チョイ速ポタリング

チョイ速ポタリング

無芸多趣味…… ただいまRoad Bikeに夢中 ……不定期更新日記 
     

雨・夜は走行禁止。当然、レースなんかに出ない(出れない)ポタリング派

NEW !
テーマ:

 

連休中日は、季節が元に戻りました。

 

集合したのは、Naga爺さま、LadyBabaさま、フェンス突撃隊長、マダム初石、Kan飛行隊長そして小生。

 

全員、チームジャージ着用です。

 

 

 

途中、Morimoriさんが合流。

 

 

 

まずは、チームジャージ一色でパチリ。

 

 

撮影者を入れて、パチリ。

 

 

 

ここで、Kan飛行隊長は、不調を訴えリタイヤ。 後で、『帰宅後、7度8分の熱があった。』との報告がありました。 お大事に。

 

ピッパラの樹に行きましたが、ロードバイクが多数立てかけてあり、店の中は、Blanche Racing Teamの面々であふれていました。

 

 

 

帰路は追い風となり、快適な朝練を終えることができました。

 

明日は、将軍さまも朝練に参加する予定です。

 

 

 

 


テーマ:

 

小生は、チェーンの汚れが嫌いなので、ワックス系ルブを使い、いつもピカピカのチェーンを使用しています。

 

 

そして、昔からチェーンはKMCのゴールドのXSL(穴が開いた軽量化モデル)と決めています。

 

 

 

 

 

 

これを見て、Naga爺さまが「わらわも欲しいぞよ」ということで、

 

 

11S用のKMC 11XSL Gold を調達しました。

巷のうわさでは、耐久性は、Shimanoより上であるとか。………Wippermannの実験結果で1.3倍。

 

 

なお、新品は防錆用の硬いグリースがついていますので、これを洗浄して、適切なルブを注すことからチェーン交換作業は始まります。

 

 

KMCのチェーンはミッシングリンクでつなげていますので、

 

 

 

 

最初のうちは、これを外すのが至難の業。

ということで、これを簡単に解除できるツールも調達です。

 

 

 

 

そして、何よりも、今装着しているチェーンを外すため、チェーンカッターも調達しました。

 

 

 

チェーンカッターは当然新しいチェーンのサイズ調整にも使用しますから、必需品です。

 

 

 

支那マーケットで調達しました。

 

チェーン以外は届いたのですが、チェーンは到着までにあと10日間はかかるかも。

 

 

 

 

 

ということで、翁はKMCのチェーンを装着することになりますが、小生のようにきれいな状態を保つためには、

 

1.ワックス系ルブを使う。………汚れを拾いにくい。

 

 

このワックス系ルブも注文し、到着済みです。

 

 

 

2.ルブを塗ったら、これでもかと徹底的に拭き上げる。………チェーンの見えるところについているルブは、百害あって一利なし。汚れを呼ぶだけで、円滑な回転には何の作用もしていないので。

 

ミッシングリンクだと、チェーンを外して作業できるメリットがあります。

もう10年は使用していますが、巷でいうところのトラブルはなく、小生は、新しいチェーンにも使用済みのリンクを再使用していますが、これまた何ら問題はありません………再利用は自己責任で

 

 

3.150Km(朝練3回)走ったらルブを注し、拭き上げる。………ワックス系は持ちが悪いのでこの頻度がよいのと、このルブの溶剤の洗浄力でチェーンの汚れを洗うことができる。

 

 

4.2か月に1回は、洗浄する。………3.が前提。明らかに汚れていたら、いつでも。


石油、市販のディグリーザーもしくは食器洗い等の中性洗剤(これが費用対効果が抜群)を用いて、チェーンのコマの間の汚れを洗い流す

小生の場合は、洗浄液が汚れを拾わなくなるまで3回くらい洗浄液を交換します。

 

 

もしくは、チェーンクリーナーをしっかり吹き付け、コマの間の汚れを洗い流す

 

ローラーとブッシュの間の汚れを落とすことが肝要。

外見がきれいになっても、この隙間の汚れた(削れた鉄粉、道から拾った微粉末の砂利等)油orWaxを洗い流さないと意味がありません。

 

 

とはいっても、この隙間の汚れを完全に落とすことは至難の業。

新たにルブを注して拭き上げると、タオルに黒い汚れが付くのが普通です。

適当なところで、妥協が必要ですよ。

こう言っとかないと、完璧主義のNaga爺さまは、いつまでたっても洗浄作業をやめない虞がありますので(*^▽^*)

 

 

これをさぼると、Goldチェーンをつけても、真っ黒でGoldに見えない将軍さまのチェーンとなりますぞぉ。

 

 

 

一般的にロードバイクチェーンの交換時期は、3,000km~5,000kmと言われています。
ただ、乗り方の違い(ガシガシ走るのとポタリングではチェーンにかかる負荷が違う)で違ってくることも想像できますが、それよりもチェーンの摩耗(=汚れの放置)の方が要素として大きいですから、メンテナンスの違いが大きくかかわって来ます。

 

メンテナンスをきちんと行う小生の場合、7000Kmは十分持ちます。

 

 

 

こんな風に汚れたままでチェーンを使用していると、5000Kmで伸び(=摩耗)が生じてしまいます。

 

出典「アドベンチャーなブログ」さん  悪い例で引用してごめんなさい。

 

 

高価なチェーンもメンテナンスが悪ければ長持ちしません

 

そして、伸びたチェーンは、ギアチェンジにも影響を与え、スプロケ等のギアの摩耗も早めるなどいいことがありません。

 

安いチェーンをこまめに新品に替えるという手もありますが、チョイと高めのチェーンをメンテナンスして長持ちさせて使うのも大人の対応です。

 

 

今回調達したのは、11Sの穴あき軽量化チェーンですので、10Sの普通のチェーンより明らかに耐久性は劣ります。

Naga爺さまのチェーンは他のメンバーよりはきれいにメンテされていますが、

これを機会に、チェーンの丁寧なメンテナンスを習慣づけましょうね、Naga爺さま。

 

 

 

ということで、チェーンの到着まで少々時間がかかる模様。もう少しお待ちくださいませ、Naga爺さま。

 

なお、届き次第、防錆用のグリースを洗浄し、Azのチェーンルブを塗布し、即装着可能な状態でお渡ししますネ。

 

 

 


テーマ:

 

あっという間に秋めいてきました。

 

本日の8時前の路上1mの温度は、20℃

 

 

走りやすい季節になりました。

 

 

 

手賀沼CR沿いにヒガンバナが植えられています。

 

 

 

 

面白いトレインを見つけました。

 

おこじょのトレインです。

 

 

右手の草むらから現れ、植木の中に潜ってCRの様子を伺い、一気に渡りました。


 

 

ほんの一瞬の出来事でしたが、めちゃくちゃかわいかった

 

 

 

 

ふつう、オコジョというと冬毛の白いオコジョが一般的ですが、

 

 

もちろん、夏毛のバージョンもあり、

 

 

 

この手賀沼あたりでは、雪があまり降らないので、1年中、夏毛です。

 

 

 

 


テーマ:

 

17日敬老の日の朝練は、その旗日のとおり「老人」のみの参加となりました。

 

元気いっぱい年を感じさせない老人のNaga爺さま、それなりに老人になりつつある将軍さま、昨年前期高齢者入りし、夏風邪でダウンしていたSadamさんそして今月で60台ともお別れの小生の4人。

 

老人らしく、モールの先のコンビニ往復で朝練を終了しました。

 

 

 

本日も、朝の気温が21℃と夏が過ぎた感がありますが、9時を回れば、やはりまだ夏、気持ちのいい日です。

 

 

 

空に浮かんだ雲を見ると、夏の雲と秋の雲が混在しています。

 

 

 

休憩所の周りをトンボが飛び回っています。

 

上さまのサドルでトンボも休憩。

 

 

 

