葛飾区 東栄薬局 マジシャン 店長のブログ

葛飾区 東栄薬局 マジシャン 店長のブログ

東栄薬局、管理薬剤師 マジシャン 店長のブログです。日々の生活・健康情報・薬局の出来事を書きたいと思います。
営業時間 月~土 あさ9時からよる8時
定休日 日曜・祝日
葛飾区東金町3-20-12 TEL03-3627-3593

Amebaでブログを始めよう!


毎年6月1日~7日は「薬局へ行こう!ウィーク」です

薬局へ行こう!ウィークは、健康づくりのために気軽に薬局を利用してほしいという

思いから、6月1日~7日に開催されます。

ウィーク中は、薬局によって骨の健康度や血管年齢などの測定ができたり、

健康セミナーが開催されたりします。もちろん、処方せんはいりません。

この機会にお薬のことだけでなく、気になる体のこと、健康のこと、介護のことなど、

なんでもご相談ください。

ぜひお近くの薬局に足をお運びください。

店舗により開催日、開催内容は異なります。

特設サイトの「参加薬局一覧」からお近くの薬局を検索してご確認ください。

■「薬局へ行こう!ウィーク」特設サイト

「薬局へ行こう!ウィーク」特設サイト

>> http://www.e-classa.net/week/index.html


よくかぜ薬を買って使用期限がOO年OO月までと書いてあるとこの期限まで大丈夫なんだと思いがちですが、これは大きな間違いです。

この使用期限はあくまで未開封の状態なので、開封すると期限は短くなります。

目安として開封後、添付文書に記載されている通りに適正に保管されていることを条件として・・・

               使用可能期間(目安)

 瓶入りの錠剤やカプセル→1年以内

 PTP包装のアルミパック入り→半年以内

(吸湿による変質を防ぐためにアルミパックにしてある為,開封後の使用可能期間は短め)

シロップ剤→6ケ月以内(冷蔵庫で保管)

目薬→3ケ月以内(冷蔵庫で保管)        

外用薬→1年以内(フタをしっかり締めて室温保存)       

ぜひ覚えておきましょう!


待ちに待った春。とてもうれしいはずなのに、頭痛に悩まされたり、日中うとうとしたりしていませんか。「木の芽時には体調不良になりやすい」といわれるように、本格的な春に向かうこの時期は、体調が崩れやすくなります。体調管理を心がけましょう。

不順な天候は片頭痛を起こしやすい

「春に三日の晴れなし」ということわざのとおり、この時期は高気圧と低気圧が交互に通過します。めまぐるしい気圧の変化は体調にも影響します。そのひとつが片頭痛です。気圧が下がると私たちの体は微妙にむくんできます。むくみは脳の血管にも及び、脳血管の周りに張り巡らされた三叉神経を刺激し、片頭痛が起きることが多いといわれています。また、この時期は、急激に気温が上がることがあります。気温の上昇は脳の血管を広げ、これもまた三叉神経を刺激し、片頭痛を生じやすくします。

頭痛もちの人は天気予報をチェックし、気圧や気温が大きく変化しそうなときには、あまり無理をしないようにしましょう。最近は、さまざまな頭痛薬が出ています。それらを上手に活用するのもよい方法です。

朝起きたら日光を浴びて体を活動モードに

春はつい眠気を催す季節です。その理由には諸説あります。例えば、気温が上がって血管が拡張し、体の奥の熱が下がって熟睡できるようになり、朝の光が入っても目覚めにくくなるという説、暖かくなると体の活動が活発化して新陳代謝が盛んになり、ビタミンが不足して眠気が促進されるというビタミン欠乏説など。

朝起きたら日光を浴び、体に活動期が来たことを知らせましょう。毎日決まった時刻に起床し、寝床に入る、三度の食事を決まった時刻にとるといった規則正しい生活も、快眠を得る大事なポイントです。

なお、日中耐えがたい眠気があり、短い居眠りを繰り返すなどの症状があるときは過眠症が疑われます。睡眠外来などを受診するとよいでしょう。

春の“隠れ乾燥”がかゆみを引き起こすことも

冬の空気の乾燥はよく知られていますが、春も思いのほか乾燥しています。ただし、冬は乾燥が何日も続くのに対して、春は唐突に一日だけ湿度が非常に低くなるという特徴があります。春の“隠れ乾燥”は、時に皮膚のかゆみを引き起こします。入浴後には保湿クリームをたっぷりと塗るなどして、皮膚を乾燥から守りましょう。

体調について気になること、不安なことなどがありましたら、お気軽に薬剤師にご相談ください。



<イラストレーション>堺直子



使用期限や有効期限は、通常では余裕をもって設定されています。実際上は少々期限をすぎても十分使用に耐えると思います。しかし保証はでないと言うことです。

もし期限の切れた製品を使用した場合、

①成分が分解してしまい、効果が落ちる。

②分解物を生じていて、それによって予期しない副作用が出 る。

③雑菌で汚染されていたために、その菌に感染するというよ うな事態を引き起こす可能性がある。

みなさん注意しましょう!