先週発売の新作動向


アナザーセンチュリーズエピソード 3 ザ ファイナル


先週発売タイトルの中で群を抜いて1位を獲得したのは、

20万本に迫る勢いの「Another Century's Episode 3」。


難しいアクションながらもファンを惹きつける仕様など、

ちょっとしたリニューアルも功を奏したのではないでしょうか。


週があけて勢いが止まるかと思ったのですが、

予想よりも動いているのにもびっくりです。


PS2市場はパワプロやウイイレなどの動きも良く、

もしかしたら「これしかない需要」の傾向かもしれません。


中古ソフトも昔の安価タイトルが案外動いていたりと、

ゲームはやりたいけど新作は大作以外良い物が無いという事かも。


それはそれで寂しい事ですが。


まだまだ次世代機に移行しないのでしょうか。



グランド・セフト・オート・リバティーシティ・ストーリーズ


新作2位は2万本弱の販売数で「GTA」ですが思わぬ不調。


海外輸入版がかなり前に販売されていた事や、

PSP(日本語)版が先行発売されていた事も影響したのでしょう。


内容的に新鮮味が無くなったのも痛いかも。


長く売れるタイトルとはいえ在庫を多く持つ問屋が、

早めの処分と言う事で卸値は下落中です。


店頭でもベスト版を待たずしてベスト以下の価格になるやもしれないですね。



機動劇団はろ一座 ガンダム麻雀+Z


販売数は1.5万本ですが初週としては悪くない数字を記録し、

新作3位に輝いたのが「ガンダム麻雀+Z」です。


前作もガンダムファンを中心に長く売れましたので、

データ上良く売れていた店は厚めの補充が必要かもしれません。


最近DVDでZガンダムを1話から見ているのですが、

今見るととても新鮮さがあり面白いです。


さすがガンダムといったところです。



その他の新作ではシータやリゼルクロスがほとんど動かず。


販売促進費を抑えたタイトルは結局こんなものですかね。



先週の旧作の動向


ファイナルファンタジー・クリスタルクロニクル リング・オブ・フェイト


アクションRPGながら好調を維持しているFFCCRoF。


累計販売数が30万本を突破し、

今後の伸びにも期待できる動きとなっています。


待望の再出荷も行われたようですので、

どこの店頭でも見かける事が多くなりましたが、

なかなかな動きを現在もしているようです。



戦国無双2 猛将伝


無双シリーズなので当然なのですが、

長期的な販売が記録されており累計販売数は25万本に到達。


最近思うのは、

コーエーは無双が無かったら今どうなってるんだろうという事。


いや、考えたところで何も起こらないんですけどね。



マリパ8が3万本弱を販売し累計80万本一歩手前、

準新作のブレイドストームが約2万本を販売し累計8万本、

何故、と言いたくなるサモンナイトは1万本に届かず累計も3万本弱。



ハードの販売動向


2007年始まって以来の本体不調週となり、

全体的に一回りも二回りも動きは鈍くなっています。


クライシス コア FFVII 10th Anniversary Limited


来週のデータにはPSP-2000が同梱された、

クライシスコアが好調なので期待大。


予約を受付けていなかったショップでは、

発売日店頭販売もあったようです。


新型PSPを手に入れられた方、おめでとうございます。