Congkak(チョンカゲーム)のルール完全マスター! | 可愛い子には留学させよ      【マレーシア/ジョホールバル母子留学】         ちっちのブログ

可愛い子には留学させよ      【マレーシア/ジョホールバル母子留学】         ちっちのブログ

2013年、夏
 2人の息子とその母は、
  マレーシアのジョホールバルに移住することにしました。
   『苦労は買ってでもしろ』との偉人のお言葉に習って、
     わざわざ苦難の旅に出てみます。
      さて、その旅の先にはあるものは・・・・?



このブログの検索キーワードを見てみると、

過去に書いた記事の『チョンカ』が常に上位に君臨しています。



そこで、先日教わったルールを忘備録しておきたいと思いますビックリマーク


過去にも書いたように、


チョンカというのはこのような形をしたテーブルゲームですダウン

photo:01





二人で対戦しますが、

このように各円穴の中にビー玉を入れていって、

相手から得たビー玉はそれぞれ端の大きな穴に入れていき、

最終的に多くのビー玉を得た方が勝ちです。

図で示すと下記のようになりますダウン


photo:02




わかり易くピンク側とブルー側に分けました。

1. 最初に全ての穴に数個のビー玉を入れておきます。

2. ジャンケンなどでどちらが先攻・後攻かを決める。

(ここではピンクが先攻とします)

3. ピンクさんは1から8の自分の穴から好きな穴を1つ選び、

 その穴の全てのビー玉をとって次の穴から1つずつ入れて

 いきます。

4. 例えば、各穴に事前に6個のビー玉を入れておいて

 3から始めたとすると、13の穴で終わりますが、

 そのとき13の穴が空ではないので(ここがポイント)、

 再び13のビー玉を全てすくってまた同じことを繰り返して

 いきます。

 ちなみに、相手の得点となる大きな穴の9には

 ビー玉を入れずにとばします

5. 何回か周回していると、13の穴のように空っぽの穴が

 いくつかできます。

 最後のビー玉をそのような空の穴に入れてしまったら

 そこでストップして相手と交代。

6. ただし、5で終わったのが自分の陣地(ピンク)側であれば、

 そのお向かいの相手の穴のビー玉を全て救って、

 1の穴に入れてキープします。

 もし、相手側の陣地で終わってしまえば、

 とれる玉なく単に相手と交代します。

7. ブルーさんはまた自分側の穴から1つ選んで

 3~6を繰り返します。

8. コツとして、どの穴から始めるかが戦術でもあります。

 例えば、8の穴に沢山のビー玉があったとすると、

 最後のビー玉が8で終わるように戦術を立てたり、

 あるいは、その向いの10が空だとしたら

 10で終わって向いの8をとるとか。

 最後の方は玉が少なくなるので、

 この穴から玉を1つとって隣の穴から2つと合わせて

 3つ先に進むようにするとか・・・

 また、自分の側に沢山のビー玉を残したままにしていると

 ごっそりとられる可能性があるので、

 なるべくその穴のビー玉をとっておくようにするとか。



私のつたない説明で、ご理解いただけたかしらはてなマーク

とにかく、やってみればとてもシンプルなゲームですビックリマーク

それに見た目も木や石で出来ていて、

暖かみがあってリビングに置いていてもオブジェとして邪魔にならないラブラブ

あるいは、アクセサーやお菓子入れとして使えるかもはてなマークはてなマーク

Plentonジャイアントの中にちょっとした伝統工芸が買えるお店があり(食料品スーパー入り口近くの右奥)、

そこで色々なチョンカが売られています。



ぜしお試しを音譜音譜

photo:03