春のぎっくり腰に要注意! | 曽於市の源氣鍼灸治療院〜鹿児島県志布志市・宮崎県都城市・三股町方面の鍼灸院です

曽於市の源氣鍼灸治療院〜鹿児島県志布志市・宮崎県都城市・三股町方面の鍼灸院です

心と体を元気にする東洋医学の鍼灸院です。
体を”部分”ではなく”全体”として捉えることで、全身のバランスを整え、病気や怪我を根本から改善します。
自然治癒力・免疫力が高まるため、体質改善や予防が可能です。


テーマ:

曽於市・都城市方面の根本治療ができる自宅鍼灸サロン、源氣鍼灸治療院です。

 

肩こり・腰痛のみならず、不妊治療や自律神経系の疾患など、身体内部の不調にも力を入れております。

 

何でもお気軽にご相談ください。

 

⭐︎公式ホームページ

 

****************

 

まだ寒い日もありますが、少しずつ暖かくなってきましたね。晴れ

 

しかし春は、ぎっくり腰になりやすい季節でもあるので、注意が必要です!

 

春は病気の芽吹く季節と言われますが、その原因は冬の過ごし方にあります。

 

東洋医学では、冬は「腎臓」が司ります。

 

腎臓は「物を蔵する」、「固める」働きがあり、また腰は「腎の府」といって関わりの深い部位でもあります。

 

冬はしっかりと身体を休め、体力を十分に蓄えておくべき季節です。

 

しかし仕事などで無理をすると、腎臓はもっとエネルギーを補給しようと頑張り過ぎて疲労するため、腰も弱り、冬のぎっくり腰の原因につながります。

(※冬のぎっくり腰についての記事はこちら)

 

 

そしてになると、今度は「肝臓」の働きが活発になります。

 

春は植物が芽吹きますよね、つまり肝臓は「発生」・「発散」する性質を持っています。

 

また肝臓は「血」の貯蔵庫であり、更に「筋肉」にも血を送って支配しています。

 

春は肝臓が全身に積極的に血を送って、身体を活動的に変えて行きます。

 

しかし、急に身体が積極的に活動したがるため、筋肉に血が十分に行き渡っていない状態無理に動こうとして、筋肉が引きつれてぎっくり腰を起こしてしまうのです。

 

特に腰は筋肉が集中しているので、血も多く必要です。

 

加えて、冬に無理をして腎臓が弱っていると、腰も弱っているので、よりぎっくり腰になりやすいと言えます。

 

私も鍼灸学校を卒業した直後(三月)、それまで国試で無理をしていたため、二度目のぎっくり腰を起こしました。ガーン

 

幸いにもすぐに鍼灸治療をしたので、この時は早く完治しました。

 

更に、春は上半身に熱が上りのぼせて、逆に下半身が冷えて弱っていますから、腰を痛めやすいというのもあります。

 

 

このように、腎臓肝臓の働きが、ぎっくり腰には大いに関係しています。

 

ぎっくり腰を冬におこす人、春におこす人、それぞれ発症するピークは違います。

 

しかしそこには、季節による連続性や関連性があることを、しっかりと肝に命じておくことが、肝腎ですビックリマーク

(※季節の関連性による病気の記事はこちら)

 

 

その他に、春にぎっくり腰を起こすやすい理由として、寒暖差からくる筋肉の緊張—緩和によるギャップや、自律神経の乱れによる血流不足も考えられます。

 

つまり、寒暖差の激しい季節の変化に、身体と脳がついていけてないのが原因です。

 

 

春は、花粉症、アトピー性皮膚炎、うつ症状(五月病)、喘息、そしてぎっくり腰になりやすい季節です。

(※花粉症の記事ホームページより)

 

早いうちにしっかりと治療をし、または予防をしておくことがとても大切です。

 

元気な心身で、陽気な春を楽しみましょう。ニコニコ

 

(※ぎっくり腰の総合記事はこちら)

 

 

 

 

 

 

 

⭐︎公式ホームページはこちらへ。音譜

 

⭐︎美容専用ブログはこちらへ

 

⭐︎Facebookページはこちらへ

 

曽於市末吉町の源氣鍼灸治療院

 

鍼灸治療・美容鍼灸・骨格調整・ゆる体操

 

TEL

0986-36-5686

(完全予約制)

※お電話・メールフォームにてご予約を

 

住所 曽於市末吉町二之方6041-7

曽於高校から徒歩4分。

西都城駅から車で約25分。

ドラッグイレブン末吉店すぐ裏。

 

診療時間 9:00~18:00

休診日 不定休


初めての方へ  メニュー・料金  患者さまの声  
よくあるご質問  アクセス  ご予約・お問い合わせ  

曽於市の源氣鍼灸治療院(曽於市・都城市の鍼灸整体院)さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります