゜ ★・゜:*:*・。"★*:・。* ★".゜:*・。"★*:・。*゜ ★・

2月7日(月)の記事はこの下です。↓


女性ブログランキング←ここをクリック☆女性ブログランキング♪ 
いいね!した人  |  リブログ(0)
2005-02-07 18:11:53

MOTHER GOOSE/マザーグース

テーマ:豆が英語と育った道
英語の習得を考えるときに、将来的にまず必要になるのが、その背景理解です。背景理解の重要性については、別記事でお話しするのですが、今日は、まずその第一歩のお話をしようと思います。

英語だけでなく、他国語を突き詰めていくと、必ず行き着くのが文化の違いや、その背景に横たわるものによる、真意の理解です。その言葉の奥へ入っていくと、そこを解っていないと、理解できない事柄が多く出てきてしまいます。それは、私達がテレビで見るものや、流行っているものの事や、政治や歴史上の人物や、昔存在したものや、自分の生い立ちを話す時に、外国人には理解できない事を意識せずに話して居る事でも、解るように、彼らにもそれがあるからです。

さて、私が感じた、まず一番最初の背景理解は、マザーグースの歌、お話からです。
セサミストリートにも多用されますし、他の英語の番組(日本のものでなければ特に)には、驚くほどマザーグースからの引用がされているのでも解るように、それは私達が共に育った、昔話と同じようなものです。 

中だるみした子供を戒めるときに「ウサギと亀」の話を引き合いに出すように、マザーグースも、彼らの会話の中に、日常頻繁に出てきます。

ここで、すこし触れておきたいのは、アメリカの童謡の節についてです。
マザーグースを読む、または歌うときに、節にはさほどこだわらなくて良いと
思います。なんども話すようにアメリカは広大な国で、日本ほど統率が取れていません。まぁ、日本でも各地で、同じ童話がすこし形を変えているのと同じです。
ですから、同じ歌でも違う節で聴くことは、珍しくありません。以前のコメントの中に、アルファベットの歌の結末は何が正しいの?という質問がありましたが、それと同じで、マザーグースの節にも正解はありません。語り継がれる中で、多少の変化がされていて、どこがオリジナルなのか、多分誰にも解らないでしょう。。。
それと、アメリカの童謡と日本のそれとの大きな違いは、日本の童謡は、それぞれにきちんとした節が付けられてて、一曲として成立していますが、アメリカの童謡には、他の有名な童謡と同じ節を使いまわしているものが多く聞かれます。よって、節には,それほどこだわらなくていいと思いますが、大事なのはそのお話の内容です。マザーグースはRhyme(韻を踏む)で形作られているので、声を出して読んでいるうちに、必ずそのリズムは取れてきます。ですから、そのリズムで読んであげれば良いと思います。こう聞くと既にお気づきかと思いますが、出来るだけ英語版を読むべきだと思います。なぜなら英語のRhymeを日本語では感じないからです。個人的な好みで言うと、洋書は、欧米人の独特な描画スタイルや、色遣いに直に触れられるので好きですし、そういったことの理解にも繋がると思います。

マザーグースの洋書は、日本でも多く入ってきているので、比較的手に入れやすいと思います。それでも、ちょっと。。。と思う方には、日本の会社が作るもので、英語版に英語で吹き込んだCDが付いたものなども出ています。気に入るものを選んでくださいね♪



こんなのを見つけたので、参考までに載せておきます☆


著者: Arnold Lobel
タイトル: The Arnold Lobel Book of Mother Goose



コレ↓は何が入っているのか見てみたいっ!


著者: Sylvia Long
タイトル: Sylvia Long`s Mother Goose Block Box



ブログサーチ←ここをクリックっ☆ブログサーチ♪
いいね!した人  |  リブログ(0)
2005-02-06 18:31:15

Good thing always comes with Bad thing...so just accept them both

テーマ:蝶々の心
まずは。。。

期間限定企画ぅ~っ「2月が誕生日の人集まれ~♪」

今日2月6日は、ともきズ母さんの甥っこさんと弟さんのお誕生日です★

そして今日は、林檎さんのお誕生日でもありますっ★


このブログとここに遊びに来てくださる方々から、愛を込めて。。。


「ともきズ母さんの甥っこさんと弟さん、お誕生日おめでとうございますぅ!」
そして、
「それから、林檎さん、お誕生日おめでとうございまーす!」
 


さて、再び、絵本「おやくそく」の作者である松原あけみさんからコメントを頂きましたので、ご紹介します。そして、今日はそのコメントとAngel Eggさん(↓下にリンクあるよ。)の所に出てたセサミストリートの話からBorderless(境界の無い事)についてお話したいと思います。。。


