保育園 条件 | 日常の覚書

日常の覚書

日頃から感じていることを綴っています。


テーマ:
うちの子は現在、俗にいう待機児童というやつです。

2年ほど前から保育園入園の手続きをしていますが、さっぱり決まらず
奥さんは育休の期限が切れたため退職することになってしまいました。

つまり、一応育休といえども会社に勤めている状態にもかかわらず
保育園に入ることができなかったということです。

保育園の保母さんに聞いたんですが、保育園に入れる条件の一つに
両親ともに月の労働時間が120時間というのが暗黙の了解で目安として
設定されているという話です。(本当かどうかは定かではありませんが)

自分はもちろん超過していますが、奥さんは計算したところ残念ながら
時間を満たしていなかったので、このあたりがネックになっていたのかも
しれません。

ただ、こうなってしまうと退職をしなければならなくなってしまうので
今後、ますます保育園入所の道は閉ざされてしまいます。

このあたりは何とかして欲しいものです。

しかし、最近は質の悪い保育園も増えているらしく安心して預けられない
事も多いそうなので、変なところに預けるくらいなら待機児童のままで
良いという気もしています。

まあ、うちの場合は幼稚園に入れる歳までに保育園が決まることは
なさそうなので、幼稚園に行くことになりそうですが。

マサさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