15年

テーマ:

 

7月上旬に「自然の中で感覚を開き・自分とつながるリトリート」開催予定です。

 

感覚を開いて自分と繋がり、

生きてる豊かさ歓びを、深く味わいたいあなたへ

 

  初めましての方はよかったらこちらへ

 

15年前の昨日から今日にかけて、

私たちはキャンプ場で結婚式をあげ、パーティーを開いた。

 

 

建築を学んでいた夫は、建物の造形やデザインはもちろんだけれど、空間の状態(天然での心地よさ)に並々ならぬ思い入れがあって、結婚パーティーを開くなら、とびきり心地よくて、朝まで音楽や食事を楽しめる場所がいい!という。

 

で、彼が地図の等高線をみて目星をつけ、あちこち探し回っている中で出会ったのが、「星の降る森」という群馬県・沼田市にあるキャンプ場。

 

「こんにちは!」

 

と訪ねて行くと、赤ちゃんを連れたご夫婦が出てきて、自分たちで作ってきたキャンプ場の経緯などを丁寧に説明をしてくれた。

 

ここで結婚パーティーをしたいと伝えると、どこでどんなことができそうか親身に相談に乗ってくれ、ゼロから手作りは確かに大変そうだけれど、ぜひここでパーティーを開きたい!ということに。

 

ご主人は元プロのサバイバル家でマッチョで前向きな方。ニックネームは隊長。

奥様はまだ生まれたての赤ちゃんがいる中で、自分が動けないのを懸念しつつも、いろいろな細やかなことまで意識を配ってくれる方。

 

夜になったら火を焚きたいのだと伝えると、

「夜になったら、ここでキャンプファイヤーをして10mの火柱をあげよう!」

と隊長。

何か来てくれた方みんなの心に残ることをと考えていたら、

「親しい友人10名ほどでトーチを持って着火式をしよう。火の周りのセレモニーがいい!」

隊長は私たちが思いつかないような大胆なアイデアを出してくれる。

ワクワクと聞き入る私たち。

 

 

ひとしきり話を終えて帰ろうとすると、

「疲れているみたいだから、足つぼマッサージを受けて帰るといい。」

 

実はこの日、私は珍しくイギリスからの出張帰り。空港に迎えに来てくれた彼が、いい場所を見つけたからこのまま向かおう!と有無を言わせずキャンプ場に。


流石にふらふらなのを、お見通しだったらしい。

 

「痛〜〜〜〜い」


木削り出して作ったという、隊長のお手製足つぼマッサージでの施術は驚くほど痛い!体に滞りがなければ痛くないそうなのだけれど…とにかくどこに触れても痛い。


受けたのを後悔しそうになりながらも耐え、終わってみたら体がとても軽くなっていた。

 

さて、現実に戻って結婚パーティー・・

 

とびきり気持ちいい場所とはいえ、キャンプ場。


屋外で雨でも晴れでも楽しめるように空間を作ったり、お料理の調理から配膳までの流れがいい場所のセッティングをしたり、音楽を楽しむ場所や結婚のセレモニーまで何から何まで手作り。

 

楽しみなのと同時に、わずか3ヶ月で本当に準備が可能なのか・・・と思っていると、彼はふと電話を取り出し、その頃よく遊んでいた友人に電話をかける。


「結婚パーティーをすることにしたんだ。キャンプ場でするんだけれど、手伝ってもらえる?」


ちょうど富士山に登っていた友人、「OK。じゃあ今一緒に山に登ってる友人にも声をかけるよ。…あ、手伝ってくれるって」とびっくりするほど、すぐに快く引き受けてくれた。

*富士山登山中に快く引き受けてくれた二人

 

そこから、お料理、音楽、デコレーション・・・とだんだんと彼の友人たちが集まってきてくれて(強引に巻き込んでしまったというのが正確かな・・)いつの間にかたくさんの仲間が。

 

