「節分」と、ちょっとだけマーケティングの話 | 公共政策コンサルタント りえ Official Blog

公共政策コンサルタント りえ Official Blog

市民セクター、パブリックセクター、ビジネスセクターを自由自在にとびまわっています。


テーマ:

2018年節分。今年の恵方は、南南東微南なので、みなさんとご一緒にパクッと。

食べている間にみなさんには、どんな願いごとを心で唱えられましたか?

 

今日は、節分ということもあり、お会いするみなさんから、節分つながりのお菓子など頂きました。

(いま、選挙の御礼で地域のみなさんにご挨拶にお伺いしています)

 

「りえちゃん、恵方巻き食べた?」 お声がけを頂き、頂きながらふと思っていたのですが、そもそも、恵方巻きを食べる習慣は私にはなく、子育て中に、「へ~、恵方巻きかぁ」と、コンビニで買って子ども達と食べた記憶があります。

たぶん1998年のセブンイレブンが恵方巻きを全国のマーケットに展開したことが、恵方巻きを食べる習慣に繋がっていったきっかけではないでしょうか。

 

次の商戦は、2月14日のバレンタインデーです。こちらも遡ること昭和33年2月にメリーチョコレート会社が、バレンタインセールとして売り出した新宿伊勢丹でのセールスがきっかけとなったり、その後マーケットでのレスポンスを分析しながら現況となったことを聞いた記憶があります。今年は、節分に、可愛い女子好みのお菓子などにも沢山出会いました。節分の市場規模は、まだ拡大するだろうなと感じます。

 

 

 

 

 

 

 

 

りえさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス