月蝕歌劇団 公式ぶろぐ

月蝕歌劇団 公式ぶろぐ

暗黒の宝塚。月蝕歌劇団の公式ブログ。

来たれ! 暗黒の劇場 月蝕歌劇団に! 君たちの才能を砂糖づけにして シャンゼリゼ通りで火の車にしてあげよう ◆次回公演 11月22日(金)~25日(月)「新撰組in1944ーナチス少年合唱団ー」高取英脚本 J・A・シーザー監修音楽 ザムザ阿佐谷にて。http://gessyokukagekidanhome.web.fc2.com/

今回はミネをやらせていただくこととなりました~。

台本を読むとわかるんですが、
ミネは自分と似たような性??なのでその辺は気が合うなーと思いながら日々稽古しております。頑張りまっす。

本番まで約1カ月〜
緊急事態宣言延長となってしまいましたが、応援よろしくどうぞ!

 


話は変わるんですが、最近とある方から
チラシは折った方が人の手が加わってそこに 思い? 念? が入るから手に取ってもらいやすい
というようなことを聞き、なるほど~と数枚折って配ってみました。念よ、伝われ。

 

 

***********************
 
月蝕歌劇団次回公演
 
第113回劇場本公演
「少年極光(オーロラ)都市」
 
2021年6月10日(木)〜14日(月)
於:劇的スペース・オメガ東京
 

その病院から出るには死体になるしかなかった……
ローマ建国神話のロムルスとレムスの物語から全ては始まる。
病んでいるのは世界のほうだった。
今、僕たちの眼前で現世は崩壊する!
 
【はるのうらこ扱い 予約フォーム】
https://www.quartet-online.net/ticket/auroratoshi?m=0lbebdh
  
【特典映像付きアーカイブ配信】
https://v2.kan-geki.com/live-streaming/ticket/292

こんにちは、ツブテ役の上野アサです。
稽古が毎回楽しくて嬉しい!
今日、新たなツブテや仲間の気持ちがわかった感じがして
静かに感動しました。

月蝕歌劇団のお稽古では、なんだかけっこう皆、黒い稽古着を着ているので、
私も古着屋さんで黒いジャージを買いました。400円でした。やったー。黒いマスクも買いました。
ふふふ、これで私も月蝕女子〜と思いながら稽古しました。
だがしかし、猫の毛が付くとめちゃくちゃ目立ちます。春は猫の抜け毛の季節ですね😺

写真はかわいいかおなちゃんと、私。 
漫画の「コジコジ」の服
偶然お揃いでしたの。
でも実は、かおなちゃんがコジコジぽいと前だれかから聞いて、それで気になって意識して買ったんだ。
だから一緒に写真とれて、とても嬉しい😄

***********************
 
月蝕歌劇団次回公演
 
第113回劇場本公演
「少年極光(オーロラ)都市」
 
2021年6月10日(木)〜14日(月)
於:劇的スペース・オメガ東京
 

その病院から出るには死体になるしかなかった……
ローマ建国神話のロムルスとレムスの物語から全ては始まる。
病んでいるのは世界のほうだった。
今、僕たちの眼前で現世は崩壊する!
 
【上野アサ扱い 予約フォーム】
https://www.quartet-online.net/ticket/auroratoshi?m=0ndgacd
 
 
【特典映像付きアーカイブ配信】
https://v2.kan-geki.com/live-streaming/ticket/292

『少年極光都市』の稽古、じわじわと、しかし確実に面白いシーンが作られていってます。

今回の稽古場では、月蝕メンバーが各シーンを作っていくのを観つつ、螳螂時代に(38年前!)この芝居を作っていた事を思い出しています。
高取さんの芝居が好きで、螳螂に入団した私が初めて参加した高取演劇でもあるこの作品。
色々な思いが胸をよぎります!
美少年だったんですよ、この頃の私は(笑笑)。

この少年極光都市の思い出、そして他の螳螂版高取演劇について、今回も書かせていただき、本番中に物販で販売させていただきます!

題名は
『極光(オーロラ)と寺山修司の病室と
〜月蝕歌劇団前史・演劇舎螳螂の時代
part2〜』

今回は美加理さんと並ぶ螳螂版高取演劇のミューズ原サチコについての本にもします。
高取演劇出演者募集のチラシを握りしめて、ある日螳螂の稽古場に現れた上智大学に通う18歳のほわ〜んとした良家のお嬢様原幸子が、いかにして関東の演劇界を震撼せしめるアングラ美魔女優原サチコに変貌していったかを検証する本にします。
あと初期月蝕歌劇団の看板男優(!)津田卓也は何がきっかけで月蝕に入団したか?
少年極光都市と寺山修司、そして唐十郎との関わりとは?

そして螳螂、月蝕歌劇団共に、関わりの深い元・天井桟敷の名優昭和精吾の最後の舞台について!

80年代小劇場演劇人の青春が再び蘇る!

乞うご期待!

 

***********************

 

月蝕歌劇団次回公演

第113回劇場本公演
「少年極光(オーロラ)都市」

2021年6月10日(木)〜14日(月)
於:劇的スペース・オメガ東京

 

その病院から出るには死体になるしかなかった……
ローマ建国神話のロムルスとレムスの物語から全ては始まる。
病んでいるのは世界のほうだった。
今、僕たちの眼前で現世は崩壊する!

 

【阿部能丸扱い 予約フォーム】
https://www.quartet-online.net/ticket/auroratoshi?m=0lbdjbi

 

【特典映像付きアーカイブ配信】
https://v2.kan-geki.com/live-streaming/ticket/292

こんにちは。前澤里紅です。
稽古場日記は本当に久しぶりに書くので、何を書くのか迷います、、

白永歩美お姉さんが、今日の稽古で「月蝕女優が男役をやるときは、理想の自分の好きなタイプの男性に寄せるって先輩が言ってたよ」とおっしゃっていました。

確かに!!

自分の理想の男のコに近づくように、もっとイケメンになりたいものです。
みんな惚れてくれよな!
お楽しみに〜

p.s. 写真はラブラブな岬花音菜さんと

 

***********************

 

月蝕歌劇団次回公演

第113回劇場本公演
「少年極光(オーロラ)都市」

2021年6月10日(木)〜14日(月)
於:劇的スペース・オメガ東京

 

 

その病院から出るには死体になるしかなかった……
ローマ建国神話のロムルスとレムスの物語から全ては始まる。
病んでいるのは世界のほうだった。
今、僕たちの眼前で現世は崩壊する!

 

【前澤里紅扱いチケットフォーム】
https://www.quartet-online.net/ticket/auroratoshi?m=0pfgdgg


【特典映像付きアーカイブ配信】
https://v2.kan-geki.com/live-streaming/ticket/292

元・天井桟敷の若松武史さんがお亡くなりになられた。
天井桟敷時代の作品も何本も観劇させていただいたが、流山児事務所で、85年に渋谷ジァン・ジァンで上演された『危険な関係』(作・岸田理生、演出・流山児祥)は、私にとっての若松武史(当時、若松武)さんのベストプレイであった。

本当に憧れた。あのような俳優になりたいと願った。一生かけても足元にも及ばないかもしれないが、それを目標にしようと思った。

私が月蝕歌劇団に初めて参加した作品は、90年に上演された作・寺山修司の『邪宗門』であるが、同じ寺山作品の『中国の不思議な役人』の中の娼婦の調教シーンを抜粋して挿入してあり、『中国〜』の、寺山修司さんが演出された初演時で、娼婦達の調教師西瓜男役を演じたのは若松武史さんで、月蝕版『邪宗門』ではその西瓜男の役を、私、阿部能丸が演じさせていただいた。

憧れの若松さんは、この西瓜男をどう演じたのだろうと考えるところから役作りは始まった。『中国の不思議な役人』の公演ビデオなど手元にないし、全く手探りで形を作っていった。
夢中になった『危険な関係』の若松さんの演技を思い出し、手や指の動きなどを取り入れ、私なりの西瓜男像を作り上げていった。
必死の役作りが効を奏したのか、本番ではかなり好評で、特にその時に共演させていただいたやはり元・天井桟敷の昭和精吾さんから、西瓜男の演技を褒めていただいたのは嬉しかった。

その後、月蝕に出演し、新たな役をいただく度に若松さんならどう演じるだろうと思って役作りをすることが多かった。

全てではないが、私が月蝕で演じた役は、若松武史さんの影響下にあった場合が多いのである。
近年では2018年に上演された『ネオ・ファウスト地獄変』で演じた悪魔マーク役などは、もろ若松さんの影響を受けているのである(…まあ、全然似てねーよ!と言われる方も多いだろうが)。
最近になっても、「あの悪魔の役、本当に良かったです!」と言われることがあり、その度に心の中で、若松さんありがとうございますと手を合わせているのである。

若松武史さんとは、生前、一度も直接お会いし、お話しさせていただく事は叶わなかったが、私にとってはとても大きい存在の、お世話になった師匠の1人だと思っている。
思えば、今回の演目の『少年極光都市』の螳螂版の初演時に出演していた美加理、大鷹明良の二大先輩は、若松武史さんと何度も共演された方達である。
二大先輩の昔の演技を思い出し、若松さんならどう絡むか?今回の自分の役は若松さんならどう演じるか…などなどを考えつつ、私は今日も稽古場へと向かうのである。
若松武史さん、本当にありがとうございました。
御冥福をお祈り致します。


阿部能丸

 

***********************

 

月蝕歌劇団次回公演

第113回劇場本公演
「少年極光(オーロラ)都市」

2021年6月10日(木)〜14日(月)
於:劇的スペース・オメガ東京



その病院から出るには死体になるしかなかった……
ローマ建国神話のロムルスとレムスの物語から全ては始まる。
病んでいるのは世界のほうだった。
今、僕たちの眼前で現世は崩壊する!


【2021年4月23日(金)チケット発売!】


●前売
4300円
●当日
4800円
●エクリプスの会
4200円
●学生
3000円
●セット券(芝居と詩劇ライヴのセット)
6000円
●スペシャルチケット(セット券+スペシャル映像+ご希望の役者のサイン入りブロマイド)
7300円
●玉手箱チケット(スペシャルチケット+配信鑑賞+月蝕特製おみくじ3枚)
9000円
●配信(観劇三昧LIVE)
2800円

※スペシャルチケット、玉手箱チケットの映像は限定URLでお渡し致します。