孤立の懸念、戸惑う日本 トランプ氏「『最大限の圧力』使いたくない」

 

 米朝首脳会談が予定通り6月12日にシンガポールで開かれる運びとなった。

北朝鮮に歩み寄ったともみられる姿勢をトランプ米大統領が示すなか、

日本は「最大限の圧力維持」の旗は降ろさず、云々、、、

 

**********************************

 

朝日新聞はこのように、米トランプ大統領が言った言葉、

 「最大限の圧力」という言葉を使わない、という発言を、

いつものように、「言葉の切り貼り」をして、

日本との思惑の違いを際立たせる報道をしていますが。

 

 

トランプ大統領と金正恩委員長は、

現在交渉中であり、制裁中です。

その過程で、「、、、という言葉は使いたくない」という事の意味は、

 

「今後の交渉次第で、使わなくて済むことを望む!」

「俺に、この言葉を使わせるなよ!」

 

という事です。

 

そんなことは、経緯からしても、文脈からしても明らか。

なのに、、、

 

「『最大限の圧力』という用語はもう使いたくない」と 敵対姿勢を控える考えも示しました。」

共産党の機関紙「赤旗」

 

「敵対姿勢を控える」??

 

実質的な圧力(=制裁)は維持しているのです、

つまり、ファイティングポーズは取ったままなのです。

 

トランプ大統領は、非常に戦略的な交渉家です。

メディアもそんなことは分かってるくせに、

こんな時だけ、額面通りの(額面でもないですけど)融和的な解釈をするんでしょうか?

取りも直さず、日本の孤立、日本との路線の違いを際立たせたいんでしょう。

 

なぜ途端に、読解力の無い、アホのフリをするんでしょう。

 

結局、モリカケもそうです。

目の前に「何もなかった」という状況証拠の山が、

うず高く積もっているのに、それを見ようとしない。

 

あらぬ方向を、ボーっと見上げて、「疑惑は深まった」と言うだけ。

 

アホのフリなのか、本当にアホなのかは知りませんが、

いい加減にして欲しいと、思います。