「免責保証書」の有無の重要性 | ぎっちょ31  

ぎっちょ31  

蒼き時代より共に生きる

まあ、ちょっかい出すようで迷ったが

ウチの竿を中古での購入を検討してる人だっているでしょうから

ちょっと頭に入れておいて欲しいので・・・老婆心ながら、ひとちょっかいを出す(笑)

 

現在、ヤフオクの出品中らしい「OC106HH」

この設定価格は

オレ個人の意見としては・・・高いと思う

 

せめて、この金額で売りたいのであれば

「免責保証書」は付いてないとダメだと思う

 

まあ、オークファンなんかでウチの竿の相場が45,000円くらいが多いので

メタリックスレッド仕様だし・・・ってことで、それより少し高く値を付けたのかもしれんが

そんな金額で売りたいのであれば「免責保証書」は絶対付属させるべきだと思う

 

「竿袋」なんて、言うなら、あろ~が無かろ~がどっちだってイイ

大事なのは「免責保証書」なのだ

 

こんなふうに「免責保証書」が無い人ってのは

「ただの紙っきれ」って意識で「重要もの」って意識が無い人が多い

 

でもさ

 

例えば

中古で47,000円で買いました

使ってる最中に不注意で折りました(不注意以外ではそうそう折れません!!ウチのOC106HH(笑))

修理・・・

 

#1ブランク代がまるまる掛かります

 

どんなメーカーでもそうですが「部品」扱いは非常に高い

例えば60,000円の2ピース竿の#1ブランクを部品で取ると

2ピースのウチの1本だから60,000円の半分くらいか!?って~と

フツー、半分以上します

コレがアタリマエ

 

昔、55,000円くらいの他メーカーの#2を発注したら

40,000円オーバーだったので、諦めたほうがイイとアドバイスしたことがあった

 

47,000円で中古を買って、「免責保証書」も無い

もし折ってしまったら・・・

少なくとも35,000円は掛かるかな(ウチはオーダー竿なので1本1本異なります)

 

いくら???

 

47,000円+35,000円=82,000円

 

新品の「OC106HH」をオプション3,000円くらい付けたオーダーして63,000円

万が一、折ってしまったら

免責額6,000円+ガイド分解0円(免責サービス)+そのオーダー内容によっての製作工賃9,000円〜12,000円くらい=78,000円〜81,000円

 

新品買ったほ~が安い!!

なんとも、おかしなハナシ


たった「紙切れ1枚」

されど「紙切れ1枚」

 

ましてウチは「5年間」の免責保証

5年間も20,000円の差額を作れる「紙切れ1枚」があるか無いかは・・・まったく異なる


この「紙切れ1枚」を紛失する人間ってのは

多分そんな意識が無い

「1万円札2枚」なら絶対に失くしたりしないハズ!!

 

いくら中古で美品だったとしたって

「免責保証書」を紛失して無い竿であれば30,000円でも「ど~なの??」って思う

 

紙切れ1枚あるか無いか・・・大違いなのです

 

ウチの中古竿をご検討される方は頭に入れておいてください