6万以下「OC106HH」 | ぎっちょ31  
新型コロナウイルスに関する情報について

ぎっちょ31  

蒼き時代より共に生きる

先月、たまたま「あじか」のM船長と会った時に

オレ:「どがんね、最近の男女は?」

M船長:「いや~、客が少なかですよ」

オレ:「この時期、オナガ狙いの客もおらんとね?」

M船長:「それが少なかとですよ」

オレ:「ルアーの連中は?」

M船長:「いや、おらんですね。だいたいマグロが男女周辺にあんまおらんですもん」

オレ:「あ~、ルアーの連中は「釣れよる!」って情報が無けりゃ動かん連中が多かけん尚更来んたい、来月になりゃ底物の連中は来出すっちゃなかや」

そんな会話をした

 

数年前は「ココは一体どこだ??東シナ海ど真ん中の離れ小島の光景じゃない」ってくらい下赤&沖赤周辺の水道周辺の磯はベラリルアーマンが並んでいた

たいして釣れなきゃ高い金出してまで行くヤツは少ないワケで、ルアーマンの男女ハヤリもひと段落したようだ

まあ、また「アタリ年」になって、「昨日も釣れた、今日も釣れた」になると上がる磯も無いくらいまた流行るんだろうが・・・

 

そんなワケで

ルアーマンは、まあ船長の瀬割りもあって下赤周辺や帆立などの潮流と回遊の可能性が高い水道周辺に上がって回遊待ちのいわばバクチ釣りになるんだが

ルアーマンがベラリ並んでる磯周辺には一切マグロやヒラスの気配が無く

石鯛狙いであがった、ルアー連中のノーマークの磯の石鯛師の目の前でドッカンドッカンとマグロが出てたり、人間クラスの大型ヒラスが瀬際で捕食に浮いたり・・・皮肉にもそんなパターンも多い

 

だからね

必ずしもルアーマン連中らの一番人気の下赤周辺に上がれなかったから「終わった・・・」とは限らない

まあ、うっと~しいルアー小僧に限って堤防シイラや堤防ヒラスにも顕著に表れるように「場所命」で前日から場所取りに泊まり込んで地元民や他のアングラーなどとトラブルを起こすマナーの悪い連中も多い

たしかに「ベター」な場所はあるだろうが

そこの入れなかったからといって「それがすべて」ではない

しかし、ヘタっぴに限って必死で「場所」を狙いに来る

 

そんな光景が嫌気がさして

最近ハヤリだしてからのヒラス釣りにはウロチョロしなくなった

 

今回「OC106HH」をオーダーしたオッチャンは、もう定年したような底物師のオッチャン

以前から知ってるんだが

男女も永い経験者で、これまでも男女で石鯛釣りをしているとやはりヒラスやマグロに出くわしていた

そして、去年もなんの変哲もないルアー連中からしたら完全ノーマークの磯に石鯛釣りで上がっていたら

その石鯛釣りをしている瀬際に亀が泳いでいたそうだ

まあ、亀といってもデカイやつじゃなくて子亀だったんだろうが

その亀に突然下から巨大な影が浮いてきてその亀を加えて消えていったそうだ

人間くらいあった「ヒラス」だったとのこと

それを帰りに船長に話したら「サメじゃなかとですか?」と言われたそうだが

「な~んが、間違えるとね!ありゃヒラスやった」

まあ、亀だって小さけりゃ捕食対象だろ~しね・・・

しかしまあ、亀食うヒラスって・・・夢膨らみますな

まあ、カンパチの可能性もあるかもしれないけど

 

「アレを掛けたいけん、どがん竿があるね?」

と聞かれた

「OC106HHが定番で、プラグていうて大きなルアーば引っ張りよるでしょ?アレを引くにも穂先がしなってくれるから引きやすいですし、掛けた後もバットのパワーはありますから10kgでも20kgでも捕れるハズですよ。まあサイズがデカくなると「運」もなけりゃ捕れませんけど」

とアドバイスしたら

注文して帰って行きました

 

「いろいろせんでよかけん、オススメの仕様で作ってくれんね」

ってことで

「じゃあ、最近は#16トップでオーダーする人が多かですけん、#16にしてあとはほぼスタンダードでピン無しで作れば少しでも安くなりますよ」

そんなワケで

だいたい4~5千円くらいオプションオーダーが乗っかって購入されるご贔屓さんが多い中

59,000円にて「OC106HH」

 

#16トップ仕様(#12箇所を#16トップ&#16×3個に変更):+1,000円

 

フルピンスト無し(ガイドラップ&ロゴ周辺のピンストの飾り無し):▲4,000円

 

ブラックバック塗装(ロゴ部分を黒塗装してからロゴ入れ):+1,000円

 

20cm以上のFグリップ:+1,000円

 

リールシート&Rグリップ周辺:オプション料金無し

 

OC106HH オーダー製作価格:59,000円