応援隊のMです♪

先日東京は青山のカフェで、長岡まいこさんとのランチ会をしました😊

 

5人のギフテッドを育てたお母さんとはさぞ肝っ玉母ちゃん……どころか、と~~っても可愛らしいまいこさん💕

 

 

アメリカでの子育てのお話や、日頃の些細な工夫を伺い、あるある話を等身大で同じように苦労されてきたお話に、とても勇気づけられました✨

 

日々の大変さに、何か省エネで育てられる技とかノウハウとかないものかとさえ思っていた私ですが、そんなものはないよな、と再確認しました😅でも、大切なのは子どもたちのスケジュール管理ではなく、1人1人の子どもたちを見て、必要な事や環境をサポートしてあげることだなと、子どもたちにしっかり向き合ってあげようと思いながら帰宅しました😊

 

日本にいらっしゃる間に、またまいこさんを囲んだランチができたらいいなぁとその日を楽しみにしています✨

 

にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ
にほんブログ村

北の異端研GLDAC勉強会

テーマ:

札幌のギフテッド応援隊Tです。

この度の地震について、ご心配をおかけしました。

また被害を受けた方々に対し、心よりお見舞い申し上げます。

余震はまだ続いていますが、おさまってきているように感じます。

1日も早く、みなさんに日常が戻ってくることを切に願っております。

 

だいぶ遅くなってしまいましたが、8月に行われた

北の異端研GLDAC勉強会に参加しましたので、

報告させていただきます。

 

私は2回目の参加でした。まだまだ初心者で、他の方と感想が違ったり

趣旨を理解できていないと思いますが、ご容赦願います。

 

スライドを拝見しながら、K先生H先生の解説を元に進行しました。

最初は、認知特性と困り感。「白昼夢」というキーワードが出てきました。

他にも、我が子の特性に当てはまる解説で、逐一納得。

次に子供たちの困り感に対するインタビューやアンケートの実態調査、

実際に子供が抱える困難について。。

スライドに飛行機のイラストが書いてあり、左右のエンジンの大きさに差があって、

「常に不安定な飛行が続く」という言葉に

我が子独特の困っている様子が思い浮かびました。

 

「慣れにくい」そして、悩み事は「学校と人間関係」。。

周囲への注意の配分が減少する、の言葉に、初めて行く人混みの中では

周りを見ようとしない子供の姿を思い出していました。

本能的に、安心する場所を心の中で探しているのかな。。

 

勉強会のおかげで、子供の困りごとへの理解がいつも深まっています、

ありがとうございます。

 

我が子の「学校が嫌だ」の気持ちを一応は理解しているつもり、でも

できることなら楽しく行ってほしい。。この狭間で悩みます。

 

子供の特性で学校が楽しめないのは、わかる。けど、

軸が自分じゃないことも世の中には山ほどある。

「なんでも自分が決められるとは限らない」世の中で

悩みを減らしてあげたい。自信をつけてほしい。

そして、その独特な能力をできるだけ伸ばしてあげたい。

世知辛い世の中で、人生をできるだけ楽しんでほしい。

 

子育てというのは、常にもどかしいものなんですね。

それは、「成長」を伴うからですよね。

 

「子供の無限の可能性」に出会える自分の人生に、感謝です。

お母さんお父さん、頑張りましょうね。

 

 

にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ
にほんブログ村

九州お茶会in福岡

テーマ:

今日福岡お茶会を開催しました。
九州メンバーはまだ少ないですが、少人数ならではのいろんなお話しができました。

やはり学校の話題が中心でしたが、子供の置かれている状況や悩みが共感できたり考えを出し合ったり、とても有意義な時間を過ごせました。

いろんなお話しをしている中で、で是非実現しよう!というものがいくつか出ました。

⭐️子供を対象にした勉強会⭐️
通常の勉強会は保護者向けですが、当事者である子 供自身が自分達の特性について理解し、いざと言う時の防衛策や悩みの打開策などを自分自身で見つけていくヒントを学ぶ勉強会。

⭐️子供が講師のワークショップ⭐️
知識のアウトプットの場として、子供が得意な事を講師となりみんなに教える。
例えば工作が好きな子は工作ワークショップの講師、など。