手賀沼大橋の下で、セールボートがタッキング中でしたが、弱風のためかあまりお上手とは言えませんでした。

 

 

きれいな水質なら、ボート遊びもできますが、日本で1,2を争う汚ない沼。

 

チン(沈:わざとボートを転覆させ、水に投げ出されること。ほとんどの人が水を飲むこととなる)をまず最初に練習するのがボートですから、とても手賀沼でボートに乗る気は起きませんね、小生は。

 

 

 

 


テーマ:

 

ある国家資格を取るため、お勉強中だったフェンス突撃隊長が4か月ぶりに朝練復帰しました。

 

Tac name フェンス突撃隊長 の由来: あの3.11の大地震の翌日、道がガラガラなのをいいことに、前を見ずにがむしゃらに漕いでいたら、道を閉鎖するために設置したフェンスに気付かず、そのまま突っ込み、大けがをしたという武勇伝から命名。

 

 

 

 

ピッパラの樹に行きましたが、猫を複数匹飼っている猫好きのフェンス突撃隊長を猫もわかると見え、

彼が呼んだら、猫がやってきて、ゴロニャンしていました。

 

 

 

本日は、ひさしぶりに鶏ガラチームジャージの揃い踏み。

 

 

 

チームの朝練は、同一ジャージだとやはり様になりますね。

 

 

 

ところで、本日は集合時間の関係上、3.5Kmウォーキングしましたが、

 

歩行速度を上げるため、ウォーキングシューズを背負っていきました。

 

 

 

これで歩行速度が上がると期待したのですが、

 

結果は、5.5Km/hが5.7Km/hとほとんど変わらない数値。

 

ならば、荷物を増やすより、古いSPDシューズで歩いたほうが良いので、このアイデアは本日限りの実施となりました。

 

 

 

 

 


テーマ:

 

 

本日の自主ポタは、北柏橋で手賀沼CRに乗ったところでBikeを降りてウォーキングを開始。

 

前回は3Km歩きましたので、本日は5Km歩くことにしました。

 

サドルに手を置いて、バイクのバランスをとりながら歩くと、歩きやすいことがわかりました。

 

大体5.5Km/hの速度。

 

5Km先の到着点は手賀沼大橋の先の辺り。

 

 

途中、ロードバイクに乗ったうら若き女性から、『大丈夫ですか?パンクですか?』と声を掛けられましたが、

「違います。自転車ばかり乗っていると、歩けなくなるから、ウォーキング中です。」と返答。

 

確かに、Bikを押して歩いていると、複数の人から「あれ??」という目で見られますね。

 

 

 

本日もSIDIの古いSPDシューズで歩きましたが、

 

 

 

底が硬く、ウォーキングシューズのように曲がりませんので、歩きにくいのか6km/h台を出すには意識して歩かなければなりません。

 

やはり、ウォーキングするときは、ウォーキングシューズをザックに入れておき、シューズを取り換えて歩いたほうがよさそうです。

 

そうすれば、Fizi:kの新しいシューズを履くことができますので、よろしいかと。

 

 

5Kmウォーキングしてよかったこと

 

Bikingとは違う筋肉を動かしているからか、この後Bike漕いだら、いつもより足が廻るというか、踏み込む力が強まったように感じました。

 

このところ、街で普通に歩くと若い女性とさほど変わらない速度になっており、階段の上り下りもぎこちなく感じていますので、

 

この5Kmウォーキングを続けることで、その辺が改善されることを期待します。

 

 

ウォーキングのあと、終末処理場で折り返し、休憩所へ。

 

本日も涼しくてコンディションがよいので、皆さん湧き出してきています。

 

 

 

 

 

 


テーマ:

 

数日前まで、路上1mの温度が36℃の中を走っていましたが、

 

本日は、急に秋になってしまいました。

 

 

空は、晴れ間がちょっと見えるけど、どんよりとした曇り。

 

 

 

8時過ぎの気温(路上1mの温度)は、22℃

 

 

 

