Outland Preview (IGN)


海外サイトの紹介記事の適当直訳です。

正確な文を知りたい方は上記のリンクからお願いします。



ヘタレによるだらだらゲーム戦記-Outland


Super Stardust HDは、我々にとって初期のお気に入りのPSNゲームだった。ディベロッパーであるHousemarqueは、PSNのためのzombie blaster Dead Nationの準備に忙しかった。しかし、それが取り組んでいるすべてではない。彼らはPSNとXBLAのために、UBIソフトと共にOutlandも開発している。斑鳩の白黒切り替えのようなシステムを持つプラットフォームアクションであるOutlandは、今週末PAXで公開される。しかし特別に、それよりも早く教えるよ。


Outlandは、プリンスオブペルシャやOut of This Worldのようなレトロなプラットフォームと、斑鳩の色の切り替えショットを取り入れたようなものと言えばベストかもしれない。あなたは青々と密生したジャングルを探検し、アクロバットな男を操作する。2Dのゲームだが、ざわめく枝とカラフルな野生動物のいる背景には、すばらしい深いセンスがある。すべてのキャラクターのアニメーションは本当にすばらしい。


ヘタレによるだらだらゲーム戦記-Outland


我々のヒーローは、光と闇のフォームに変化することができる。それはその地のモンスターを殺害したり弾幕を回避するために彼が利用する必要のある能力だ。ちょうど斑鳩であったように、彼は反対の色の弾丸からダメージを受ける。だが同じ属性であれば影響はない。そう、もしあなたがいきたい場所があっても白い弾丸でブロックされているなら、白に変えるだけで無傷で通過できるんだ。斑鳩のように多色の弾幕の中を動くために、前後に素早く変化させなければならない場合もある。


戦っている敵に関しては、逆の色を持つ敵にのみダメージを与えられる。黒いクモを打ち負かすためには、白になる必要があるんだ。最初はエネルギーの剣から始まるが、やがてはスライド攻撃やアッパーカットのような他の能力も覚えていく。


また、周囲の特定のオブジェクトはあなたの属性に反応する。あなたが闇の時エレベーターは上がり、あなたが光の時エレベーターは下がる。あなたが特定の色である時、浮かんでいる場所にあなたの重さが影響するかもしれない。


ヘタレによるだらだらゲーム戦記-Outland


フィールドは広大で、分岐する無秩序に広がったエリア、extra health heartsを見つける隠し要素等がある。各エリアはボスによって守られ、スクリーンいっぱいにたたずむ、ゴーレムと呼ばれるベヒモスを初期に見るだろう。ゴーレムは「闇」。そう、あなたが光である時にしか、ダメージを与えることができない。彼は巨大な棍棒を持ち、定期的に地面に打ち込んで、あなたのほうへ衝撃波を送ってくる。けれども、そこで彼の棍棒は抜けなくなる。なので彼の頭まで飛んで、2~3回攻撃することが可能となる。あなたが十分なダメージを加えると、彼は光と闇のコメットを引き起こし、あなたに雨のように降り注ぐので、避けなければならない。


物語は、ジャングルを進んでいくことでプレイヤーに示される。開始時にあなたが知っているすべては、主人公がここで行われているある種の戦いになんらかのビジョンを持っているということだけだ。彼は紛争を解決できるただひとりの人であるという感覚でジャングルに惹きつけられるのだ。


Outlandは来年まで配信されないだろう。しかし、すでにすばらしく見えた。私はそれをプレイすることはできなかったが、Out of This Worldに小さな斑鳩を放り込むというアイディアは、確かに興味をそそられた。



以上です。


ライトとダークは勝手に光と闇って訳しました。

弾丸のスプレーを弾幕って訳したけど、

弾幕シューティングレベルで考えるとダメだと思いますw

光と闇のコントラストが美しいOutland。

プレイステーションネットワークとXboxLiveアーケードで配信予定。

配信日はまだTBA(未定)ですが、来年中には来そうですね。