⭐️子供の活動発表会⭐️
例えば一年間自分がどんな事をしてきたかを発表する。自分なりに頑張った事や成功した事失敗した事など何でもいいので発表し、とにかく一年間頑張って走り続けて来た事を自分自身で再確認する。

私達はなかなか関東関西などのイベントに参加出来ないという事もあり、待ってるだけじゃなくアクションを起こしていこう、何とか実現させよう!と九州メンバーの野望がメラメラと燃えております。
実現した際はぜひ皆さんご参加下さい😊
 

にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ
にほんブログ村

彫刻家の大坂一成氏と一緒に造形あそびをしませんか?
クリエイティブなGifted Childrenと芸術の秋を満喫できればと思いますニコニコ

沢山の参加をお待ちしています!!

 
日程■2018年10月8日(月・祝) 
スケジュール■

13:00~     受付準備

13:30~16:00 造形あそび

16:00~17:00 片づけ・親子自由交流


場所■大阪府大阪市天王寺区民センター2階 第2・第3会議室 https://www.osakacommunity.jp/tennoji/kannaiannai.html


会費■1家族2500円+材料費
講師■彫刻家 大坂一成氏(kazunari osaka )
講師プロフィール http://okko.art-studio.cc/profile/profile.cgi

神戸親和女子大学講師 、大阪市立美術研究所講師 、奈良市美術家協会会員 

日本美術家連盟会員 、アトリエくじらのクー代表 

下記事項を記入のうえ、メールにてお申込みくださいビックリマーク
①お名前(ふりがな) ②参加人数(大人、子どもそれぞれの人数) 

③電話番号 ④メールアドレス ⑤お子様の年齢(学年)
お申込みはこちら→ gifted.ouentai.t@gmail.com

※締め切り2018年9月28日(金)

 

 

にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ
にほんブログ村

彫刻家の大坂一成氏と一緒に造形あそびをしませんか?
クリエイティブなGifted Childrenと芸術の秋を満喫できればと思いますニコニコ

沢山の参加をお待ちしています!!

 
日程■2018年10月8日(月・祝) 
スケジュール■

13:00~     受付準備

13:30~16:00 造形あそび

16:00~17:00 片づけ・親子自由交流


場所■大阪府大阪市天王寺区民センター2階 第2・第3会議室 https://www.osakacommunity.jp/tennoji/kannaiannai.html


会費■1家族2500円+材料費
講師■彫刻家 大坂一成氏(kazunari osaka )
講師プロフィール http://okko.art-studio.cc/profile/profile.cgi

神戸親和女子大学講師 、大阪市立美術研究所講師 、奈良市美術家協会会員 

日本美術家連盟会員 、アトリエくじらのクー代表 

下記事項を記入のうえ、メールにてお申込みくださいビックリマーク
①お名前(ふりがな) ②参加人数(大人、子どもそれぞれの人数) 

③電話番号 ④メールアドレス ⑤お子様の年齢(学年)
お申込みはこちら→ gifted.ouentai.t@gmail.com

※締め切り2018年9月28日(金)

 

 

にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ
にほんブログ村

名古屋でランチ&茶話会

テーマ:

こんにちは、ギフテッド応援隊の M です。
先日、日曜日に名古屋でランチ&お茶会をしました。

私にとっては、以前お話したことのある方も
初対面の方もおりましたが、
みなさんとお話できることが嬉しくて
数日前からソワソワ、ワクワクしていました。

実際にお会いすると、
共感できるエピソードがたっぷりで、
話が止まらず、あっという間に夕方に。

うちの息子は小3です。
息子にとって楽しいイベントほど、
感情的に熱くなりすぎて泣いてしまったり
することも多く、結果悪目立ちするので、
トホホと思うことが最近続いていたのですが、
先輩ママさんが、息子も昔はそうだった
ことを教えてくださり、心が軽くなりました。

他にも、やはりギフテッドが広く知られていない

日本にいて辛いのは、
スクールカウンセラーや、児童精神科、
心理士さんなどに相談をしても、
知的に高い子の場合、
今我慢すれば、大学などで好きなことを
勉強できるのだから大丈夫と言われてしまったり。

意味を見いだせない反復練習も、
みんなやってることだから、
必ずやりなさいと言われたり。

学校の授業で、知的好奇心が満たされず、
とてもつらそうな子供。。。
学校側に理解を求めてみても、なかなか
平行線であったり。

女の子のママさんは、
男の子とはまた違った大変さを
お話してくださいました。

やはり、まわりからは親のしつけのせいで
子供が荒れていると誤解されやすかったり、
知的好奇心の旺盛な子は、
親が無理強いして勉強させてるんじゃないかとか、
言われてしまうという話もでました。

お子さんが小学生から中学生になり、
今年は、先生と相性が合うようで、
ストレスからの体調不良がなくなったという方の
話には、とても嬉しくなりました。

今回は、ママだけで集まったのですが、
次回は子供も一緒に集まるイベントが
できたらなと考えています。


東海地区の方、気になっている方が
いらっしゃれば
またご参加くださいね☆
ご連絡おまちしています。

(知的にギフテッドタイプだけではなく

いろんなタイプのお子さんがいますよ〜。)



子供と毎日一緒で
ヘロヘロになっていた夏休みでしたが、
久しぶりに一人で外出でき、
応援隊の方とお話できて
心のリフレッシュになりました♪
ありがとうございました。

応援隊 M



 

にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ
にほんブログ村

こんにちは、ギフテッド応援隊です。

続いて関西の報告です!

8/4に行われた、夏休みスペシャル企画「科学と世界のおもろ~い人達のクイズ選手権2018夏~ギフテッド応援隊編~」
研究の傍ら、子どもたちに学びの楽しさを伝えるユニークな活動をされている樋口雅一先生(京都大学高等研究院物質-細胞統合システム拠点)のクイズ&トークイベントです。

 

京大の広いセミナー室に足を踏み入れると、

ずらり扇形にセッティングされた解答者席、テーブルには早押しボタン。
もうこれだけで期待が膨らみます!

 

 

音楽と映像に乗って、ご自身の研究をイメージしたという不思議デザインのメガネをかけた樋口先生が登場キラキラ

がっつり食いつく子どもたちに早速クイズが出題されます。


「京都大学が大切にしていることは〇〇と〇〇」
「大学院でもらえる称号は〇士と〇士」
「太陽系の惑星を順に答えて」

簡単!?…いえいえ正解を言ってもアメ1個ですよー、
でもおもろ~い解答をした人には豪華京大グッズをプレゼント!

 

 

直感で突拍子もないことを言ってみたり、
ちょっとひねった解答を目指してみたり、
持っている知識を活用してみたり、と
笑いを取るにも発想はさまざま。
先生のツッコミも冴え渡り、会場は爆笑の連続。

 

でも、ただの大喜利で終わらないところが深いのです。
「ほんとの解答」から広がる先生のお話こそが、子どもたちに伝えたいメッセージ。

 

失敗は誇れること。たくさんの失敗なくして新しい技術は生まれない。
勉強して損することなど何もない。社会に出てからの人生は、まるごと冒険ゾーン。
 子ども時代にたっぷり準備して、わくわくする冒険に出よう。

とにかく行動してみることが大事!

 

などなど、素敵なお話が盛りだくさん。
しかもこれを第一線で活躍する研究者が語るのだから、
(どこぞの母ちゃんの説教とは違って)説得力があり、すとんと心に響きます。

 

子どもたちだけでなく、大人もたくさんの気づきをもらえたクイズ大会。
もっとやりたい!と騒ぐ子どもたちでしたが、
残念ながらここまで、、、

 

と思いきや
なんとここで液体窒素がサプライズ登場!

 

科学好きさんのなかには「あー液体窒素ね」という反応の子もちらほらいましたが、各テーブルに置かれた小さなボウルにザバーーンと液体窒素が注がれるや、目の色は激変。
こ、これはそのへんの科学実験教室とは全然違うぞ!?