ということで、コンプレッションアンダーウェアの長袖とタイツを着用しましたが、暑さは感じませんでした。

休憩所メンバーの皆様はまだ夏仕様。半そで+ショーツでも寒さは感じないとか。

 

 

思ったよりも北東の風が強く、帰路は30Km/hオーバーを保つことができました。

 

 

 

 

そうそう、50/38のカーボンホイールのブレーキ音が改善しないので、このホイールの使用を断念

 

装甲車用タイヤを前後を替えて、Shall Ultra に付け替えました。

 

 

 

さすがにCampagnoloのアルミ最高峰ホイール。  ブレーキフィーリングは最高です。

 

これで、この本妻Bikeは、Shall Ultra 。 妾Bikeは、Zonda と2台ともアルミホイールを履くことになりました。

 


テーマ:

 

土曜日の朝練では、集合場所に行く途中、手賀沼CRに入ったところで3Km歩くことにして、早めに家を出ました。

 

そのため、シューズの底がすり減ってもいいように古いSIDIのシューズを履きました。

 

 

Bkeをひいて、5.2Km/sの速度で3Km歩きましたが、意外と楽。この次は5Kmに増やそうと思います。

 

 

本日の朝練参加者は、Nagaさま、将軍さま、LadyBabaさま、Itoちゃん、手賀沼カンチェラーラそして小生の6名。

 

7m/s以上の強風が吹き荒れる中、Naga爺さまの提案で、女子供が喜ぶという「 イチゴのかき氷 」なるものを食しに出かけました。

 

場所は、佐倉市の順天堂大学の近くとかで、強風の中、裏道で向かいます。

 

刈り入れの終わった田んぼの道を進むと、野焼きしており、

 

 

煙の中を抜けようとしたら、道の近くで燃えており、熱いのなんのって、燻製どころか、丸焼きになりそうでした。

 

印旛沼CRに乗って、

 

 

そのあと、なんともわからん裏道でやや長い坂を上りましたが、坂の途中で、Ngga爺さまが足が攣ってダウン。

 

これは、そのあとの悲劇の序章でした。

 

 

店につくと、

 

 

『 丸ごとイチゴかき氷 』なるメニューがあり、これを注文。

 

 

出てきたものは、期待したものと大きく外れ凍らせたイチゴを薄くスライスし、練乳をかけたもの

 

 

 

『 かき氷 』とあるので、かき氷の上にイチゴが乗ったものを期待し、かき氷ですから、あのシャリシャリ感を期待したのですが、

ベチャベチャ感が強く、とてもかき氷と呼べる代物ではありません

 

1/3はItoちゃんに食べてもらいました。

 

女子供は喜びそうですが、二度と食いたいとは思わない代物。 将軍さまも同意見でした。

 

 

帰路途中、モールで大休止。

 

 

それまでの間に、水分補給はボトル3本分は飲んでいます。そして、塩分タブレットも4個は食べて、塩分を補給しました。

 

Naga爺さまが差し入れてくれたおにぎりが美味しかった。

 

 

この後、木陰を探しながら戻りましたが、木下を抜ける交差点で、Naga爺さまの両足が攣って、ダウン

 

 

水分と塩分は摂取したと、翁は申しますが、

この症状は完全に『ミネラルバランスが崩れたことによる筋肉の痙攣』。

要は、ナトリウム不足ですから、水と塩をもっと多く摂取しなければならなかったのです。

 

 

足が回復するまで、ここで小休止。 20分は休んだかな。

おかげで、小生も頭の後ろが痛くなる熱中症症状が出ていたので、この休憩は助かりました。

 

この後も、小刻みに休憩をとるため、フィッシングセンターでも小休止。

 

 

休む時は、靴を脱ぎ、ソックスも脱ぐとリラックスできます。

 

 

 

 

帰宅後に体重を計ると、朝より2.5Kgダウン。帰宅するまでに2.5リットルは水を飲んでいますので、都合5.0Kgの汗が出たと思われます。

 

