1 | 2 次ページ >> ▼ /
2005-12-30 20:04:41

ショパンZERO

テーマ:石鹸では落ちない汚れがある。

ある夜、星空を眺めていました。

満天の夜空。


「綺麗だね」


普通の子なら、そこで


「そうだね☆キャハ☆」



なんて言うんでしょうが・・その子が言ったセリフは・・・・













「鳥肌みたいで気持ち悪い」



以上。










・・・・。






以来、夜空を見上げるたびに鳥肌に見えてきます。



毎回僕の好きになる子はどこか違った感覚の
持ち主みたいです。



夜空の管轄は何省でしょうか。
どうも、こむぞーです。




とうとう年の瀬も迫ってきました。
今回銘打った「ショパンZERO」。





ZEROというだけに、げんかやメンバーとの
出会いを振り返ってみたいと思いましてこのタイトル。
(やっぱ振り返る男こむぞー)





それでは、今週のショパン、いってみましょか!
(珍しく無駄にハイテンション)

















はじまりはまじなり~















































------------------------------------------------------


そう、あれは2002年春―――。







希望と不安にちょっぴりドキドキしながら、
大教室でガイダンスを受けていたときでした。









一年間つらい浪人時代を乗り越え、
俺の大学生活の門出。



胸、躍る。








そこに
遅刻して入ってきた一人の男。




挙句、顔が真っ赤で、



なぜか









「酒臭い」



奴が俺の隣に座ってきた。





坊主頭。






















・・・・。























なり
なり
(大学生活いきなりの頓挫)







実は、大学で初めて知り合った人は、
こいつでした。




なり「ここ空いてますか?」


こむ「はい(酒臭ぇ)」


なり「昨晩飲みすぎて、二日酔いなんよ~ちょっと寝るから後から教えてくれへん?」


こむ「いいよ(マジかこいつ・・)」






と言ってなりリアルに爆睡。






その後、携帯番号を交換したものの、

もう二度と会うことはあるまいと半ば本気で思っていた笑
(早稲田は広いのだ)












が、












その後、ある男がなりと劇的再会を果たさせてくれることになる(やっぱ早稲田は狭かった)。


実はその「ある男」はこの話の中で結構キーマン的存在となる(かもしれない)。









その男とは・・・




















































takashi
げんかやゼウス、たかし(最近ブレイク中)。











今でこそ、短髪の黒髪にエセさわやかさを醸し出すも、



その当時は、どっからどうみても、


















chiuyan_5
「チューヤン」








































・・・・。
































メガネにロン毛に茶髪にパーマ
(写真は後日)


そう、あれはコンピューターガイダンスを受けるため、
パソコン室に入ったときだった。







隣の席が空いている。




誰だろうと思っていたら、


メガネにロン毛に茶髪にパーマ姿のたかし登場。









たかし「ねぇ、授業何とった?俺青森出身のたかし。」


こむ「あ~語学が一緒だね~。俺熊本出身のこむぞー。」













3秒で意気投合(類は友を呼んだ)。




当時たかしの口癖が







「これも何かの縁だ」




ということで、サークルの新歓コンパ(すごい懐かしい響き)を一緒に回ることになった。










そこに・・・









たかし「さっき知り合った、なりくん」


なり「よろしく・・あっ、こむぞーくん」


こむ「あ、、、京都の・・二日酔い・・・」


たかし「えっ、知り合い?」





















なりと再会。
(早稲田は狭かった)


























・・・・・。























やはり類は友を呼んだ。























後々ではあるが、この三人プラス語学のメンツで、


サークルに入り損ねた人たちをサークルに入れるための、




サークル・「ツタンズ」を結成。
(注:名前の由来は仮面浪人ならぬ、仮面サークルなので、仮面と言ったらツタンカーメンという恐ろしくアホな理由から「ツタンズ」となった)







