古来より、朝鮮半島の情勢はわが国の独立と平和に甚大な影響を与えてきました。663年白村江の戦いから始まり、近代では1873年のいわゆる「征韓論」、1894年日清戦争、1904年日露戦争、1910年の韓国併合、そして戦後は1950年からの朝鮮戦争…。いつの時代も、朝鮮半島に中国、ロシア(ソ連)、欧米列強といった大国の覇権が及ぶことは日本の国家存立の基盤を損なう脅威であるとの認識が共通してありました。

 

そしていま再び、わが国の平和と繁栄を大きく揺るがす脅威が朝鮮半島からもたらされています。北朝鮮独裁体制による核とミサイルの脅威です。さらに、今回の危機をいっそう複雑にしているのが北朝鮮に“融和的”な姿勢を示す韓国の文在寅政権の存在です。残念ながら、平昌五輪は「スポーツの祭典」ではなく、金正恩に乗っ取られた「政治宣伝(プロパカンダ)の祭典」として、後世に伝えられることでしょう。

 

南北首脳会談の開催は、核やミサイルの問題解決に何ら進展がないにもかかわらず、巧みな“政治ショー”としてあたかも緊張が低くなったかのように演出されるに違いありません。そしてその光景を、日本や韓国の一部の政党やメディアが「歴史的な南北対話の始まり」だとか、「朝鮮半島に雪解けの時来たる」とか言って持て囃すことも容易に想像がつきます。

 

これからの数ヶ月間、日本の外交・安全保障は正念場を迎えると考えます。

対馬海峡が新たな「38度線」になる事態は何としても避けなければなりません。

 

日本や韓国の一部の政党やメディアが「歴史的な南北対話の始まり」だとか、

「朝鮮半島に雪解けの時来たる」とか言って持て囃すことでしょう。

しかし今後、南北首脳会談、米朝首脳会談は、

「対馬海峡を38度線にするな!」という観点から概観するべきです。

 

審議拒否で、政治空白なんかを作っている暇はないのです。