風船、輪ゴム、アメ、人形…、気になるもの浸けてよし!液体窒素おかわり自由!
決まった課題なし、手順もなし、おまけにちょっぴり危ないドクロ
そりゃあ楽しいに決まってますにひひ

もちろん大人も最低限のサポートはしましたが、
子どもたちって、ちゃんと安全と危険の境界を探りながら上手に行動できるんですよね。
こういう体験、とても大切だと思います。
夢中になって遊んだあとの子どもたちは、液体窒素と親しくなったせいなのか何なのか、自信に満ちあふれた表情をしていました!

 

京大食堂でのランチをはさみ、午後は樋口先生の案内で研究室見学
見たことのない装置が並ぶ最先端の研究施設に、みんな興味津々です。
高校生の的を射た質問から小学生の何コレ攻撃まで、全部に答えてくださる樋口先生でした。

 

 

お忙しいなか手間ひまかけて超贅沢なイベントを作り上げて下さった先生には、ただただ感謝です。
終了後はお手伝いいただいた若手研究者のIさんと二人、私たちの姿が見えなくなるまで炎天下で手を振って見送ってくださいました。
愛情いっぱいのエールに、先生のような研究者になりたいな、と憧れを持った子もいたようです。

 

10年後、20年後に「こんなおもろ~いことやってます!」と先生に報告できたらいいですね!

 

樋口先生、素晴らしい一日をありがとうございました。

 

ギフテッド応援隊 まっきい

 

 

 

 

 

にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ
にほんブログ村

こんにちは。ギフテッド応援隊です。

 

昨日高田馬場でNPO法人翔和学園アカデミックギフテッドクラス理科担当、international school of science Japan(理数の全寮制高校)でカリキュラムの開発をされている小正理文先生にご登壇いただきました。小正先生はガーナに学校を設立されて理事長もされている、すごーいスーパーマンですラブ

 

応援隊のメンバーがなんとInstagramでアタック流れ星したという、すごい行動力のおかげで実現した講演会でした。

 

小正先生は小学生時代をアメリカで過ごされて、ギフテッドクラスではなかったそうですが、ギフテッド教育に理解のある環境だったことが自己肯定感を持てたことにつながっているとお話しされていました。また、ご両親からも「ちゃんとしなさい」と叱られたことがなく、たくさんの経験(野球、音楽など)をさせてもらえたことも、のびのびと成長できて先生の基盤がしっかり形成されたんだと思います。

 

時間が足りないくらいたくさんお話してくださり内容てんこ盛りだったので、書ききれないのですが少しだけ、、

 

これからのAI時代にAIに勝ち、「得意」か「特異」であり、人と違うことができなくては稼げない。

 

また、

 

*Creativity

(世界の広さに比例する)

*Leadership

*Hospitality

(自分のことはできてなくても人のことにはとても気がつく)

 

が必要であると。

 

親は子離れすること(愛しているからコントロールしたいと思うのだけどそれが子離れしていないということ)

 

ーギフテッドについてー

・ギフテッドとは特異な才能を持っていること。

・特異なことで自己肯定感を築き、生きる力にしていく。

・すべての人はギフテッドである。

・子供は得だと思うことしかやらないのです。得だと思えることからチャレンジさせましょう。

・小さいことでも褒める

・15歳までに自分はどういう大人になりたいのか。そのためにはどういうことをやり抜かなければいけないのか(GRIT)

 

などなど。。。

ー印象に残った言葉ー

無我夢中になるものを探せ

自分の人生なんだから自分の夢に必要なことしかやらなくていい

自分の可能性をダメにするような言動は絶対に許さない

子供に必要な教育には、記憶に残る教師との出会いが必要

 

とても爽やかでスタイリッシュな小正先生でしたが、内面は暑い情熱がみなぎっておられましたキラキラキラキラキラキラ参加したメンバーは改めて我が子に向き合うというパワーをいただけました!!

先生お忙しい中、誠にありがとうございましたラブラブ

 

 

先生がブログに書いてくださっています。

下矢印下矢印下矢印

小正先生のブログ

 

次回は地方に出張授業などお願いできれば素敵だな〜おねがい

 

 

 

にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ
にほんブログ村

ギフテッド応援隊主催の勉強会のお知らせですニコニコ

ギフテッドかな?と思われるお子さんの保護者様や、
保育園、幼稚園、小学校、中学校等の教職員の方々など・・・

先着順での受付で、すでにお申込みも入ってきておりますビックリマーク
興味のある方はぜひ、お早目にお申込みをお願いいたします。

【9/10追記】満席となりましたが、会場調整により定員を拡大し、

受付を再開することになりました。

引き続きお申込みお待ちしております!

**==============================================================**
以下チラシより、詳細です。

 

「ギフテッド」をご存知ですか?

・概念化、抽象化する能力が高い ・問題解決能力、推理能力に優れる

・知的好奇心、 探求心にあふれる ・創造的 ・高い共感能力 etc

・興味関心のないことに見向きもしない

・単純作業、反復作業が嫌い ・協調運動が苦手 ・友人関係につまづく

・感情のコントロールに課題 ・感覚過敏 etc

 


    「ギフテッドの子どもたち~公教育における理解とアプローチ~」
      講師 ギフテッド・LD発達支援センター 小泉雅彦 氏

高い知的機能を持ちながらもアンバランスを抱える、知的ギフテッドの子どもたち。
知能検査(WISC-Ⅳ)では「言語理解」「知覚推理」で高い数値を示す一方、
「ワーキングメモリ」「処理速度」に苦手がみられるケースが多いことが指摘されています。
彼らは公教育の場で生きづらさを抱えているにも関わらず、その困り感は理解されにくく、
支援の隙間からこぼれ落ちている例も少なくありません。
ギフテッドの認知特性を明らかにしながら、子どもたちへの援助のあり方を考えます。

◇---------------------------------◇

  日程■2018年9月21日(金)
  時間■16:00~18:00(会場15:30)
  場所■伊丹市伊丹2丁目3-27 やわらぎ保育園
  会費■1000円
     ひらめき電球学校園教職員の方は8/31までの受付に限り入場無料です。
      ご所属を添えてお申し込みください。

  お申込み受付中!!先着50名!!

   定員拡大しました。お申込みお待ちしております。
  下記事項を記入のうえ、メールにてお申込みください。

    ①お名前(ふりがな)
    ②参加人数
    ③電話番号
    ④メールアドレス
    ⑤お子様同伴の場合、お子様の年齢
       ひらめき電球託児サービスはございません。ご了承ください。
    ⑥講師に聞いてみたいこと(任意)

     お申込みはこちら→ gifted.ouentai.t@gmail.com

◇---------------------------------◇
ひらめき電球チラシのギフテッドの説明は、小泉先生の研究内容を踏まえての内容です。
 

にほんブログ村 教育ブログ ギフテッド教育へ
にほんブログ村

工作ワークショップ

テーマ:

工作ワークショップ感想です!

暑い中、10組が参加✨
1年ぶりの室先生です😀

工作に入る前に色々な形から出来ている生き物をクイズ形式で答えながら、モニターで見せてもらいました。この生き物にはどんな形が隠れている?これは何?
トンボの複眼や蜂の巣のハニカム構造、ウニの骨格の模様、みかんの扇型、月形。次々に手が上がり答えます。先生から皆んな賢いね〜とのお言葉が。同じ形から造られているのを意識させます。その後に作業です。

同じ形の色紙を使って生き物を白い台紙に創ります。色紙を四つ折りにして切れば効率がいいのにそのままハサミを入れる我が息子💦他のお友達がやっているのを見せると気がついたよう。

私達親子がいたテーブルでは立体に作るのが流行っていました😲
昨年も思いましたが、女の子は綺麗な色使いで作品を作る子が多かったです💖

先生は各テーブルを周りながら良い所を褒め、悩んでいる子にはアドバイスをしてくれます。
作り終わったら作品を中央のテーブルに集め鑑賞です。みんなそれぞれ個性があり素敵な作品が出来上がりました❣️

一つの作品をお手本にして、同じように作り展示してある幼稚園がありました。気持ち悪さを感じそこには入れませんでした。そんな事を思い出しました。室先生のご指導はそれとは反対で、思い思いに伸び伸びと制作している姿、作品を見る事が出来ます😊

先生は半年に1回位活動が出来ると良いですねとおっしゃっていました。

 

 

 

にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ
にほんブログ村