まずは 以下、松原あけみさんからです。。。

★".゜:*・。"★*:・。*゜ ★・゜:*:*・。"★*:・。* ★".゜*

 
■ 幸せを分けたくて
今日も、弥栄中学に行ってきました。
今度2月11日にNNKで弥栄の特集が放送されるのでよかったら見てください。
この中学には、たくさんの環境の子供達がいます。その一人、ユウヤくんの授業でお話が湧いてきて、一つのお話ができました。
私は夢でメッセージを受け取ります。
ユウヤくんは、筋肉が衰えていく病気で今は、首がかろうじて動くぐらい。体育の時間は担任の矢野先生がベッドの上でリハビリをします。ゆうやくんは人を幸せにする力があると感じます。その出来たお話を中学の道徳に使い子供達と分かちあいます。
今日、「おやくそく」で道徳をしたときの感想文を頂きました。子供達はシンプルです。素です。感想はというコーナーでただ、生きると一言書いた少女。本当にシンプルです。実は、私自身、半年ほどまえに弥栄に行くと決めていました。今年の初めにつながり今サポートさせていただける事になりました。なんと妹の同窓会で担任の先生が弥栄に行っておられて、ツナガッタと思いました。
もちろん、お会いした、中西先生は素敵な人で私を子供達のサポーターとして推薦してくださり、今学校に行っています。是非、テレビを見てください。 真実の愛がこの学校にはあります。

松原あけ美 (2005-02-01 18:10:50)


★".゜:*・。"★*:・。*゜ ★・゜:*:*・。"★*:・。* ★".゜:*・

実は昨日angel eggさんの「天使のたまご」(ココから別ウィンドウで開けるよ)セサミストリートの事をお話している記事で見て、当時自分が思っていた事を思い出したんです。

セサミストリートは、私が子供のときからあって、私は父が私に見せて説明してくれたのを覚えています。私の記憶では、豆が生まれて間もなく迄は英語で放送されていました。でも、豆が生まれてすぐにセサミストリートが日本語吹き替え版になり、私はメールでNHKに抗議しました(怖いねぇ、お母さんホルモンが出ているときって(笑)。この頃母乳をしていましたからホルモンバランスが、女性ホルモンと言うよりも、お母さんホルモンで、まるで野生の♀ライオンみたいに凶暴だったんです(爆)。子供を守る本能が強くなる時ですからぁ。その最中にいるときは自分がそうだと気付いていなったんですけどね。ははは)。英語でしか伝わらない雰囲気やニュアンスがあるのに、日本語にしてしまったらそれが伝わらずに台無しなんです。しかも、言葉を学ぶ上で(これは後で記事でUPしますが)、その言語を話す人々の背景理解がとても重要で、セサミは、それができる番組でもありましたから、日本語の意訳をつけて、何となくニュアンスが変わるのが、とても残念でならなかったのです。アメリカ人と日本人は笑い声まで、違うんですよ。そういうニュアンスも伝わらない。。。せめて、日本語字幕にしてくれと頼みました。

去年、セサミストリートがNHKから消えたときに、angel eggさんが思ったように、もしそのままセサミが無くなるのなら、代わりに英語の番組をしてくれたらいいのに、と思う、やはりセサミの持つ意味を理解していた方もいらっしゃった訳です。

しかし、英語やその背景理解とは別の所であの番組を見ていた人が多かったのか、それとも単にNHKは耳を傾けるような会社ではないだけなのか(←コッチがかなり有力説だと今のNHKを見ていると思いますねぇ)、残念な事に、もちろん一人の力では何も変わりませんでした。

私は昨日まで、アメリカのセサミの会社(Children's Television Networkでしたっけ?覚えてないなぁ。)と、NHKの間にそのような経緯があったとは知りませんでしたが、私の中では「だから、言ったのに。。。」と、とても残念な気持ちでなりません。

セサミストリートを私が重要な位置づけをする理由は、英語だけでなく(実は人形の話す英語を聞き取るのは難しいし、人形がMeを主語に話していたり、幼児語的なものも多い。しかし、人間も沢山出ているので大丈夫だけど(笑)。)、生活に密着した番組だからこそ、そこに彼らの生活が見え、基盤が見え、例えば欧米人と日本人の色使いの根本的な違いなども見え、彼らのものの考え方も見える。

豆が生まれたばかりの頃から、日頃お話しするように漫画の質の問題などで、日本には私が子供に見せたい番組があまり無かったので、セサミをビデオに撮り溜めて、流し続けたりもしていました。幸いそのほかにアメリカの子供向け番組も入っていたのですが、時間が子供用に区切られていたので、それ以外の時にはそういう時に、これから少しずつ紹介していくアメリカの幼児番組のビデオや、セサミの録画したものを見せました。(後に朝早めの時間に、セサミがアメリカの放送の中にあることに気がつき、そのまま朝はそれを見せました。)

初めに現れた効果は、アメリカ人の多い環境で、1歳になるかならないかの豆がアメリカ人の子供を見ても、他の子は日本人で固まるのに、いつもなんの物怖じもせずに、近寄っていって、遊ぼうとした事でした。彼女の中ではすでに、外国人が珍しいものではなく、むしろ身近なものになっていました。そういう意識付けも、英語を勉強として捉えず身構えないですむ、大事な基盤かもしれません。

そうして、その時から、彼女がアメリカンスクールを卒業するまで、そのセサミストリートの恩恵を十分に豆に注ぐべく、私はセサミを見せながら、人種の背景、家庭と言う概念(まだ結婚してましたよ(笑)。)またある時は、ハンディキャップのあるお友達についてどう接するべきなのか、などについて十分に話してきました。セサミにはそういった背景がとてもはっきり映し出され、それを子供に伝わるように表現してありますので、子供にそれを教える大事な機会となっていたのです。

私はセサミを見ながら「黒人」という概念を取っ払い、彼らに「チョコレート人」というおいしそうな名前をつけて、豆に人が生まれてくるという事、人種差別の歴史、白もチョコも黄色も全て、それぞれの良さがあり、欠点があり、役目が決められているのだということを、小さい頃から話してきました。そしてあるときは、家族の定義は「父母子供」だけではなく、アメリカでは養子もかなり進んでいるし、ある家ではおばあちゃんが育ててくれているし、ある家ではオバサンかもしれないし、おじいさんかもしれない、と言う話をし、しかし互いが愛し合い、大切にしあう限りどれもが、正しい家族の形であると(まだ結婚してましたよ(しつこい(笑)離婚して自分がそうだからそうしたのではないといいたいのです(笑)。)をセサミで、そういう姿が映し出されるたびに話してきました。

その事は、確実にアメリカンスクールでの「あなた方一人ひとりがSpecialなのよ」という教えに反映されました。ハンディキャップ、家族の形の違い、人種の違い、宗教の違い、思想の違い、背景の違い。。。どれをとっても比較的に本の中では感じにくい事かもしれませんが、これらの事は、戦争を引き起こす引き金になる可能性を持つほど重要な事でもあるのです。現にアメリカの職場で言われる事は「人種の話と、宗教の話と政治の話はしないほうがいい」と言うことです。必ず熱くなって喧嘩になるからです。でも、そこを子供に上手に話すことが出来たら、そうやって育てられた子供が増えていけば、次の世代はもっと穏やかで平和なのかもしれないと思います。

そしてそれは、戦争のない平和な時間を与えられた人々に生きるか死ぬかの日々の代わりに課せられた課題ではないかな、と思います。

2月11日の番組(NHKでいいのかな?)を見てみたいと思います。ハンディキャップのあるお子さんの持っている素晴らしさを、豆に伝えられたらいいなぁ、と思います☆




どこの場所に行っても、良いところと悪い所がある。

どこの国の人がどうだ、ではなくどこの国にも
良い人も居て悪い人も居る

どの宗教にも、良いところもあれば、矛盾点もある

どの人にも必ず良いところと、悪い所がある

ハンディキャップでいる人には
その人にそれを受け入れるだけの強さがある
だから神様がそれを与え
魂を高みに持っていけるチャンスを与えたのだ。

Good thing comes with bad thing always...
so just accept them both.
(良い事は、いつも悪い事と一緒にやってくる
だから、ただその両方を受け入れなさい)




たった、それだけの事。。。


こころ穏やかに生きて生きたいですね♪


☆お母さんも女ですぅ♪ここをクリックっ 女性ブログランキング☆

いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。