人魚狂詩曲インタビュー企画その4 | 劇団幻像団

劇団幻像団

『徒花flappers〜愛、以上の、恋。〜』
作・演出:安川雅人
日時:2018年
6/16㈯19:00~
6/17㈰14:00~
会場:みくに未来ホール
料金:前売・大人1,500円(高校生以下1,000円)
当日・大人1,700円(高校生以下1,200円)

人魚狂詩曲インタビュー企画 その4

‎引き続き、出演者・スタッフに勝手気ままにインタビューする企画。

‎その名も、「ゆかりの部屋」

‎本日のゲストは、音響効果(SE)担当の
‎真藤 真一くん / 福井大学演劇部E.C.ひなどり所属
‎です。



‎るーるる、るるるるーるる、るるる、るーるーるーるーるーるる♪
‎さっそく開始~٩( 'ω' )و 

‎◆現役大学生の真ちゃん。演劇を始めたきっかけは?

真:中学の頃から声優さんに憧れて

‎ゆ:うん、良い声だもんね。

真:ありがとうございます///(ウィスパーボイスで照れる)

役者やってみたいなーとずっと思っていて。
行きたい高校のパンフレット見たら、ちょうど演劇部もある!
‎よし!入ろう!と思って!

‎ゆ:お!高校デビュー!

真:…それが、僕が入学する前に演劇部は無くなってしまったようで。

‎ゆ:Oh... 結局、大学入ってから始めたんだね。

真:はい。去年から演劇部にやっと入れました!
‎だから、舞台に立った回数はまだ少ないんです。


‎◆真ちゃんの私服で、赤チェックが多い理由は?

真:実は、色だったら僕は緑色が好きなんです。

‎ゆ:え!??私と一緒だあ!

真:前から持ってた服の中で赤チェック自体は好きだったんです。
何か自分の目印になるものがあれば、「赤チェックの人」として、目立つかな~と

‎ゆ:それが、赤チェックを着続ける理由なんだね?

真:大学入って、演劇部に入ってから決めました。

‎ゆ:いやあ…計算の男だね、真ちゃん!計算高いね!

真:今日はチェックじゃないですよ、暑いから^^

‎◆今回客演となります幻像さんとの思いでや印象深い作品について

‎ゆ:どこで幻像さんを知ったの?

真:同じ大学の演劇部の友人に誘われて。
‎その子は、実際に幻像団さんの徒花flappersでスタッフをしていて、観に来ない?って言われたので

‎ゆ:どうだった?

真:それぞれの思惑が渦巻く中で追われ、立ち向かう夏の姿や、個性豊かなキャラクター達が凄くカッコよくて。
‎僕も舞台に立ってみたいなと思った作品です。



‎◆大学での舞台と幻像団さんでの舞台の違いってある?

真:まだ舞台の経験が少ないのですが、演出さんがいることですかね。

‎ゆ:真ちゃんから見た「演出:安川さん」ってどうですか?

真:「何をお客さんに見せたいか」を明確に決めてそれを指示していて、それがちゃんと一人一人に届いてますね。
‎それが実現できているかを考えてくれる人がいるのといないのとではやはり違うかと思います。


‎◆今回の作品でやってみたい役を挙げるとしたら?

真:蘆屋道満(大黒 純)さんです。強そうだから(笑)

‎ゆ:好青年の真ちゃんとは真逆だね!

真:役者をやるなら、ギャップある役がいいなって思います。
道満は、復讐、嫉妬というイメージを持っている存在だと思うのですが、そんなキャラクターをやってみたくて!
‎僕も、スポットライトに当たりたいです!



‎かっこいい殺陣に真ちゃんのSEが加わり、さらに素敵な舞台へ。

‎当日お楽しみに!

開演日時
2019年9月14日(土) 19時~
2019年9月15日(日) 13時~
2019年9月15日(日) 18時~
※開場は開演の30分前となります。

会場
スタジオしろとんぼ
(福井県福井市狐橋1-120 地図)

チケット予約
メールフォームよりご連絡