草刈十字軍の精神!きららかネットワークの竹林整備活動に参加してきました | 自動販売機で社会貢献!

自動販売機で社会貢献!

NPO法人寄付型自動販売機普及協会のブログです。


テーマ:

こんにちはパー
寄付型自動販売機普及協会の新米スタッフです真顔

去る2018年10月20日(土)、弊会が寄付型自動販売機の設置でお手伝いをさせていただいている
きららかネットワーク主催の竹林整備イベントに参加してきましたキラキラ

そのイベントとは…
「第2回射水の里山整備きららか隊2018秋」
ですやしの木

このイベントは、2016年までの40余年にわたって、
富山県内の各地で人力による草刈りを実施してきた
草刈り十字軍の精神を受け継ぎ、2017年から実施されているものですナイフ

今回は、富山県射水市野手地区西谷地区(青井谷)にある
きららかネットワークの炭焼き窯周辺の竹林2箇所を対象に実施し、
高さ10メートル程の高さに育った竹をのこぎりで伐採したり、
草刈り機を使って雑草を刈り、
木々が大きく育つ環境を整えさせていただきましたカエル

早朝はあいにくの雨模様でしたが、快方に向かうとの予報でしたので
まずは、雨脚がおさまるまで、
きららかネットワーク理事の梅本様による里山に関する座学研修鉛筆



ついで、山本代表からはきららかネットワークの活動実績のご紹介。
きららかネットワークの活動で生産された竹炭を使い、炭の効能等の
詳しい説明をいただきましたキラキラ



さて、そうこうしているうちに、天候も整ってきたためいよいよ、実践ですニコニコ



30名程の参加者が二手に分かれ、竹の伐採班と草刈り班で活動しましたびっくり

私はひょっこり草刈り班です。
初めて草刈り機を使いましたが、きららかネットワーク会員の皆様に
教えていただき、精一杯のお手伝いをさせていただきましたよ爆  笑

富山県立大学の学生さんも一生懸命草刈り機でお手伝いチュー


伐採した竹は適切な大きさに切り、今後の活動で使うために

資材置き場に保管致しました。

 

きららかネットワークさん、貴重な体験をさせていただき

ありがとうございましたラブ

あまりにへっぽこ過ぎて、お役に立てるどころか

逆に足を引っ張ってしまったのではと危惧笑い泣きしておりますが、

これに懲りず、ぜひまた次のイベントにもお声掛けくださいお願い

 

富山県射水市で活動しているきららかネットワークへの

活動資金を寄付できる自動販売機にご興味のある方はこちらからぜひどうぞ。


鉛筆豆知識鉛筆
ところで、草刈十字軍とは?

富山県立大学(短大部)の教員でいらっしゃった足立原貫氏によって組織された
草刈作業のボランティア活動です。

足立原氏は、1970年代頃に行われていたヘリコプターを活用した除草剤の空中散布に対し
環境破壊、作物被害、健康被害等に反対する活動をされていました。
単に反対するだけでなく、実際に自らが日本全国の学生を募り、人力のよる除草等造林活動を
組織していたのです。
この活動は2016年までの40余年も続きましたが、参加人数がピーク時の1、2割に減り、
若者の参加者も減ったころから、足立原氏は引退され、現在はその歴史に幕を閉じています。

なお、草刈十字軍の活動は1997年に映画化もされています。
「草刈り十字軍」(監督:吉田一夫、主演:加藤剛)

NPO寄付型自動販売機普及協会さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります