避難所の一人当たりのスペースって?

どれが一番近いかな?

 

1. 畳3畳分 2.7m×1.8m
2. シングル掛け布団一枚分 1.5m×2m
3. 一人暮らし用正方形こたつ一台分 1.1m×1.1m

 

 

 

 

≪プライバシーとパーソナルスペースが大切≫

 

3.11の発災翌日は、避難者多数で約 1.0㎡/人のスペースで避難所を運営していたケースもありますが、東日本大震災以降、一人当たり 2.0 ㎡を推奨しています

一人当たり 2.0 ㎡は、敷き布団のシングルサイズが1m×2mくらいなので、敷布団を横に2枚並べたくらいのスペースという事になります。

ちなみに、国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)が定める難民キャンプの設置基準は一人当たり 3.5 ㎡です。

避難生活で想定されるトラブルの一つとして、パーソナルスペースの確保が考えられます。
ストレスによるけんかやメンタル面での不調の一要因になりますので、出来るだけ広く、
そして、間仕切りなどでスペースの確保が大切になります。

また、要介護者、妊婦、乳幼児世帯など、配慮が優先される場合もあります。



参考 防災士教本 消防庁防災マニュアル 東京都防災ホームページ