リレー執筆

テーマ:
本舗の活動に久しぶりに参加しているサカイリです。

今、戯曲本舗は今月末、都内某所にある老人ホームにて行わせていただく「朗読劇」の執筆の真っ最中!!今回はひきだ、サカイリ、清水、森宮4人の、なんと共作です!

アドバイザーの清水さんはなんと初めてペンを執り(!)その才を奮っております!!

面白い書き方をしてまして、ストーリーの起承転結をプロットごとに決め、それぞれ割り振られたパートを執筆し、1つの物語にする、というスタイルなのですが、
起 清水
承 ひきだ
転 サカイリ
結 森宮
という割りふりにして、上がった原稿を見たところ、なんともイイ感じに!このパート分けにして良かったです◎

そして、ほぼ4人同時に他の人の作品を見ずに書いていたのにもかかわらず、そんなにしっちゃかめっちゃか、ということにもならず、意外と今日の打合せで上手いことまとまりました^^

ただ、実際読み合わせしてみたら時間オーバーしちゃってたのでここから怒涛の削る作業ですがww

あ、そうなんです。今回われわれ戯曲本舗、役者も自分たちでやります。まさに自作自演!笑でも実は考えてみるとこの4人、全員役者経験あるんですよね。そう考えると夢の競演~!

老人ホームでやることを考え、「分かりやすさ」に重きを置いた今回の作品作り、私サカイリも今まで書いたことのないような、わっかりやすくキャラクターも強く色々デフォルメしてる感じになってます。書いてて楽しかった・・!

前回のブログでもお話したように、今回は「桃太郎」がベースの物語となっています。とはいえ、それを戯曲本舗風にアレンジした今回の話は、朗読劇だけど、なんか出てきちゃう!?殺陣とかやっちゃう!?自由なパフォーマンスとなりそうです。


まず、桃太郎が主人公じゃないからね
(盛大なネタバレ)


写真は打合せの様子。
おや、パンダが・・・?
さあ、このパンダは物語の鍵を握るのか!?それとも・・・!
老人ホームでの公演なので一般公開はしていないですが、この桃太郎の物語自体は公演終了後も戯曲本舗のレパートリーとしてHPに掲載しようかと思っていますので皆さまお楽しみに!!
AD