ルアーも底物も | ぎっちょ31  

ぎっちょ31  

蒼き時代より共に生きる

影竿を選んでくれてる人の判断基準はわからないが

オレが竿師という「当事者」でなく、客観的に考えてみて
影竿は何が他と違うのか!?
影竿の何がコアコンピタンスなのか!?

客観的に考えてみると

ルアーだけやってるメーカーやショップは他にもある
石鯛だけやってるメーカーやショップは他にもある

これが両方、ってなると巷には一気に無くなる

まあね
組織がデカくなって「大きなメーカー」となると
「分業」体制のような性質が強くなる
ルアー竿の分野の担当者が石鯛釣りまで考えなくてもよい
製造現場にも職人気質の竿師は無くてもよく、糸巻き作業を覚えた工場のオバチャンが指示されたような巻き作業をすればイイわけです
まして「親分(そのメーカーの舵取りする人間、大きければ社長しかり、小さければ竿師しかり)」が自社が扱う竿のジャンルすべてに精通することも不要であり、そうそう不可能でもある

大手メーカーは竿を作る人間は誰だっていいのだ

しかし、規模が小さくなればなるほど竿を組む人間がその釣りに精通してるかしてないかは非常に重要な要素になる

いつも言ってることだが
竿を「カタチ」にすることができる人間は世の中いくらでも居る
そう、ただ「カタチ」にするという意味でだ

イカ竿しか組んだことが無いし、釣りもイカ釣りしかやったことが無い人間に石鯛竿を作ってもらおう!!・・・と思うか??
「思うよ」という変わったヤツも居るかもしれないが、決してイイ竿は出来ない
その竿を組む人間にも、いろんなものが「見えてない」

やはり「竿を組み立てられる」という「だけ」ではダメなのだ



総合的なタックルを製造販売している大手メーカー以外では
ルアー竿の専門メーカーというのは全国いくらでもある
しかし、そのメーカーの「畑」はプラスチック投げるだけしか知らないことがほとんど
「フカセ釣り」は!?「カゴ釣り」は!?「投げ釣り」は!?「石鯛釣り」は!?・・・一気にド素人になる
総合メーカーのような大手は「分業性」が顕著になるし、大量生産大量消費のがメーカーとしての存続であって1個1個の品に職人の魂を入れる必要も無い、業界の「棲み分け」で大手は大手で必要である
しかし、全国各地にある中小メーカー、ルアーロッドならルアーロッドしか作ってない専門メーカーというのが多く存在する

そんなルアーロッドしか知らないメーカーは石鯛竿を作ったらいけない
まあ「イケナイ」ということはないが「迷子」になるだろう!?

少なくともそんなルアー専門メーカーの「親分」でもあるジャンルのルアー釣りには精通していたりするのが普通
「親分」は「社長職」だけで竿は誰か別の人間が組んでいたりOEMでどっかの工場で作っていたりしててもイイが、少なくとも親分自身がその竿のジャンルの釣りは精通しているべきである
コレを親分の畑違いまで手を広げ自社の竿のバリエーションを増やすなどになると、巷でそのジャンルからアングラーを見つけて来ていわば「テスター」として竿の開発などにも意見を聞く
まあ、コレでもイイんだが親分自身が畑違いなら、自社の竿がどんな方向性に向かってるのかすら「迷子」になる可能性もある
巷で見つけてきた一人や二人程度の人間の釣りスタイルや癖や好みが自社の竿の方向性と決まってしまう・・・それが良かれ悪かれ
自社の「顔」でもある「どんな竿か」というのが巷で見つけたいわば「赤の他人」の好みになってしまう危険性がある
親分が親分自身もやってきた釣りのノウハウで「ウチの竿はこんな竿で行く!!」と決めて、それが世間で受け入れられ大ヒットして儲かるならそれでイイ、ほとんど受け入れられなく竿も売れなくて会社を閉めたでもそれは自分のベクトルで作った竿が売れなかったのであきらめもつく
しかし、巷で見つけてきた「いちテスター」のアレンジで煮詰めた竿が自社竿のイメージになるのも、その竿が売れるor売れないに掛けるのもどうかと思う
テスターも含めて開発するにしても、せめて親分は自社の竿が進もうとしてる方向性が解ってないとイケナイと思う
まったくの「畑違い」だと「私は誰?ココはどこ?」の「迷子」になる可能性もある


だから
プラスチック投げる道しか知らんメーカーが急に石鯛竿を作ったらイケナイのだ

まあ、百歩譲って、作ったってイイが
けっしてイイモノというは出てこない

オレはそう思ってる



影竿は
竿を組んでる竿師自体が
ルアー釣りも巷からもそこそこ認められる実績と経歴
石鯛釣りも巷からそこそこ認められる実績と経歴
どちらも、実際に竿を組む人間が知ってる世界

これが影竿のコアコンピタンスなのだと思う
自慢じゃなく、客観的に「なぜ、ウチを選んでくれてるのだと思う?」と考えた場合だ



そんなことも背景にあるので
ここ数年、新しく付き合いだしたご贔屓さんの中には
ルアーだけでなく石鯛釣りも始めた人も多い

プラスチック投げる道しか知らないメーカーは世の中「選ばなきゃならんほど多い」
石鯛釣りしか知らないメーカーもまたある
どっちも、やってて、竿を組む竿師自身がどっちも精通してる
(自分で「精通」も無いと思うが(笑))
これを求めると
全国レベルでも一気に無くなる

そんなんでウチを選んでくれてる人も多いと思ってる


今回も
話したことは無いが、おそらくは以前はルアーオンリーの千葉県のご贔屓さん
今回「狙撃545-V8 COLD BORE SHOT」をオーダーしてくれました
まあ、地域柄この竿を選ぶことも理解できるな(笑)











詳細は「アメンバー限定記事」にて・・・