ここ最近、ガンの相談が多過ぎる!

 

私は食医として様々な勉強をしてきましたが、病気を治すのが目的ではなく、病気にならないための食事指導を主として30数年やってきました。

実際は、やっぱり食欲と言う欲には勝てず、食べたいものを食べたいだけ食べて病気になっている人が多いショボーン

私も食べ物の誘惑には負けそうな時もありますが、学んでいると止める勇気が出ます。 学びって大切だなって思いますグリーンハート

 

ガンは人が作ったものでは無く、自分自身が作ったものです。 原因を理解し、間違いに気づき、改めた方はよくなります。消して人任せでは治りませんよ。

日本で認可されている抗がん剤の半分以上が、欧米では認可されていないと言う事。

日本の抗がん剤ビジネス、ガン保険ビジネスは、国際金融資本に莫大な利益をもたらしていますガーン

 

世界で最も権威のある研究機関、アメリカ国立がん研究所の1988年の報告書によると「抗がん剤は、ガンに無力なだけではなく、強い発がん性で他の臓器などに新たなガンを発生させる増ガン剤でしかない」と抗がん剤の効果をはっきりと否定。

 

岡山大学医学部付属病院で一年間亡くなったがん患者のカルテを精査したら、80%はガンではなく、抗がん剤や放射線などがん治療の副作用で死亡していたことが判明しています病院

 

厚労省「抗がん剤でガンが治ることはほとんどない」

お医者さん全員「抗がん剤は毒物」

 

この現実を知っても、まだ抗がん剤に身を任せますか!?

 

自分の細胞でもあるガン細胞は叩いちゃダメなんです。

私のお客様にガンと共存している方もいらっしゃいます。 大人しくしてもらって大きくならなければそれもありなのです。

 

病気には必ず原因があります。人にうつらない病気は食源病です。

間違いを正し、反省した人は病気になる前の状態に戻す事が出来るはず。

なってからでは大変なのです。 

ならないように「食事道」(正しい食事)に戻してください。

昔から食べてきたもので私達の命はリレーされてきたのですから。

最後まで読んで頂いてありがとうございます。