特許を出願した水生動物の止血剤ギミッククイックストップ(Quik Stop)』がFeco認定されました!

15646548380.jpeg

https://www.jbnbc.jp/feco/index.php?mode=detail&uid=1747

クイックストップは8月中旬リリース予定となっております!

正しい使用法を守っていただき、有効活用していただければと思います(^^)

今回はこのクイックストップの効果と正しい使用方法をご紹介!



◎使用による効果


①傷付いた血管表面を二種類の作用が異なった繊維で物理的に塞ぎ止血。

この成分は魚類の粘膜成分と同等のため、水中では体全体をコートし、ネットやボートデッキ等で傷付いた体を保護します。

また粘膜成分で保護することにより、釣られたことによるショックを軽減させます。
クイックストップは血管壁の外側を物理的に覆います。


②止血には次いで様々な物質が関わっており、これらの物質の補助を行う。
※血管壁の内部から止血を促します。


③傷自体を治す成分を配合。

免疫反応をしっかりと活性化し、細胞の増殖を促します。
※リリース後の創傷治癒を促します。


④浸透圧の調整による細やかな点滴作用。

釣られることにより、魚はショックを受けやすい状態となります。

その際に細やかな作用となりますが、魚の浸透圧を調整することで体内の水分量を安定させ、血液量の維持に努めます。



◎使用方法


①出血が見られたら出血点(※1)を確認する。
(※1 )血が出ている傷口

15646547330.jpeg

↑画像はエラからの出血


②出血点を中心にクイックストップを塗布する。

15646547600.jpeg

体表の傷にはクイックストップをそのまま塗布してください。

☆エラヘの塗布の場合、止血点がゲル化するため、エラからの酸素供給が不足し酸欠となる傾向があります。
止血を確認後、止血した部位に付くゲル化した止血剤を洗い流してください。


③酸素不足を防ぐため、ライブウェルへキープする際は『外部循環』でしっかりと酸素を供給し、水がクリアになるまでしっかり循環させる。

15646547820.jpeg


④姿勢を整える。

出血後は特に魚がショック症状を起こし傾くことが多いので、体勢維持に努めてください。


⑤自力で姿勢を保ち、ライブウェル内が綺麗になれば完了です。

15646547470.jpeg



◎注意点

本製品『クイックストップ』は止血剤であり、輸血剤ではございません。
魚の血液量はおよそ64ml/kgであり、致死量を超える出血量(※2)に対しての効果はございませんのでご注意ください。
(※2)およそ20ml/kg