2020年5月28日(1) | ぎっちょ31  

ぎっちょ31  

蒼き時代より共に生きる

ふと、年取ったな・・・と思う

 

最近の若者は知らないであろう「石原裕次郎」

オレ等の世代は「太陽にほえろ」のボスが馴染みです

 

子供の頃は、そこいらの「おじさん」の一人にしか見えない

若いなんて微塵も思ってなかったけど

マカロニ刑事が居たドラマ初期は30代です

40にもなってないのです

 

今で言うなら

嵐のメンバーあたりが「ボス」やってるようなもんです

ボスらしくない歳ですな

 

今のご時世

昭和の時代からしたら

皆、若い

50代や60代だって、昭和の頃の50代60代からしたら皆若い

人生100年時代とは、ある意味言いえてる

 

自分がオッサンになってからは

「えーー、今のオレより一回り以上も年下かい!?」と思ってしまいます

死んだ時(52歳没)ですら、今のオレより年下なのです

後ろの角刈りのバリバリのオッサン(渡哲也)ですら、まだ45です

 

子供の頃は

高校球児が「お兄さん」と思う

20代の相撲取りはみなオッサンに見える

プロ野球選手も新人以外、ちょっとベテランの域の選手はみんなオッサン

演歌歌手はみんなオッサン&オバサン

近所の30代の若妻だってオバサン

 

でも、自分が年取ると

みんな年下

 

あらためて年取ったな・・・と思います

50年なんてアッという間です