怒涛のイベント祭り その1 | 劇団幻像団

劇団幻像団

『徒花flappers〜愛、以上の、恋。〜』
作・演出:安川雅人
日時:2018年
6/16㈯19:00~
6/17㈰14:00~
会場:みくに未来ホール
料金:前売・大人1,500円(高校生以下1,000円)
当日・大人1,700円(高校生以下1,200円)


テーマ:
みなさんこんにちは、こんばんは。
最近調子に乗っているとよく怒られる小牧です。
よろしくお願いします。

さて、12月8日9日は怒涛のイベント祭りでしたね。何があったかというと、

第17回たけのっ子劇場公演 子どもミュージカル 夢の図書館〜不思議な本の物語〜

HOUND PROJECT 2018年度自主制作映画上映祭 LOVE&VIOLENCE vol.15

伊藤 梢 ソロプロジェクト いまさらキスシーン

朗読ライブ どくどく

豪華4本立てです。

うちの座員もそれぞれのイベントにスタッフ等で関わらさせていただきました。


今回のブログではそれぞれのイベントへメッセージや感想を綴ってみようと思います。


まずはたけのっこの感想です。
うちのダンディズムビューティフルこと、おがっちさんです!

たけのっ子劇場感想
感想の前に概要を。
たけのっ子劇場は越前市で活動してる子供ミュージカルの団体です。演目はオリジナルのファンタジー作品で大谷さん(代表)が脚本と演出、脇田さんが作曲、音楽指導、坪田バレエスクールが振付を行ってます。
母体はかつて同市で活動していた劇団たけぶえです。

では本題。今回の「夢の図書館」
ストーリーは二人の主人公が同じ夢(絵本作家になる)を目指してたところ、一方が転校となり、一緒に夢が叶えられないとわかったところから始まります。
夢の中、「夢の図書館」を舞台に、創造、破壊を経て、まずはお互いの夢を叶えよう、そしてそれが出来たら今度は一緒の夢を叶えて「夢の図書館」の絵本を作ろうというお話。はしょった。

感想
ここ何年も裏方をしてましたので、なんとなく勝手はわかるのですが、今年はキャストが多い!40人?
衣装が派手!ホントによくこれだけ作ったなと。
衣装で凝ってたのは複数人の「本」の衣装。大きく広げることで舞台転換を隠したり、挟むことで人を隠したり、いいアイデアだなと。
セットは大きいのは二つかな?図書館と遊園地、相変わらず派手な舞台転換でした。
裏方の皆様お疲れ様でした。

キャストについては高校生以上が何人か参加しており、ストーリーの要所にいるのでそれほどばたつく事なく進むのがすごいとこ。
主役を食う勢いのバク様は末恐ろしい…

裏を知ってからの観客でしたので、色々苦労がみえますが、面白かったです。来年も楽しみですね。

あ、写真はとり忘れた。

写真はチラシしかございませぬ。。




続きましては、ハウンドさん!
エロティックビーストの鴨さんからです!

こんにちは( * ॑꒳ ॑* )鴨です。
えー、今回、ハウンドプロジェクトさんの映画上映祭
LOVE&VIOLENCE vol.15
に参加してきましたー!!

今回新作が、なななんと!
私、鴨は、「かものおしごと」に出演をさせていただきました。
ありがたいですほんとに。
自分が映画にでてみて、もちろん撮影も楽しかった!
映像をいざ見るとなると、凄い恥ずかしいですね笑
頭抱えながらみてました。
カモネギの、幻像団であかねもつむぎも、すごくいい感じだったし( * ॑꒳ ॑* )安川さんも、なかなかにカッコイイです、かづきも、カッコよかったー!
とても面白かったです!!
(語彙力なさすぎ)
娘、長女のはるかも「猟犬とセーラー服」に出演!
ヒロインでふよ!!
初めての映画で、娘ももう一度撮れるなら取り直したいと、娘自身思ったみたいですか、私みるかぎり、とても感動しました。ほんと切なかったなぁ。
娘さんよく頑張ったとおもいます。
こちらは幻像団のなっぺやおがっちも参戦しております。是非DVDを買ってチェックしてくださいね!

親子で今回たくさん関わらせて頂き、ほんとにありがたかったです。
映画祭とても濃厚で楽しい1日でした。
見てください、この展示された写真や、武器!
徒花の展示品も写真もありましたよ!!

ハウンドさんと。沢山色んな事をしてきた1年だったなー。
これからも。幻像団頑張りますのでよろしくお願いします( * ॑꒳ ॑* )





残り2つは次回に続きます。

今日はこのあたりで、ありがとうございました。


小牧

劇団幻像団 特設ブログさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス