9月14日、3・4歳児さんは園のバスに乗って伊丹市昆虫館へ遊びに行きました。

どんなところかとっても楽しみウインク

 

 

森のような小道を歩いていくと入口に到着。

 

館内に入ってすぐの所には、「10倍の森」

たくさんの昆虫の模型が隠れています。

まるで自分が小さくなって、草むらに迷い込んだような気分。

「あっち見て!カマキリがいる!」

 

 

トンボだって↓こーんなに大きいびっくり

 

 

そして大きな大きなミツバチの「ビッグ・ビー」ハチ

200倍の大きさなので、体の仕組みも良くわかります。

 

 

この中にナナフシがかくれんぼしてるんだって。

どこかな~?

ガーンうわっ!でっか」

 

 

そして昆虫館の一番の見どころはこの「チョウ温室」

ここでは、約14種類 1000匹の蝶を見ることができるそうです。

 

 

ふだん、公園などで見るチョウと違って、ここのチョウたちは人を怖がらないようで、目の前をひらひら~

 

 

人懐っこすぎるチョウがちょっと怖かったのと温室の暑さで、

「せんせ、早く行こうよ~えー

 

 

生きている昆虫だけでなく、標本もたくさん。

 

 

子どもたちに標本はつまらないかな?と思いましたが、とっても熱心に見ていました。

 

 

キレイな色のチョウに「うわ~びっくり

 

 

リアルなチョウの幼虫に乗って記念撮影カメラパチリ

 

 

昆虫の図鑑や絵本もたくさんありました。

 

 

「お腹空いたよ~えーん

ということで、昆虫館を出てお弁当を食べに移動します。

途中の道では、大きなどんぐりを発見!すると…

すぐに「ビニール袋ちょうだい!」とお腹が空いていたことを忘れて夢中で拾い集めていました。

 

 

あっちの木陰で食べよう。

 

 

今回はおうちの方にお弁当を作ってもらいました。

風であおられてレジャーシートを敷くのに一苦労しましたが、無事にみんな着席ウインク

早速リュックからお弁当を取り出して、嬉しそうに見せ合っていました。

  

 

 

おにぎりの中に何が入っているか~とか

お弁当箱はお兄ちゃんのヤツ~とか

とっても楽しい時間でした。

 

 

 

 

お弁当の後は小川の生き物を観察したり…

 

昆陽池にいる白鳥やカモやすっぽんを見たり…。

 

 

最後にバスがお迎えに来てくれる場所までどんぐりを拾いながら歩きました。

 

 

こっちにもいっぱい落ちてる~

あっ、キノコきのこ

 

 

こんなにどっさり拾えました~ルンルン

 

 

いろんな自然に触れることのできた遠足でした。

たくさん遊んで、歩きました。

先生もとっても楽しかったなぁ照れ

また遊びに来ようね流れ星