安倍首相は、拉致・核・ミサイルの諸懸案が解決されれば

日朝平壌宣言に基づき日朝国交正常化を目指す考えを重ねて示した。

李氏は共同発表で「米朝首脳会談に期待し、日朝対話を支持する」と表明。

「朝鮮半島非核化が対話の軌道に戻ることを歓迎する」と語った。

 

金正恩氏の再度の、電撃・空路訪中は、

「北朝鮮が核・ミサイル開発を恒久的に放棄するまで

 対北朝鮮制裁を維持する」とする、トランプ大統領の

強硬姿勢に、突破口を見いだせない焦りであることは

間違いありません。

そして、その姿勢は日本も同じであり、

冒頭の共同宣言は、日米首脳会談の声明そのままであって、

トランプ大統領と安倍総理の共通事項です。

 

 

いったい、どこが「蚊帳の外」なんでしょうか?