帰宅後、1リットル以上水を飲みましたが、真っ黄色の小便が出たのは午後8時過ぎ。

それまでの間は、80kmの走行中、一度も尿意を催すことがなかったので、自分で考えるよりも、発汗量が多く、脱水状態にあったと思います

 

 

翌日日曜日、Naga爺さまは朝練に参加しましたが、さすがにお疲れと見え、避難所で引き返しました。

 

翁もやはり昨日は午後8時あたりまで、小便が出なかったということなので、脱水症状だと思われます。

 

このような暑い時期は、もっと積極的に、水分と塩分の補給に心掛けることが必要ですね。

 

 

 

 

 

 

 

 


テーマ:

 

台風通過後も強風が吹き、ポタリングに出かけられませんでしたが、本日は、風も4m/sくらいなので出かけました。

 

 

 

 

出発にあたり、本日は、3Kmぐらい歩く気で靴底がすり減ってもいいように古いシューズをはいたのですが、

 

途中でまた靴底がはがれてしまい

 

 

家に戻って、シューズを履き替えました。

 

 

 

 

ということで、休憩所についたのは、0945時。

いつものメンバーと駄弁リング。

 

 

 

 

この後、単独で走行し、5日ぶりのポタンリングを終えました。

 

 

はがれた方は、G17という万能接着剤で補修した方なので、帰宅後、靴底修理専用の補修材で接着しました

 

 

ので、1週間後には使えるようになるでしょう。

 

それまでは、もう2足、古いシューズがあるので、それを使い、

ポタリング+ウォーキングの組み合わせを週数回取り入れようと思います。

 

というのも、自転車で毎回50Km走っても、歩行力を鍛えることにはならず、このところ歩行力の衰えを感じていますので、

S翁さんやTエンジニアさんのように、ポタンリング時に自転車を押して数Km歩くようにしたいと思います。

 

これは、古いシューズをとことん使い切ることにもなるので、よろしいかと。

 

 

 

【備忘録】本日午前3時北海道で震度7の震災が発生。 先日の近畿地方の暴風被害といい、平成最後の年は、記録に残る天災の年になりそうです。


テーマ:

 

朝起きてみると、雲は多いものの晴れています。

 

でも、天気予報では、9時、10時台が雨

 

 

NHKTVの天気予報では、毎時雨マーク

 

日曜日も10時から雨マークなので、走れれば本日は走りたい

 

ということで、雨雲レーダーを見てみると、雨雲はあるもののその動きから、

 

9時台に避難所までいき、そのあとピッパラの樹まで足を延ばせば、雨には降られずに済みそう

 

 

ということで、その旨、LINEに入れて集合場所に行ってみると、LadyBabaさまとスーさんがおり、

 

避難所に行ったところで、LINEを見てすっとんできたというSadamさんが待っていました。

 

 

 

 

予報では、雨が降っているはずですが、雨雲レーダーでの予測どおり、降られませんでした。

 

 

 

無事、ピッパラの樹に到着。

 

 

 

Baba様の手にかかると、ニャンコもこの通り。

 

 

 

 

ここのブドウパンは美味なので、ランチ用に買って帰りました。

 

 

 

11時台は朝の雨雲レーダーの動きでは、パラパラ降りそうでしたが、実際は、雨雲はどこかに行ってしまいました。

 

 

 

帰路の手賀沼CR上で、別のヤマボウシの樹を発見。

 

 

食してみました。

 

 

かすかに、アケビの味がしましたが、決して「うまい!」というものではなく、

ジャムにするとか、果樹酒をつくるとかの次のステップに進む気は起きませんでした。

 

 

ということで、雨に降られずに朝練を終えましたが、

 

16時過ぎには、ゲリラ豪雨ような雨が降りました。

 

 

その時の雨雲レーダーがこれ。

 

 

 

明日の予報はこれ。

 

 

走れそうもありませんが、

 

朝の雨雲レーダーの雲の動きでは、走れるかもしれませんので、要確認です。

 

 

 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス