JAVAのデータ型には基本データ型参照型がある。

 

基本データ型は8種類。

byteshortintlongfloatdoublecharboolean

 

整数値はbyteshort,、intlong

小数点を持つ値はfloat(値の最後にFをつける)、double(何もつけない)。

char16ビットで表せる一文字(アルファベット一文字等)。

(注:代入時にダブコはダメ、シンコ(シングルクオーテーション)のみ)

booleanは論理値でtruefalseのみ。

 

byteは-128から127まで。

shortは-32768から32767まで。

概ねintで済むが、2の31乗-1を超える時はlongを使う。

 

って2の31乗-1っていくらだ→ 2147483647(およそ21億半)

ではlongの最大値(2の63乗-1)は→ 9223372036854775807

 

参照型はそれ以外(おおざっぱ(笑))。

Stringクラスインターフェイス等。