JB/NBCにて本日ギミ粉の第3弾目。

「ギミ粉・カラマリ」が許可されました!

 

カラマリとはイタリアでイカリングの意味を持ち、ルアーに絡まるギミ粉であるため、

「カラマリ=イカリング」と命名。

 

内容は45gとなっており、1.5オンス。

 

容器はボトルタイプとなっており、中は栓されており湿気の予防を行っています。

 

そして、今回はコストを見直し、容器などの価格を極力抑え、内容も改めて精査。

成分を再配合し、価格は定価1,200円となります。

 

基本的な構成として、イカや誘引・味覚成分の他、ルアーへからまる成分も配合しています。

基本的なコンセプトに変わりはありません。

 

ギミコ・シュリンプ、ギミコフィッシュがバスの誘引成分・味覚成分をオードブルの様に詰め込んでいるのに対し、

ギミコ・カラマリは必要な成分のみをまとめて入れたシンプルながら、要点を抑えたモデルとなっています。

ボトルの中にルアーを入れてパフすることはできませんが、ルアーのバッグに入れることはできますので、

その仕様で使っていただけると幸いです。

 

さてその集魚成分。

何故イカを今回チョイスしたのか、追って記事を書きます!