60歳になっても50kgの魚とファイト | ぎっちょ31  

ぎっちょ31  

蒼き時代より共に生きる


テーマ:

秋にもう一度遠征することにしました

 

捕り残してきたもんを捕らないといけませんし

 

そんな個人的なことよりも大事な

できれば年末の受付で「OC135ZG」をリリースしたいのがあります

 

5月に持参した「OC135ZG」初号竿は

「縁430」の芯金を利用して「間に合わせ的」に作ったテスト竿だったのもあったので

現在、「OC135ZG」の専用芯金を製作中です

元径もUP、ロッドパワーも初号機よりもUP、「OC130ZR」に匹敵するポテンシャルに引き上げる予定です

そのテストもやっつけて、年末リリースに漕ぎつけたいのが最大目的

 

わざわざ遠い南の海まで遠征に行って

無様なヘナチョコファイトなどできませんので、トレーニングは欠かさない

 

 

以前、某バス釣りのカリスマ?が場違いにもGT釣りの取材を受けて無様なGT釣りの映像を残した記事を書いたことがあるが

まあ、無様・・・( ̄_ ̄ i)

バス屋ならバスの中だけでエラソーにしてりゃイイものを

のこのこ「畑違い」に出てきて、己よりエキスパートGTアングラーは名が知られてない者も含め世の中には腐るほどいるのに、TV内で「GT講釈」をエラソーに言える

そんな人間じゃないと、やれテスターだの、カリスマだの、自分のブランドだのは出せんわな

ちっこいGTが掛かるたびに「デカイ!」「デカイ!」と口をついて出る言葉

体は体制を崩されヨタヨタしながら片手で船べりを突っ張り耐える無様な姿だ・・・( ̄_ ̄ i)

たかが10kgや15kg程度のGTにヨタヨタ(TVや雑誌など〇〇kgなんてのもすべて胡散臭いと言っていい上底。サマになるように着色&サバ読むからね)

GT屋でもないものが無様ファイトしていながら、インタビューでは「ジム通いしてる」などと言い訳じみた講釈もしていたが

ジム通っててもヨタヨタと無様なファイトしてたら、なんの成果もね~じゃん、50kgのベンチ上げれんのかね

まあ、そのジム通いも、取材時に「カッコつけるコメントのため」で通ってる「テイ」だけくらいなもんだろ~から「ミ」にはなってない

そもそも、あんなちっこいボートからのGTゲーム

GTが掛かりゃ、船ごと引きずられるからアングラーへの負荷なんてショアGTの半分もないんじゃね

 

じゃあ、そう言うあなたのトレーニングは「巨魚とのファイトのため??」

いやいや、そうソトヅラでもいいので胡散臭くカッコつければ竿屋のオヤジっぽくてカッコイイかもしれんが

魚釣りにそれほどの熱意や人生犠牲は、オレは考えてない

大型魚とのファイトでも有利になるのは「副産物」であり「派生」である

釣りうんぬんよりも、ショボイ50歳や60歳のジジイになりたくないのが一番のモチベーション

「老化」は誰しも避けては通れない、でもポテンシャルが落ちきったジジイになるか、ハイスペックを維持した異質なジジイになるかは、本人の普段の私生活や努力でどうにでも変えられるわけだ

 

一般的なタルタルの身体の50代ではありえないようなバチバチの身体の50代で生きることにしている(笑)

GTを「掛けて~取り込み」まで「終始、片腕!」であしらうくらいの剛腕を・・・

毎年恒例になっているGT遠征を60歳になった頃にも無様じゃないファイトができるように・・・

60歳になっても100kgのベンチを5回や10回はリフトするくらいのバケモノジジイに・・・

 

100kgオーバー、もう一回食って来い!!!

 

 

 

 

ぎっちょ31さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス