47リッター | ぎっちょ31  

ぎっちょ31  

蒼き時代より共に生きる


テーマ:

先日、福岡まで走る前に

影業車「260RSR」にガソリンを満タンにして

戻って来て、また満タンにした

 

その量「47リッター」

 

このガソリン量で「232km」しか走らない

 

リッター5キロを切っている

 

それも、信号待ちや発進&停車を繰り返す街中じゃなく、西九州道を含む長距離走行ででも10キロや15キロという燃費ではない

 

しかし、やはりこの燃費&ポテンシャルは

「並のワゴン車」ではなく

踏めばメーター振り切りまで一気!!メーターの針は最下段に張り付く

180じゃ足りない・・・( ̄_ ̄ i)

 

しかしな・・・

やっぱナリがワゴン車だと

そこいらにいくらでもいるマフラー&フルエアロ、見た目重視のサススペックも無い見た目重視の車高調入れたコーナーに突っ込んだら何処飛んでくかわからないよ~なシャコタンの、そこいらのフツーのカスタム車と一緒に見られ、ナメられる

こんな車乗ってても、そうそう田平~福岡間を終始ブリブリ走っているワケではない、そんな公道の走り方していたら免許がいくらあっても足りない

なので、ちょいと意識した張り付かれ方された時くらいに一瞬だけ遠ざけて、イッキにルームミラーで「点」にしてやる

その後普通に走っていると・・・しばらくしてまた追いついてきたらまたこちらを明らかに意識した張り付き方をする

意味がわからない・・・

直線だって、コーナーだって、普通の車じゃ相手にならないのに・・・

 

ナリはワゴン車だが「260RS」と解ってる車ツウの人間は初めから相手にしないのだが

ヘタになんも知らない輩は張り合ってくる

「ワゴン車がいきがって元気に走ってやがる、型遅れの骨董ワゴン車のくせに・・・ちょっとちょっかい出してやれ!」くらいなもん

ただの「260RS」だって相手にならないのに

チューンドの「260RSR」

もちろん180で効くうっと~し~リミッターなども無い、中間加速もただの「260RS」とは比較にならない

 

それでも、フツーの車がこちらを意識した張り合いをしてくる・・・( ̄_ ̄ i)

 

後ろ姿がマフラーから火でも出しながら走ってると、少しは「違う」とわかってくれるんだろうか!?

バフ!バフ!火でも吐くか!?

チューンドのウチの影業車なら簡単に火吐くよ~な小細工できる

 

 

人も車も

特に車は「ナリ」で判断される

世の多くのドライバーは、フルスモークの黒塗りベンツにはあまり関わらないとしたって、軽自動車には強気に出る、まして自分の車のグレードが上なら上ほど

軽バン乗ってたころは脇道から大通りに入る時や、割り込む時などナメられっぱなしでストレスになってたが

この車に替えて、コレはコレで少々ストレスが溜まる

 

「異質」と理解する者は少ない・・・

 

 

 

 

ぎっちょ31さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス