ウェディングドレスは誰が着る?

テーマ:

数日前の乙部綾子さんのオフィシャルブログ 『オトベノオシゴト』 に、
結婚式場の話が書いてあって、ふと思ったり。

やっぱりめちゃきれいですね~(^-^)(←平凡な感想(^^;)
なんていうか、厳粛な感じになりそうで、
それこそ誓いの言葉に重みが増しそうです(^^;。


結婚式場って、、、上の姉の結婚式の時に行ったきりかなあ(遠い目)。
それも、えんじぇるが中学生の時だから、もうほとんど記憶に無いし。
(↑嫌なことは早く忘れたい(^^;)

神前式だったかな、神主さんとかいて、その後披露宴があって。
父親が緊張し過ぎて親族紹介の名前を間違えたり、
誰にも見つからないように隅っこで泣いてたり。

もちろんその時、えんじぇるは学生服なんて着せられてて、
そんなことも思い出したくもないよ~な気が。
ほんとはスーツを買いに行ったんだけど、
えんじぇるの身体が小さすぎて特注になるってことで、
予算と予定の都合で急遽学生服での参加になったんだっけ。

初めて美容室に行ったのがその時。
なんか、ほんのちょっと「お姫様気分」を味わえる場所だった~。
良い匂いがして、女の人ばかりで(^-^)。

その後、結婚式場に行ったんだけど、
やっぱりが着替える時にえんじぇるは部屋を追い出されちゃったりして、
何気に疎外感を感じたっけ。

ああ、やっぱり自分は姉たちとは違うんだって。

まあ、今からでも結婚式場に行くだけなら、
今住んでる家の近くにあるので行けはするけど、中に入ることはないですよね(笑)。
えんじぇるが何をしに行くんだってことで(^^;。


基本的に小さい頃のえんじぇるの夢って、
これまた絵に書いたように間抜けな話ですが、
ウェディングドレスの花嫁さん」でした。

やっぱり笑われます?(^^;
いえ、これがマジだったりするんですよ(笑)。
もちろん、誰にも言えなかったですけど。

でもこの夢って、本当は生まれつきの女の子ならまだしも、
MTFがあまり真剣に見てはいけない夢なんだそうです。
いえ、もちろん夢を見るのは個人の勝手なんですけど、
やはり何らかの職業的な夢を見るべきだということで。

スチュワーデスになりたいとか、お花屋さんになりたいとか。

そう言えば、海外ドラマの「ER」だったかな(「CH」かも?)、
途中で恋をしてるMTFの人が出て来るんですけど、女性医師は彼女に向かって、
(その恋も)遊びだと割り切らなきゃダメよ
とかって言うシーンがあるんですけど、えんじぇるはそれを見て、
やっぱりMTFなんて幸せにはなれないのかなあ」なんて思っちゃったり。

もちろん、翻訳のニュアンスがどんな感じかわかりませんけど(^^;。

それはともかく、あのドラマでは、MTFは最悪一人で生きて行けるように、
経済的にも強くなりなさいってことを言いたいのだろうし、

実際、えんじぇるも担当医に「経済的に自立しておきなさい
って言われていましたね。

でもさ。

やっぱりMTFだって幸せなお嫁さんになることを夢見ても良いじゃん?
それこそもう、戸籍も変えられるんだし。
まあ、えんじぇる自身はもう無いかも知れないけど、
そういう幸せを掴める人も必ずいるはずだってことで。


真っ白なウェディングドレスお姫様抱っこ
えんじぇるは小さな頃からそんな夢を見ていました。
自分は男の子の身体で生まれて来たのに、間抜けにも。

でも、人間、叶いそうも無い夢こそ、強く憧れちゃうし、
どうせ憧れるだけだからと安心して憧れちゃって、
それでまた憧れは強くなっちゃうんですよね。

だから、いつかえんじぇるもウェディングドレスが着たいなあって。
いつのまにか少し、
お嫁さんになること」から、その部分だけ分離しちゃったのかも。

そのままの状態で、やがてえんじぇるはカミングアウト
ニューハーフになって、パートナーのおじさんに出会って。
だから、少し夢に現実味が出て来て、
いつか結婚式ができたら良いなあ」なんて思い始めていました。

だから、えんじぇるは「女性としての職業的な夢」を全く夢見ることなく、
ここまで来ちゃった気がします。

だけど、もう年齢的にも職業的な夢を見れる年齢でもなく。
一体、どうしたもんでしょうね(^^;。

これまたジレンマの袋小路なお話に。


当然、えんじぇるの間抜けな夢自体も叶うわけも無かったんですよね。
実はバツイチのおじさんも「結婚式なんてもう嫌だ」って言うから、
えんじぇるの間抜けな夢は、小さい頃の夢のまま、
心の棚の上に置かれたままになってしまったみたい。

お友達連中は、
写真だけでも撮りに行けば?」とかって言ってくれたけど、
おじさんはそれも嫌だって言うし。
そりゃ、えんじぇるみたいなダメで不細工なMTFと一緒にいることなんて、
あんまりばれたくないですよね(^^;。

一人でウェディングドレスを着て写真を撮る。
それもアリと言えばアリなのかも知れないけど、
えんじぇるはそれはやだなあ(^^;。
やっぱり寂しいもん。


一度は叶いそうになったけど、やっぱり叶わなかった夢。
ウェディングドレス姿のえんじぇる。
それはやっぱり夢の中にしかいないようです。




、、、、、なんつって、暗い終わり方してもなあ(^^;。

あ、お姉さまタイプの人と「二人でウェディングドレス」でも良いな(笑)。
それだったら、えんじぇるはがんばってダイエットするのになあ(遠い目)。
んで、んで、やっぱりお姫様抱っこをされてみたいです♪

ああ、無謀(笑)。

っていうか、長い?(^^;


しかし、乙部さんってピアノも弾けるんですね(しみじみ)。
すごいなあ。

えんじぇるの頃なんて、
ピアノを習うなんてめちゃお金持ちの家庭のお嬢様だけのことでしたよ~(^^;。
だから、ただでさえ、ぼんびーな家庭のえんじぇるには「習いたい」って言えるわけもなく。

でも、えんじぇるも女の子らしい趣味の一つでも持ちたいです(遠い目)。
お金のかからない趣味、、、模索中(笑)。

。。。。。

人気ブログランキングの順位は?  / にほんブログ村の順位は?  / くつろぐの順位は?