この場に訪れていただき、

ありがとうございます。

 

 あさひ   です。

 

プロフィールはこちらです。

 

*****

不倫していた夫、

もしくは不倫中の夫について、

 

まるで別人のよう。

人が変わったみたい。

 

そこまでの変化は感じないけれど、


微妙な違和感や、

距離感を感じる。

 

そんなお話もよくうかがいます。

 


わたしが夫の不倫を知ったのは、

夫からの突然の告白からでした。

 

まさか・・・。


その言葉がぴったりなほど、

発覚まで、疑う事すらありませんでした。

 

でもね、

まったく疑いもせず

夫婦仲よくて、

私の心は平穏だったのかというと…。

 

そうではなくて、

 

思い返すと、

夫の不倫がはじまったころから、

微妙な違和感、距離感を感じでいました。

 

自分に向けられる視線や態度に、

なんとなく、

拒否や否定を感じる。

 

“距離を置こうとされている”

そうも感じていました。

 

もちろん、その時は、

夫が不倫をしているなんて

知るすべもなくて、

 

もともと自己否定の強かったわたしは、

 

自分のせいかもしれない・・・。

 

そんな風にひとり葛藤を抱えていました。

 


あぁ、もう、隠しもせず、

そんな視線をわたしに向けるほどまでに、わたしたち夫婦は夫にとってどうでもいい関係になったんだ。

 

そんな恐怖感すらも感じていました。

 


何で、こうなっているんだろう?



その理由が分からないまま、

心だけが波立っている。

 

平穏とはほど遠い。

そんな日々を過ごしていました。

 


だからね、

夫から不倫をしているという告白をされたときは、わたしにとっては衝撃ではあったけれど、

 


ずっと抱えていた違和感の答えが分かったような、そんな安堵感もありました。


 

そしてね、不倫中の夫の顔つき。

 

今でも印象に残っているのは、


顔色も血の気がなくて、土気色。

表情もかたくて、笑わない。

目つきもするどかったなって。



今の夫は、

とっても穏やかな顔。

笑顔がよく似合う。


本来は、

こんな顔をする人だったんだろうなって、

思います。 


不倫ってね、

 

それがどれだけの人を傷つけるのか?

どれほどのものを失うのか?

 

その先にある現実への想像力も欠いたまま、

 

自分の欲望だけを優先し、

やりたいことやって。

 

さぞや楽しかったのだろうと、

そこにとめどなく怒りが湧いたことも

あったけれど、

 


あの時の夫の顔を思い出しても、

わたしはやっぱり思うんです。


 

心から感じる幸福感。


愛をベースに人とつながることで得られる

心からの平穏。


ありがたいなって思いとともに、

湧き上がる感謝。

 

そんな世界とは

ほど遠いものだったのだろうと。

 

そしてね、

夫婦は鏡。

 

わたしもあの時、きっと夫と同じように、

表情の硬くて笑わない。

そんな顔つきだったのかもしれないって思います。

 

大人になったら、

顔は自分でつくる!

 

だからね、


不倫していた。

もしくは、

今も不倫している夫だとしても、

 

その夫に、

何より大切なあなたの表情まで

お付き合いしている必要はないですよ。

 

人のフリ見て、わがフリなおせ^^

 

あなたは、あなたの表情を、

あなた自身でつくっていきませんか?

 

夫の不倫なんてことが人生で起きて、

 

どれほど泣いただろう?


どれほど苦しんだだろう?

 

だからこそ、

あなたには最幸の笑顔が似合うんです!

 

全ては表裏一体。

深く苦しい闇を体験した人が、

はなつ光があります。

 

あなたが自分に意識を向けて、

最幸の笑顔を見せたとき、

 

さあ、

これからの人生を共に歩きたいと思うのは、

今の夫かな?

 

そのくらい、

あなたが人生の主役を歩いていい!



あなたは、ここから、

どんな顔のあなたをつくっていきますか?

今日も応援しています!

読んでいただき、

ありがとうございました。

✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎

 

 対面カウンセリング・電話カウンセリング

お受けしています。

 

 詳細はこちら 

 

 

2月のサポート受付

 

 

 

〜今日が平穏に包まれていますように〜