なぜ“同じ症状”を繰り返すのか?病気が治らない理由②「姿勢」 | 曽於市の源氣鍼灸治療院〜鹿児島県志布志市・宮崎県都城市・三股町方面の鍼灸院です

曽於市の源氣鍼灸治療院〜鹿児島県志布志市・宮崎県都城市・三股町方面の鍼灸院です

心と体を元気にする東洋医学の鍼灸院です。
体を”部分”ではなく”全体”として捉えることで、全身のバランスを整え、病気や怪我を根本から改善します。
自然治癒力・免疫力が高まるため、体質改善や予防が可能です。


テーマ:

曽於市・都城市方面の根本治療ができる自宅鍼灸サロン、源氣鍼灸治療院です。

 

肩こり・腰痛のみならず、不妊治療や自律神経系の疾患など、身体内部の不調にも力を入れております。

 

何でもお気軽にご相談ください。

 

⭐︎公式ホームページ

 

****************

 

前回から、病気が再発する理由についておお話しています。

 

一つ目は、「病気の原因を克服していない」というのが理由でした。

 

雑草はむしり取っても、“根っこ”が残っているとまた生えてくるのと同じですね。

 

今回は二つ目の理由についてお話しします。

 

 

まず最初に、主訴率ナンバーワンの、肩こりの原因を考えてみましょう。

 

肩こりは、特にパソコンや事務処理などのデスクワーク、スマホ操作、ゲームなどをする方に多いですよね。

 

この状況下では、首が垂れ、肩が引き上狩り、猫背になる、“うつむき姿勢”になりがちです。

 

もうお分かりの通り、再発する二つ目の理由は、「姿勢」です。

 

実は、頭部の重さは体重の10%前後もあるので、50kgの人だと5kg前後になります。

 

つまり、うつむき姿勢になると、長時間5kgもの錘が首、肩にかかっているのと同じ状態になるのです。

 

加えて、デスク上で腕を浮かしたり、スマホを保つために腕を持ち上げた状態を維持するため、肩に力が入り、余計筋肉が固まります。

 

また、手作業をする人は、手に力が入り易いため、その力みが腕を通って肩へと伝搬し、肩の筋肉が緊張します。

 

手や腕の筋肉をゆるめ、顔を上げ、まっすぐな姿勢を保つことが、肩こり防止には必要です。

 

 

ぎっくり腰も同じで、“気をつけ”の姿勢に代表される、反り背・反り腰の悪い姿勢によって背〜腰の筋肉が固まり、且つ、腰椎の可動域も狭まるため、発症するのです。

 

この姿勢が改善されない限り、疲労とストレスが加るたびにぎっくり腰を繰り返すことになります。

 

 

さらに、冷え性生理痛、むくみなども、長時間同じ姿勢をとることで、内臓が圧迫され、腹腔内の血液の循環が悪くなることでも起こります。

 

 

このように、姿勢や身体の操作法、作業環境まで改善することが、本当の意味での根本治療となります。

 

正しい姿勢とは、全身を隈なくゆるませ、身体の中心である骨で立つことです。

 

もちろん治療も必要ですが、ご自身の身体や環境を見つめ直すことも忘れないでくださいね。

 

ゆるんだ正しい姿勢は、ゆる体操教室で学べますよ。ニコニコ音譜

 

次回は三つ目の理由です。

 

※理由①の記事はこちら

※理由③の記事はこちら

 

お楽しみに。音譜

 

 

 

 

 

⭐︎公式ホームページはこちらへ。音譜

 

⭐︎美容専用ブログはこちらへ

 

⭐︎Facebookページはこちらへ

 

曽於市末吉町の源氣鍼灸治療院

 

鍼灸治療・美容鍼灸・骨格調整・ゆる体操

 

TEL

0986-36-5686

(完全予約制)

※お電話・メールフォームにてご予約を

 

住所 曽於市末吉町二之方6041-7

曽於高校から徒歩4分。

西都城駅から車で約25分。

ドラッグイレブン末吉店すぐ裏。

 

診療時間 9:00~18:00

休診日 不定休


初めての方へ  メニュー・料金  患者さまの声  
よくあるご質問  アクセス  ご予約・お問い合わせ  

曽於市の源氣鍼灸治療院(曽於市・都城市の鍼灸整体院)さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります