プレイステーション2


■バンプレスト

POISON PINK ポイズン ピンク

POISON PINK 公式サイト


PS2からはバンプレストとフライトプランの御馴染みタッグ、

「PS2:ポイズンピンク」に動きがありそうです。


ジャンルは本格派シミュレーションRPGで、

サブキャラクターや魔神のデザインに著名クリエイターを起用。


戦闘はターン制で行なうタイプではなく、

各ユニットに設定されたSPD値順に行動するシステム。


特徴は100種類を超える魔神を捕獲し、

ユニット化もしくはアイテム等に変換する事。


また、複数用意された主人公ごとにストーリーが違い、

それぞれの主人公で楽しめるという事。


新規タイトルですがこのダークな世界観や、

バンプレ×フライトプランの実績を考えると、

そこそこの動きをするものと思われます。



その他のPS2タイトルは、

「キミキス」「WWE」「ダ・カーポ」など。


キミキスが予約率も高く動きがありそうですが、

初動のみの動きになりそうです。



ニンテンドーDS



■バンダイ

デジモンチャンピオンシップ

デジモンチャンピオンシップ 公式サイト


本作ではデジモンチャンピオンシップの頂点に立つため、

デジモンの捕獲、育成、バトルの流れを繰り返す育成ゲームです。


DSでのデジモンタイトルは「デジモンストーリー(平成18年6月発売)」、

「デジモンストーリー サンバースト&ムーンライト(平成19年3月発売)」が、

いずれも長期にわたるリピートで20万本規模の出荷実績。


バトルがオートで行われるため子供でもある程度楽しめるかも。


最近は男児向けタイトルが不足がちでしたので、

ちょうどいい時期での投入となりそうです。




■タカラトミー

NARUTO-ナルト- 疾風伝 大乱戦!影分身絵巻

NARUTO-ナルト- 疾風伝 大乱戦!影分身絵巻 公式サイト


今週は男児向けにもう1タイトル。


「DS:NARUTO-疾風伝-大乱戦!影分身絵巻」は、

今までのNARUTOシリーズ「大結集」「RPG」とは違い、

両方のシリーズを集約したアクションRPGです。


DSでのNARUTOシリーズでは乱発&マンネリで、

売り上げは下がる一方というさびしい状況。


そんな中での発売ですし本作は大事な役目を担ってそうです。



その他のDSタイトルは、

「ときめきメモリアルGirl'sSide2nd」「北斗の拳」など。


昨年発売された「ときメモGS」もプチヒットしましたし、

2ndもぼちぼち動きがありそうです。



Wii

メダルオブオナーにザッパー同梱版があり品薄。

プレイステーション3

Xbox360

マルチのWWEのみ。

プレイステーションポータブル

メダルオブオナーのみ。


感想


ポイズンピンクに予約が集中して動きがありそう。


とはいえロングセラーかどうかの見極めは難しく、

深追いには気をつけたいところです。