冷やし揚げなす裸麦麺☆

テーマ:

 

みなさんこんにちは。

昨日、一昨日と東京が驚くほど暑かった。

残暑厳しいですね。

そんな暑い日は夏のメニューが登場します。

(もうスーパーでも秋の食材ラッシュなのですが)

こちらがタイトルの冷やし揚げなす裸麦麺です!

 

 

 

そうです、最近の私のお気に入りの麺は、お蕎麦でそうめんでもない

こちらのアムリターラさんの『自然栽培 裸麦麺』なのです。

http://www.amritara.com/

これがとても美味しいのです!

熊本で自然栽培された裸麦を古代水(Ojas)と塩(アムリターラソルト)だけで作られた半生麺はゆでても伸びづらく、煮くずれしにくい麺。

温麺や鍋の具材として、また冷麺にするとコシの強い食感が際立ち、つけ麺も最高です。

食物繊維を100g当たり約10gも含み、その中でも水溶性食物繊維の1種である「β-グルカン」が含まれることでスーパー食材として名高い裸麦の玄麦を全量使用した、格別の麺です。

 

裸麦は世界最古の穀物とされる大麦の品種で、収穫後に外皮が容易に外れ「裸」の状態になることから裸麦と呼ばれています。ごはん麦(炊飯用)としてや、麦茶、味噌として食べられる大麦です。

レジスタントスターチと呼ばれるでんぷん質を含むことでも注目の食材。

こちらの麺は、小麦はもちろん、つなぎとしての卵などは一切使用していません。特殊製法で仕上げた半生状態の麺で、保存料や安定剤なども使用していない正真正銘の裸麦の玄麦100%の麺です。

コシの強い麺は、かみしめるほどに旨みと粘りが出てきます。これは水溶性食物繊維である「β-グルカン」が豊富な証です。

とにかくコシが強くって、のびにくくて、食感も最高。

裸麦の深みのある味わいがかみしめるほどに感じられる、本当においしい麺ですね。

 

気になるグルテンも小麦とは異なり、裸麦はプロラミン型の「ホルデイン」と呼ばれるタンパク質を含みますが、厳密には小麦グルテンとは異なる成分です。

とてもヘルシーな麺を利用したこんなメニューも今時期オススメです。

なすは片栗粉をつけて揚げるだけ。

 

それにおネギと米粉でできたワンタンの皮も一緒に揚げてパラパラ。

 
ついでにエビワンタンもたくさん作り、そちらも一緒に揚げてパクチーと一緒にいただきました〜。


 

本当に世の中にはまだまだヘルシーで美味しい食材があるんですよね。

 
また美味しい話題をお届けします!


YUKIKO☆