お願いするのが苦手な私はというと、なかなか自分だけの友達にお願いすることができなくて・・・


「こういうことがしたいんだ!ぜひ協力してほしい」とお願いできたり、快く引き受けてくれる友達がこんなにいる、彼は本当にすごいなと思ったのを覚えている。

 

 

そしていよいよ結婚パーティー数日前。


コアなメンバー2名と私たちで、準備のためにキャンプ場へ。

雨続きでなかなか準備が進まず、前日まで会場としてはほぼ何も用意ができていない・・

 

彼に対してではなくて、やっぱり自分への信頼も世界への信頼も全然なかったその頃の私は、不安でいっぱい。

パーティーに来てくれる友人たちと楽しむための時空をつくるという、最高に幸せなプロジェクトなのに、私の中で焦りから不安を自分の中に抱えていられず、つい苛立ちを彼にぶつけてしまう。

 

「きっと大丈夫だから」


そう言い切る彼を信じて、ネームホルダーや受付リストを用意する。

 

 

パーティー当日の朝。

 

「もう二人は、準備は気にしなくていい。ここからはただ楽しむだけでいいから。」

 

 

雨の上がったキャンプ場では、駆けつけた友人たちが一気に用意をしてくれ、美味しいお料理も、素敵なサインも、可愛くタープを張った会場も、日球さんのドームテントも、音響もDJブースも・・全部が想像をはるか超えたクオリティーで出来上がって行く。


(photo by AYA WATADA)

 

一人の力ではできないことが、みんなの才能が組み合わされるとこんなすごいことができちゃうんだっていうこと、それを目の当たりにした瞬間。

彼にはその世界が見えていたんだと思う。

 

それから15年。二人の間で、二つの新しいいのちと育ち合う中で、たくさん衝突も理解し合えないこともあった。

もうダメなんじゃないかって時もあった。


でも、いつも自分以上に私のことを信じてくれ、新しい世界を見せてくれる彼の存在に、私はどれほど助けられて来たか、、

 

信じられないほどお財布や携帯をどこかにおいてくるし、言葉数が少なくて理解に苦しむことも多いけれど、大丈夫だから!と彼がいうとき、不思議といつもなんとかなってしまう。


繊細でアーティスティックで柔らかなのに、いざという時はちゃんとそこにいてくれる彼の大きさを尊敬している。

 

15年間ありがとう。


しばらく会えていない人たちもいるけれど・・・

 

3ヶ月一緒にパーティーを作ってくれたしょうちゃん、てっちゃんはじめ、才能を惜しみなく分かち合い、パーティーを一緒に作ってくれた全ての友人たちへ。

私たちが今ここにいるのはみんながいてくれたから。


あの時、たくさん力を添えてくれ、以来ずっと交友を深めてくれているたくさんの仲間たちにも、この場を借りて改めて心からの感謝を伝えます。

 

(photo by EMI NORO)

 

image

(photo by AYA WATADA)

 

 


人気ブログランキング

をはじました。ポチッと応援、とっても嬉しいです。

 

「直感力を高めたい」「生命力あふれて過ごしたい」あなたへ
5月末〜6月頭に開催予定

直感力を高め、内なる叡智とつながり、自分のエネルギーケアして、100%の自分を生きるための1DAYクラスを。

直感は何か特別なものではありません。あなたが自分自身であることにどう感じているか?どれだけ自分自身にでいることに許可ができているか?自己信頼の元、自分と繋がり、自分の中にある答えを見つける技術です。
自己信頼を高め、エネルギーのメンテナンスができる技術を手にして、自分らしく毎日を輝いていきましょう。

日々の生活の中で、自分が本当に欲していることを知りたい。心地よく軽やかに毎日を過ごしたい。自分にとっての正解やしっくりくる道を選びたい。集中力やパフォーマンスを上げたい。そんな方にオススメです。
受講費 ¥18.000-