Cast-F Model 「Z」&「ZR」納品 | ぎっちょ31  

ぎっちょ31  

蒼き時代より共に生きる

本日

キャスティング福岡店さんに発送いたしました

「Cast-F Model」(キャスティング福岡モデル)の

「OC130Z」「OC130ZR」

 

3本ずつの納品です

 

通常、キャスティング福岡店さんは

店頭販売用に「竿袋」を常に付属させるご希望ですが

今回の分は追加生産だったため「竿袋」生産ができなかったため「竿袋レス」にての販売です

 

毎回、ガイドラップくらいの簡単なオーダーで「詳細はおまかせ」なので

今回、同時に店頭に並ぶ「130シリーズ」なのでお客さんなどが手に取って継いでみたりする際に「Z」と「ZR」を間違って継がないように、または、「Z」は先に所有しているお客さんが新たに「ZR」を購入したりしたケースなど釣行時に「Z」と「ZR」を間違えないように「ZR帯」を#1ブランク&#2ブランクともに継部周辺に入れました

上3本が「Z」、下3本が「ZR」です

 

グリップもお任せだったので使用時に使いやすいような「適正長」にて製作

「Z」は約200mm、正確には195mmくらいでビミョーに200mmに足りませんが(EVA部品関係上)、スタンダードグリップ内の最大寸法(「Z」でももう少し長めのほうがデカイの掛けた時にはラクなんですがね)

ハイスペックの「ZR」は「バントラインスペシャル12インチ」(約300mm)グリップです

「そがん長いグリップ要らんやろ?」とお思いの方

体力の限界でファイトするようなデカイ魚(ヒラスにしたって、GTのような遠征対象魚にしたって)を掛けたことないのです

 

前にもサンプルにした剛腕&GT百戦錬磨のベテランFさんですら

掛けて間もないウチは人間にも体力あるのでココいら握ってたってファイトできます

 

魚も横走りを本格的にし始め、人間側もキツくなってくると

ちょっと遠くなりましたね

 

もうすでにグリップエンドから掌は落っこちています

 

もう、グリップじゃないトコ(ロゴ部分)握ってます

 

ね!?

 

ウチの「イチサンマル」に当てはめると

「Z」だとロゴ握んなきゃならないけど「ZR」だとまだグリップなのです

 

そして「ワンハンド」だけじゃないケースも多々発生するのです

 

竿のポジションキープのために手を添える

(グリップじゃないとこに手を添える・・・その1)

 

人間もバテた頃に、走られ方によっちゃ竿を支えながら人間も走ることも標準装備

(その2)

 

時にはFグリップをワンハンドではなく両手で握って支えることだってあります

ファイトの終盤になればなるほど人間側もバテます

 

バテれば尚更、Fグリップの先のほうを握るほうがラクなのです

 

Fさんとは比べもんにならないくらいGTキャッチ数は少ないオレの場合も

先のほうを握ってますが、12インチグリップだとまだグリップ位置です

 

同行したM君、かなりバテてて竿支えるのがキツそうなのが手に取るようにわかりますが

Fグリップエンド付近を握ったらも~~少しラクになるんです

(彼の130ZRも12インチバントライングリップです)

 

「Z」でもGTはフツーに捕れる竿ですから

 

「Z」もFグリップは長めのほ~がイザって時に助かります

 

そんな「Z」&「ZR」、明日にはキャスティング福岡店さん店頭に並ぶかと思います