防草テープ netis | 道路の維持管理 防草テープ

道路の維持管理 防草テープ

NETIS登録(KT-050035)
良好な道路環境を維持するために、
毎年数回の除草工事が実施されています。
そのような状況でも「抜根除草」を実施しないと
歩道部のアスファルトが数年後には破壊されてしまうのが現状です。
そこで有効なのが「防草テープ」です。

平成17年に、「防草テープ」工法がNETISに登録されました。

(登録番号KT-050035)

しかし、netisには掲載期間がありますので、現在は掲載期間が終了しています。

防草テープとは、下の図のように、舗装と縁石等構造物の隙間に発生する雑草を防ぐテープ状の雑草抑止材です。

歩道部に雑草が生えると、歩行者の通行を妨げることになるので、これまでは抜根・除草で対応されていましたが、維持管理費のコストを縮減しつつ、歩車道を常時良好な状態に維持するために、「防草テープ」工法が開発されたわけです。

これまでの防草対策は、年1回の除草ぐらいしか出来ず、雑草の生長に対応できておりませんでしたが、防草テープによって効率的に防草対策の構築が可能になったわけです。

舗装と縁石、あるいは舗装と他の構造物との間に隙間が出来ます。

   ↓

そこへ飛来してきた雑草の種子がその隙間に入り込みます。

   ↓

雨が降ることによって、隙間に雨水が供給され、種子が発芽します。

   ↓

さらに雨水が供給されることにより、雑草が繁茂します。

よって、下の防草テープで、雑草抑止にお役立てください。

●防草テープのお問合せは、下記までお問合せください。

ジオサプライ合同会社

広島082-299-0681  神戸078-843-2561  名古屋052-766-6419  

福岡092-518-3537