深夜2時に本番1日前のブログ書いてます。 | 劇団幻像団

劇団幻像団

『徒花flappers〜愛、以上の、恋。〜』
作・演出:安川雅人
日時:2018年
6/16㈯19:00~
6/17㈰14:00~
会場:みくに未来ホール
料金:前売・大人1,500円(高校生以下1,000円)
当日・大人1,700円(高校生以下1,200円)


テーマ:
こんにちは、こんばんは。
今回は小牧がブログを書いています。
今ちょうど夜中の2時をまわったところ。
夜勤の休憩時間です。
休憩時間は1時間しかございません。
1時間で書ききれるでしょうか。


あ、夜中の2時といえば、あれですよね。
そう、丑三つ時

日本にはよく怪異と出会う時間というものが昔から知られています。

夕暮れ4時から6時あたりの黄昏時
そして夜中2時すぎの丑三つ時

あれ、なんだか悪寒がしてきました。
まあ気にせずサクサクいきましょう。

にしても怪異、幽霊には出会いたくありませんね。

僕はあららららぎ君では無いのでとてもじゃないけど怪異とか幽霊とかは相手にできないです。エッヘン。

貞子とか伽椰子とかは死んでも会いたくないですよね。ものすごく怖いし。

あ、そういえば、貞子と伽椰子ってちょっとエッチですよね。

いやちょっとというか、ほんのちょっとですよ。

9割9分9厘は恐怖なんですが、残り1厘はエッチだなと。

一体どこら辺がエッチなんだと問われれば、それは僕にも分からないのが本音ですが。
なんというか、おどろおどろしさの影に匂い立つような、鼻の奥の鼻腔をくすぐるような。

恐怖とエロって表裏一体なのでしょうか?


あ、エロと言えばこの人!!!

Q0.では、質問を始めさせていただきます。よろしくお願いします。
A:よろしくお願いします、緊張しますね(ヌギッ

Q1.所属とお名前、役名を教えてください。
A:幻像団の安川です(ヌギッ

Q2.ご出演のきっかけは?
A:去年くらいからハウンドの岡田さんとお付き合いが始まり「この人と舞台に立ちたい!」という気持ちが盛り上がりまして、ようやくここまで辿り着きました  本当にみんなのおかげです!(ヌギヌギッ

Q3.自分の役との類似点はどこですか?
A:そうですねぇ、狂言回しというか、物語の為なら手段を選ばない狡猾なとこかも(ヌギヌギヌギッ

Q4.では逆に相違点は?
A:自分で書いてますからね  相違点があってはいけないかもしれません(ボロンッ

Q5.「徒花」、というわけで「花」についてのご質問。お好きな花はなんですか?またその理由もお聞かせください。
A:1番好きな花は牡丹ですね  おどろおどろしい感じがあり性的な魅力もあり、それでいて儚く首から落ちる様子とか、いや我ながら中2発言ですいません(ムキッ

Q6.「flappers」=「おてんば娘」「生意気な娘」という意味ですが、過去の「おてんば」「やんちゃ」「生意気だったなー」と言ったエピソードをお聞かせください。
A:基本女の子はおてんばな人が好きです  ちょっとヒステリックなくらいの女性はやはり魅力的ですね(ムキムキムキッ

Q7.稽古や今回の現場での面白エピソードをおひとつ。
A:毎日が面白いのでどれって上げにくいなぁ(笑)でも下ネタホモネタが多いですね(苦笑)ついていくのに精一杯です(汗)(ヌルリンチョ

Q8.最後に意気込みをお願いします。
A:これだけの大人数で我の強いメンバー、稽古場では時折意見のぶつかり合いもあります  ですが、全ては当時御来場いただけるお客様に凄惨で純欄なお花見をしていただきたい一心からです  残り時間の全てを全力で稽古して、お客様に会いに行きます!(ハウッ!

Q9.これにて質問はおしまいです。ありがとうございました!
A:なんか面白いこと言えなくてすいませんでした  頑張ります!(フゥ…





劇団幻像団座長、安川さんでした。
なんとギターを持っています。これは異彩を放っています。かっこいいです。

幻像団を知っているなら皆さんも知っているでしょう。
この安川さん、脚本を書いて演出をしてさらに役者もする。

車で例えるならハイブリッドカーだし、植物で例えるなら両性花だし、宇宙人で例えるならプレデリアンだし、演劇人で例えるなら野田秀樹です。

すいません例えが分かりづらすぎた。

ともかく一体どこからそんなエネルギーが湧いてくるのか。
どうしてそこまで前が向けるのか。
どうして僕らを信じてくれるのか。
なんでそんなに下ネタが多いのか。
作家演出役者にステータスを振りすぎてるからだんだん何かが薄くなっているのか。

興味は尽きません。

そんな座長とその仲間たちの芝居、皆様にぜひ見ていただきたい!!



御来場お待ちしております。



あっ、安川さんの役名は雨水(うすい)なのですが、これ実は二十四節気のひとつです。

2月19日が雨水の日です。

暦便覧には「陽気地上に発し、雪氷とけて雨水となればなり」と記されております。

意味は、空から降るものが雪から雨に変わり、雪が溶け始めるころ。

2月19日を境に春の訪れをほんのちょっとだけ感じることができるんですね。
昔はこの雨水の日を農耕の準備を始める目安にしてきたそうですよ。


小牧







『徒花flappers~愛、以上の、恋。~

作・演出:安川雅人


日時:H30(2018年)/6/1619:00~

                                   6/1714:00~

(開場は開演の30分前となります。)

会場:みくに未来ホール(http://www.sakai-bunka.jp/miraihall/)

料金:前売・大人1,500円(高校生以下1,000円)

          当日・大人1,700円(高校生以下1,200円)

ネットチケット購入口:

https://adabana.peatix.com/


絶賛CM公開中!!!!!

その他情報随時ブログ等にて更新中!


ー劇団幻像団ー

Twitter

@genzoudan

Facebook

https://www.facebook.com/%E5%8A%87%E5%9B%A3%E5%B9%BB%E5%83%8F%E5%9B%A3-1574844616141552/

☆公式HP

http://www.genzoudan.com/

LINE

https://line.me/R/ti/p/%40gkr9359u

YouTubeチャンネル☆

https://www.youtube.com/channel/UCLXqgM8i8yiyiFROyr_jXgQ



HOUND PROJECT

☆公式HP

http://www.geocities.jp/houndproject/


劇団幻像団 特設ブログさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス