月蝕歌劇団 公式ぶろぐ

月蝕歌劇団 公式ぶろぐ

暗黒の宝塚。月蝕歌劇団の公式ブログ。

来たれ! 暗黒の劇場 月蝕歌劇団に! 君たちの才能を砂糖づけにして シャンゼリゼ通りで火の車にしてあげよう ◆次回公演 11月22日(金)~25日(月)「新撰組in1944ーナチス少年合唱団ー」高取英脚本 J・A・シーザー監修音楽 ザムザ阿佐谷にて。http://gessyokukagekidanhome.web.fc2.com/

みなさま初めまして。只野小平です。


ナチス親衛隊ギーベンラート、アイレーンの父など演じます。



今回が初めての舞台出演です。



幻想や耽美に強い憧れを抱き続け、今まで小説や映画という手段でそれを形にしていたのですが、その憧れ(妄執)が抑えられなくなりオーディションに参加、俳優として月蝕歌劇団の世界に入ることになりました(緊張しすぎて心臓痛かった……)。



一緒にオーディションを受けた個性的な俳優たち、そして、今まで客席から見上げる対象だった麗人たちとともに稽古の日々を送っています。




月蝕歌劇団の舞台は歌や踊り、色んな仕掛けがあって外連味たっぷりなので、稽古では美しい様式を造り上げるために演出の森永さんと俳優たちで試行錯誤しています。




脚本上のト書きやセリフが形になっていくにつれて、この作品の魅力を強く感じています。




美しさ、壮大さ、運命への反逆心、自由へ向かうエネルギー、その力強さ……。




現実に退屈さや息苦しさを感じている人がいたら、11/22~25にザムザ阿佐ヶ谷に来てください。
身悶えするような美しき幻想世界があなたを迎えます。



この舞台を少しでも美しくするため、只野も全力、全力、全力でやります。



思いが強すぎてうまく文章にできない!これ以上語るとマジで収拾つかなくなりそうなのでこの辺にしておきます。「新選組in1944ーナチス少年合唱団ー」でお会いしましょう。




余談。ギーベンラートがユダヤ人を蔑視するのは、「ユダヤ人の男に女をとられた」んじゃないかと思ってます。ただの私感です。本編とは関係ありません。










------------

高取英没後1年

月蝕歌劇団 第111回公演

「新撰組 in1944ーナチス少年合唱団ー」

 

作・演出原案◉高取 英/音楽・監修◉J・A・シーザー

2019年11月22日〜25日 

ザムザ阿佐谷にて


→ チケットのご予約はこちら ←


------------












こんにちは、こんばんは、おはようございます。
いつも稽古場レポートを書かせて頂いております、水上ゆか(みなかみゆか)です(*'▽'*)


今回は稽古場レポートではなく私自身の役についてお話します。



わたしは少年合唱団のハンスの姉であるクララを演じさせて頂きます。




オーディションのときもクララで、
顔合わせ時の本読みでもクララで、
その後の懇親会でも「クララだよ」と伝えられ、
結果、本当にクララ役となりました。


オーディションを含めると約4ヶ月ほど彼女と関わっているわけです。




クララはユダヤ人の少女です。
当時のドイツにおけるユダヤ人の地位は
アンネ・フランクの日記や映画『戦場のピアニスト』等でも語られており、知っている方も多いことでしょう。




わたしもこの作品に出るにあたって様々な文献を読みました。




彼女について多くは語りません。
あの時代に生きたクララをわたしが舞台で証明するのです。



なので皆様は、ぜひ劇場で彼女の生き様を目に焼き付けて頂けると幸いです。





ちなみにみなかみ自身はクララ以外にもいろんな役でひょこひょこ出てますので探してもらえると嬉しいです*




よろしくお願いします٩(ˊᗜˋ*)و





そして本日より、チケットフォームからのご予約が全て『当日精算』に切り替わりました!

23日(土)14:00の回は大変混雑が予想されますので、他の日程やお時間帯もお考え頂けますと幸いです٩( ¨̮ )۶

 
詩劇ライヴと観劇チケットがセットになったお得なチケットセットもございますよ!
詩劇ライヴ……すごくすごくかっこいいんですよ…
見て欲しいですね……



チケットは末尾のチケットフォームからご予約が可能です*
ぜひ詩劇ライヴもお忘れなく!




それでは、長々とありがとうございました!
劇場でお会いしましょう。



水上ゆかでした○









------------

高取英没後1年

月蝕歌劇団 第111回公演

「新撰組 in1944ーナチス少年合唱団ー」

 

作・演出原案◉高取 英/音楽・監修◉J・A・シーザー

2019年11月22日〜25日 

ザムザ阿佐谷にて


→ チケットのご予約はこちら ←


------------






























初めてまして


ベック役を務めさせて頂く中嶋百合子です。





私は本格的な舞台に立つのは初めてで、月蝕歌劇団を知ってから日も浅いですが頑張ります!







少年合唱団の態度や感情の変化にご注目下さい。





中嶋百合子













------------

高取英没後1年

月蝕歌劇団 第111回公演

「新撰組 in1944ーナチス少年合唱団ー」

 

作・演出原案◉高取 英/音楽・監修◉J・A・シーザー

2019年11月22日〜25日 

ザムザ阿佐谷にて


→ チケットのご予約はこちら ←


------------



【出演者一覧】
-------

里見瑤子

ーーーーーー

白永歩美

ーーーーーー

永野希

ーーーーーー

白川沙夜

ーーーーーー

岬花音菜

ーーーーーー

はるのうらこ

石津ゆり

ーーーーーー

伊藤若菜

小坂知子

中村つぐみ

中野未穂

ーーーーーーー

紅日毬子(虚飾集団廻天百眼)

ーーーーーーーー

土許麻衣(月蝕Giselle21)

西垣紫野(月蝕Giselle21)

ーーーーーーーー

水上ゆか

真弥優希

上野アサ

渡辺侑楽

中嶋百合子

ーーーーーーーー

西川諒多

酒井和人

只野小平

ーーーーーーーー

小林夢二(少年王者舘)

阿部能丸

ーーーーーー

海津義孝














はじめまして!
新撰組のマスコットキャラ・元気印☆の弥七役、渡辺侑楽(わたなべ ゆら)です!




昨日のお稽古は殺陣を指導してくださる佐藤先生が来てくださり、カッコいい殺陣の練習
と、
先日いらっしゃったJ・A・シーザーさんのアドバイスで改良された舞台装置を想定した動きの確認を重点的にしました。
アクティングスペースを有効に活用するため、森永さんや役者陣の意見が飛び交います。座組が一丸となって同じ方に向かっている姿、、、とてもよいですよぅ!!




いつも後ろの方で待機&見学をしているのですが、今日ばかりは前方でがっつり見学してました☆
…あれ、見学してばっかだなぁ
でもでも弥七もいっぱい活躍しますよ!!
お見逃しなく!です!




本番まであと2週間ちょっと
この座組が集まるのも2週間ちょっと
大好きなみんなと素敵な作品に出会えて本当に幸せです
そして、お客様に観ていただくことで作品は成立します
観劇迷ってる方は是非観にきてください!!
お待ちしております!




渡辺侑楽






------------

高取英没後1年

月蝕歌劇団 第111回公演

「新撰組 in1944ーナチス少年合唱団ー」

 

作・演出原案◉高取 英/音楽・監修◉J・A・シーザー

2019年11月22日〜25日 

ザムザ阿佐谷にて


→ チケットのご予約はこちら ←


------------








皆さまこんにちは。はじめまして。
上野アサと申します。
新撰組の山崎丞、アイレーンのお母さん、その他ナチスのリンガ、ジプシーなど、色々やります。



オーディションで参加する事になりました。




一昨日は通しをして、シーザーさんがいらして、終わりに飲み会を皆でしました。


顔合わせの時も皆で飲み会をしましたけども、それから1ヶ月半で皆仲良くなった感じです。




皆と一緒に稽古したり作業したりする日々はとても楽しいです。
そして、長い間、自分は本当に狭苦しい視野と感覚で生きてきたなあと
反省しています。
それから、人に親切にするってこと、
それについて、やっとやり方のこつが少しわかってきたなあとか、他にも色々…、
お芝居以外の部分でも、
月蝕歌劇団という共同体で過ごす事で、皆に成長させてもらっている感じがします。
本当に感謝しています。



私はとても不器用な人間です。
昔はそれがとても辛かったけど、今はそう思いません。



人が誰も不完全であることが 誰かと助け合える、
共にいられる鍵でもあるんだな、美しいなと思います。



とはいえ舞台のためにっ


不得意なことはなんべんも練習して、よくなっていこーっと!





芝居も心も体もまだまだ磨きをかけて、お客様に確実に届き響くように皆で一丸となっていきます。どうぞご期待ください!皆様にお会いできるのがとても嬉しいです。

読んで下さり、ありがとうございました😺


上野アサ










------------

高取英没後1年

月蝕歌劇団 第111回公演

「新撰組 in1944ーナチス少年合唱団ー」

 

作・演出原案◉高取 英/音楽・監修◉J・A・シーザー

2019年11月22日〜25日 

ザムザ阿佐谷にて


→ チケットのご予約はこちら ←


------------