コンディショニング11(動作実験) | Ghost Riponの屋形(やかた)

Ghost Riponの屋形(やかた)

 お気に入り動画の整理&保管庫


テーマ:
$Ghost Riponの屋形(やかた)

バイファイラーコイル作成用のフェライトロッドΦ10-180mm↓ですが、
http://ameblo.jp/ghostripon/entry-10416672532.html
シオヤ無線電機商会で売り切れですた。1月に、180mmだけ買占めがあったらしい。
それにしても、店のおっちゃん喜んでいたな(笑)
入荷は4月くらいで、数量は1,000本くらい入荷するので待っててくださいとのこと。
すぐ欲しい人は、他を当たるべきと思います。
それと短いロッドをつなげる方法は、機能的によろしくないとのコメントでした。
(フェライトに拘らず、ソレノイドのように鉄芯でも良いような気がしますが)


経過報告(メモ)
1~4回目 : ガス少なめ。水の黄ばみもほとんどない。
5回目 : 高いアンペアで、ガスが出だす。水に黄ばみが出だす。
9回目 : 2.5A以上から、小さい泡がでるようになる。
12回目 : 1.0Aでも、小さい泡がよくでるようになる。
14回目 : 0.5Aでも、小さい泡がでるようになる。1.0Aでガス増加。1.5Aで煙のような泡が出だす。
15回目 : アウターパイプの泡が少し減少したかもしれない。
16回目 : 1.0Aで煙のような泡がでるようになる。
17回目 : 変化がないような。
18回目 : 1.0Aで分解量が増えたような。
19回目 : 変化がないような。
20回目 : 0.5Aで煙のような泡がでるようになる。
21回目 : 2.0Aと15回目の3.0Aが同じ分解効率な印象。
22回目 : 1.5Aが煙のような泡がメインになった。(小さい泡が減る)
23回目 : 0.5Aで大きな泡もでる。(泡がパイプから直接水面へ)
24回目 : 1.0Aで分解量が増えたような。
25回目 : 1.0Aで煙のガスがたくさんでるようになる。
--セル組立て--
28回目 : ブラウンマック発生→以後(B)と表記する。
29回目 : (B)変化がないような。
30回目 : (B)1.0A~FETがほんのり加熱。バイファイイラーは冷たいまま。
31回目 : (B)ブラウンマックの量が増えたような。
32~34回目 : (B)特に変化無し。周波数によってFETが発熱するようだ(ほんのり)
35回目 : (B)1.0Aで大きな泡(速い上昇)がたまにでるようになった。
36回目 : (B)0.5Aでも大きな泡(速い上昇)がたまにでるようになった。
37~40回目 : (B)変化がないように見えるが、ガスは徐々に増えている印象。FETが1.0A、1.5A、2.0Aで発熱。
--コートの剥がれが発生--
41~44回目 : (B)大きい泡が出るようになったが、コートの剥がれが多い。ガスの量は減っていない印象。
--セル分解戻す--
45回目 : 小さい泡が減って大きい泡が多い。コートの剥がれが多い。
46~60回目 : ほとんど変化無し。コートの剥がれがたまにでる。

大きい泡>泡>小さい泡>煙のような泡 (現れる泡のサイズ)


60回目 12V-1A



テーマ:実験のまとめ
http://ameblo.jp/ghostripon/entry-10428585367.html
ブラウン・ガス(水で走る自動車)関連リンク集
http://ameblo.jp/ghostripon/entry-10368895283.html

ゴーストライポンさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス