女性が自分らしく生きることができるまちへ! | 公共政策コンサルタント りえ Official Blog

公共政策コンサルタント りえ Official Blog

市民セクター、パブリックセクター、ビジネスセクターを自由自在にとびまわっています。


テーマ:
女性の声を、想いを政策にいれこむこと。
とても大切なことですが、残念ながら、諸外国と比べて、日本は遅れています。 


女性が自分らしく生きる環境つくりは、子どもの権利を守ることに繋がります。


私は、岐阜市を日本で一番女性が自分らしく生きやすいまちにしたいです。


私自身3人の子どもの母親です。離婚して、シングルマザーでもあります。働きながら子どもを育ててきたので、働きかた改革、ワークライフバランスの実現など、なんとしてでも前進していかなければならないと思っています。


さて、岐阜市で、今までに、たくさんの子育て中のお母さんからお声をいただいてきました。


中学生まで給食の無料化や医療の無料化は、岐阜市では必要でしょう。

子どもの貧困対策は、もっとも優先的な政策課題です。子ども食堂をはじめ、フードバンクなど、非営利セクターなどとの連携が要です。

女性が食の安心安全を守るための環境整備も大切です。健やかな子どもの育ちに繋がります。


家事や介護や子育て、地域活動は、今やシャドーワークではありません。くらしの中心となる政策です。

また、女性に対する暴力についても、多くの涙を見てきました。見えにくい暴力の連鎖をとめなければなりません。


岐阜市を日本で一番女性が自分らしく生きやすいまちにすること。これは、日本で一番子どもが幸せになるまちへと繋がり、人口減少問題の解決へのプロローグとなる政策です。





りえさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス