次のうち、避難情報として最も強い情報は?

 

1.避難命令
2.避難勧告
3.避難指示







4つの避難情報

避難準備
高齢者等避難開始
避難勧告
避難指示(緊急)



避難準備・高齢者等避難開始は、高齢者や障害を持つ人など、避難することが困難な人は
避難を開始しましょうという情報で、今後状況がさらに悪化し、避難勧告や避難指示(緊急)に
発展する可能性があるときに出されます。


●避難勧告は、「災害による被害が予想され、人的被害が発生する可能性が高まった場合」に出されます。


●避難指示(緊急)は、「災害が発生するなど状況がさらに悪化し、人的被害の危険性が非常に高まった場合」に
出されます。


「避難命令」は正式な情報ではありませんが・・・

命令という言葉には、「反すると処罰の対象となる」という意味も含まれますが、実際の災害時に処罰の対象・・・?などと判断する事は難しいです。

しかしながら、命令という言葉は、私たちも見聞きすると「すぐに」や「必ず」とても強い印象を受けます。
災害現場での本当の目的は、安全を確保する事です。そのために、時には強い言葉で行動を促す場合も
あります。

 

 

参考 防災士教本 消防庁防災マニュアル 東京都防災ホームページ