人魚狂詩曲インタビュー企画その2(後編) | 劇団幻像団

劇団幻像団

『徒花flappers〜愛、以上の、恋。〜』
作・演出:安川雅人
日時:2018年
6/16㈯19:00~
6/17㈰14:00~
会場:みくに未来ホール
料金:前売・大人1,500円(高校生以下1,000円)
当日・大人1,700円(高校生以下1,200円)

 

後編です!


今回、きさらぎさんは「権力」、北風さんは「快楽」、ゆかりは「美」を求める妖怪であり悪女の役となりますが、演じていて難しいなとか、やりにくいと思ったこと何ですか?


き:まぁ、妖怪の動きじゃないかな


北ゆ:いやいやいやいやいや!

きさらぎさんそのまんまだから!


き:うるさいな(ω)


3人:あははは


き:いや、難しいって。妖怪の姿勢をしているとね、妖怪痛が発生するから。


北:普段使わない筋肉が、ね。


き:筋肉、使おう。


ゆ:総合芸術として?ダンス?


北:妖怪ダンス?


き:よーでるよーでる?踊れないけど。


ゆ:逆に妖怪やってて楽しかったのは…奇声?


北:奇声はね。発せられるよね。笑


き:ひぇー、へへへっひえーって感じ。


ゆ:なんか、きさらぎさんの奇声は文字で表せない。


▲※×♡!$%#っていう、文字化けみたいな。


北:何言ってるか分からないやつね。


き:ほんとに危ない人だ。。。


ゆ:それが、本番で見れます!


き:でもね、2行以上の台詞、私覚えられない。


北:私、5秒で忘れる。


ゆ:いやいやいやいや、皆さん覚えてるから!


き:もう、ほんとね。大変。


ゆ:それぞれ、スポット当てられ長い台詞のシーンありますからね。


き:もう、長い長い。涙がでちゃう。


ゆ:だって


3人:女の子だもんwww







◆今回の役で他にやってみたい!と思う役ありますか?


き:そりゃあね、早く人間になりたい!

うーん、夏帆?


ゆ:みなみりんごさんの役ですね。


き:りんごさんになって、

あーんなことや、こーんなことをしてみたい。


※どーんなことがあるかは、本番のお楽しみ!

 

北:…しいて言うなら、ツクツクボウシかな。


き:えへへへ


※舞台の季節は夏です

 

ゆ:私は、初代安倍晴明…。かっこいいじゃないですか。


北:うんうん。


き:しゅっと出てきてね。


ゆ:なんか、みんなの交通整理したり。


き北:交通整理www


※安倍さんがかっこいいらしい!

 






こんな感じで不思議な感じの現場ですが、

3人で頑張っています!

本番ぜひぜひ、悪女3人もお見逃しなく(≧▽≦)


開演日時
2019年9月14日(土) 19時~
2019年9月15日(日) 13時~
2019年9月15日(日) 18時~
※開場は開演の30分前となります。

会場
スタジオしろとんぼ
(福井県福井市狐橋1-120 地図)

チケット予約
メールフォームよりご連絡ください



ではまた、次回お会いしましょうぅ🙇🙇

担当:小牧