コエタスより、株式会社 田中製材所 様の「万能米ヒバパック(2パック×6袋入りの12パック)」をお試しさせて頂きました。
この度はモニターに選んで頂き、ありがとうございました。

ゆうパックで到着したのですが、封を開封しただけでおが屑の良い香りが広がりました。


そももそも米ヒバって何なのか、というところですが、以下抜粋です。↓

   シロアリ耐性を持つベイヒバは家屋の土台部分によく使われています。また、ダニ類・ゴキブリに忌避作用を持っており、ダニのエサとなるカビ発生の抑制を行います。

らしいです。知らなかった!
米ヒバに含まれる、ひば油・ヒノキチオールなどの成分を有効活用するために、そして入浴の友として開発された、こちらの商品。
米ヒバの、おが屑のみをパック詰めすることにより、あらゆるシーンで効果的に活用できるそうです。


ひば油・ヒノキチオールについて、以下に抜粋しておきます↓

米ヒバ・青森檜葉(ヒバ)・翌檜(あすなろ)・台湾桧に多く含有し香りの成分である中性成分と、抗菌成分である酸性成分(ヒノキチオール)とで構成されています。
ヒノキチオールは極めて殺菌力に優れ、菌種を問わず抗菌活性があり、水虫にも発育阻止する働きがあります。また、耐性菌が極めて出にくい事により、長期間使用できるという特徴を持っています。 急性毒性は極めて低く、薬剤濃度に依存せず、突然変異誘起作用はほとんどない事が確かめられています。また、平成元年度に天然添加物リストに食品保存材として新規認められています。


説明が長くなりましたが、いろんな使い方ができるということで、まずは開封!
説明書がついていて、どこにどう使用したら良いか分かりやすいです。
一番興味があるのは入浴剤としての使用。
ですが、まずは臭いや防虫が気になる下駄箱、クローゼットから使用してみることにしました。


ちなみに、一袋に2パック入っています。
手のひらより大きいくらいのサイズで、惜しみなくずっしりと入っていて、おが屑の香りが広がります。
米ヒバのおが屑のみを、丈夫で破れにくい繊維素材でパッキングしているので、どこでも安心して使用できます。



靴の中、下駄箱に入れてみました。
人工的に消臭、防虫しているのではないので、安心感があります。
靴は何となくですが除湿もしてくれてるような?
靴も下駄箱も嫌な臭いを吸収してくれて、玄関が爽やかになったように思います。
ヒバの成分で変色することがあるらしいので、ガーゼ等に包むのがよいそうです。
(靴と下駄箱だからいいか〜と包んでませんが)
車内・下駄箱等で使用の場合、”匂いがなくなるまで”を使用期間としています。(2~4ヶ月ぐらい使えるみたいです)



季節外の布団入れ、クローゼットにも入れてみました。
ヒノキチオールは、極めて強い忌避作用でダニ類を寄せ付けず、防カビ効果にも優れた成分、体にも非常に優しい成分なので、市販の防虫材を購入するより効果的かも!?
上述しましたが、衣類等に接触する場合はガーゼ等に包む必要があります。


メインで使用したいと思っていた、入浴剤!
見た目の湯船の色は変わりませんが、ヒノキ風呂に入っているかのような良い香りがします。
子どもが喜んでモミモミして、エキスを存分に出してくれました(笑)
そのおかげか、風呂上がりの肌がサラッとしていました。
ヒバ湯(!?)に入った後はクリーム等を塗る必要がなく、カサカサなうちの子も私も、乾燥しない肌に感動です。

浴槽に入れて10日前後は、体内から悪い物質が出るらしく使い始めは肌が荒れる事があるそうです。
個人差はあるものの、2~3週間前後で治まるようです。

こちらの商品に出会うまでは米ヒバを知りませんでしたが、こんなに効果があって用途もある、画期的な商品だと思いました。
おススメです!