なぜか琴サークルや囲碁サークルに新歓荒らしの如く突っ込み、


撃沈後、ツタンズに舞い戻るという悪循環。


(ちなみに僕は高校時代陸上部で総主将をやっていたので、
陸上サークルに行くも、一年半のブランクは重く、撃沈。)






毎日、学生会館のカフェテリアに集まり、サークル紹介雑誌を片手にツタンズは戦った。










伝説がある。





新歓といったら出会い。
ポン女学女大妻跡短(プラス早稲女)。


胸をトキメカセル出会い。





ある時、安酒を飲みにたかしと二人テニスサークルのコンパに参加。




さすがテニサー。政治サークルとは違い、圧倒的に女の子が多かった。
(男女比2:8)









無駄に気合が入る、若かりしたかしこむぞ





飲んでコールして、周りに気を配り、
テニサーの人たちよりも盛り上げていた
たかしとこむぞー。









結果、







僕らの周りは新入生たちが集う。。。
























































ヤローども「お前らといると何か楽しい

















意図した結果と恐ろしく違い、



2秒ほど困惑するたかしとこむぞー。


























































が、






















ヤローばっかの方が気楽で楽しい(・∀・)












ということでテニサーの二次会を無視して、








ヤローばっか十数人で二次会決行!



これがたかしとこむぞーによるサークルジャック事件である。




まぁ今日はしょうがない、明日の出会いに期待しよう、


と若かりしたかしこむぞーの反省。
















が、









次の日も、


また次の日も、


そのまた次の日も、







コンパ終わる頃には俺らのテーブル―――
























全員ヤローばっか。








まさにヤローのオアシス。パラダイス銀河。




そして



ヤローばっかの方が気楽で楽しい(・∀・)



という同形反復。
(反省って何でしょう)






そんなこんなで語学が始まる。






そこに待ち受けていた奴らがいた。


「俺けいじ(・∀・)」


「俺しんご」


「俺なり」


「俺たかし」


「俺こむぞー」









他学部のはまじを除き、ここでメンバー全員と知り合うことになる。

(恐るべき早稲田のコンピューター)








当然の如く語学に遅刻してきてこんな(・∀・)顔してるけいじ。



今よりも老けていたとの憶測もあるしんご。



怖い先生にギャグをかまし(本人は真剣)、場を凍りつかせるなり。



真剣さを装い、すごく適当な和訳をするたかし。



教科書の代わりに辞典を持ってきて、一体何をしに授業にきたかわからないこむぞー。



















・・・・。


















何このクラス滅






そしてある晩、けいじたかしとうちで飲むことになった。



午後六時―――。



じゃんけんで負けた僕が慣れない手つきでモヤシ炒めを作り、












散々たかしとけいじに文句を言われ、悲しみに暮れ、酒を飲む。

若かりしこむぞー
(以前ブログでパンツ一枚の僕の写真がありましたが、それはこの時のものです)























・・・・。











この日思い知ることになる。


























けいじ
けいじの酒豪っぷりを。








以前けいじがこんなことを言っていた。









けいじ「俺と割り勘するとみんな割に合わないって言うんだよね(・∀・)

あたりめーだ、馬鹿ヤロウ!!笑







大体酒の強さでいったら当時、俺とたかしがほぼ互角。
(当時入っていたテニサーの合宿で、酒で酒を洗うたかしVSこむぞーの潰し合戦をやり、ほぼ同じくしてダブルノックアウト)




酒の強さはけいじが群を抜いていた(今でもそう)。




その日、23時を過ぎたあたりで道端で知り合った友も呼び、



結局次の日の昼まで(何かおかしくないか?)、



結局18時間飲み続け、議論しまくっていた。














教育論、人生論、恋愛論、将来論、政治論。






今となっては答えの出ない価値観論争だと割り切れるものの、


駆け出しの僕らは延々と次の日の昼まで議論していた。
(「青森に生まれたシンデレラ」の異名を持つゼウスは夜の0時を過ぎると寝ます。必ず。
が、このときたかしは奇跡的に起きていた)










朝8時。

事件は起きた。こいつの一言で。
(事件は教室で起きているんじゃない、飲みの場で起きている)




























けいじ「こむぞー、酒足りないから買ってこようぜ

(・∀・)
(注:朝8時です)













たかし・こむ「・・・・(マジか、こいつ)」





この時間になって焼酎、ポン酒を大量に買い込み、昼にはそれがなくなっているという惨事が起きた。





















・・・・。












































けいじよ、お前と割り勘は確かに割にあわねぇ。
(おごらされる時は尚更)




その後、僕は永田町通いを始め、ほとんど学校にこなくなる。














けいじとはテスト前に会っていた(今度ビールおごれよと言われた)。


たかしとはちょくちょく会って飲んでいた(お互い愚痴っていた)。


なりとは音信不通になった(さらば、出会いの第一号)。


しんごは色んな意味でスカしの連続みたいだった(普段の生活も恋愛も)。
コンビニ

(↑画像注:鼻にタバコ突っ込んでちゃ彼女はできません)



















そんなこんなで2005年の冬。








一通の留年通知書が届き、


電気を消し、冷蔵庫の明かりだけで、


ミスチルの「優しい歌」ゆずの「フラリ」 (←クリックすると歌詞を見れます)を


体育座りをしながら聞き、



打ちひしがれているところにたかしから電話。


















たかし「今何してんの?」



こむ「電気を消して、冷蔵庫の明かりだけで、

ミスチルの「優しい歌」とゆずの「フラリ」を
体育座りをしながら聞いている」



たかし「・・・いやそこまで詳しい説明は
いらない。今からけいじんちで飲むからきなよ」



こむ「いや今日は・・・・」






































・・・・。


















行ってしまいました。
酒のエデンへ。






そこで、メンバーと再会。

落ち着くひととき。

が、そこに耳慣れない男の名が響く。

みんなそいつのアホ話をしている。










曰く、












はまじオブジェ横
はまじ

















と・・・。


たかし曰く、







「マスコミ志望で、飲みには必ず来る男。面白い奴だよ。実はあまりよく知らないけど」
(たかしのテキトーっぷりがよくわかる発言)

けいじ「今呼んだよ。今日はまじの第一志望のエントリー合否発表らしいよ(・∀・)」


そして、来た。




きやがった。



ミスターHAMAJI。










はまじの登場は戦慄だった。

どこからどう見ても、はまじ。

スーツ姿だが何かおかしい。

ネクタイが異様に長いのだ。

股下まで届くそのネクタイ。

違った意味でヤバイと思った。








が、一応初対面のご挨拶。





こむ「はじめまして(こいつか、はまじ)」


はまじ「お、おう(誰だ、こいつ)」


こむ「俺こむぞー(何かうぜぇぞ、こいつ)」


はまじ「俺はまじ(何かめんどくせーぞ、こいつ)」

































・・・・。




















はい、なんともあっさりと、そして殺伐としたもんでした。












そこへ僕の携帯に一通の電話。






受けていた企業の人事から。







人事「何で今日面接こないの!?あれだけ頼んだじゃないか」





こむ「はい、実は・・・





































留年が決まりまして。






































・・・来年必ず受けに行きます涙」











































一同爆笑。
(&滅)













そして、はまじエントリー合否発表。







自主留年してまで、その企業にいきたかった。


昨年は最終面接までいった。


エントリーシートの添削までやってもらった。


今年こそは・・・





























が、

























けいじ「はまじ、お前、落ちてるよ

(・∀・)





























どぅーーーーーーーーーーーーーん!!!!!!










適当にやったけいじはうかり、全力をかけたはまじ、散る。





そして、はまじのエントリーシートのダメだしが始まり、


傷口に塩をすり込むメンバー。

















「具体性がないよ」


「熱意が伝わってこない」


「字が汚ねぇよ。読みづらい」


「けいじのエントリー読んでたら、会ってみたくなる」


「ネクタイ長すぎだよ、はまじ」


「何か暗いよ、はまじ」


「終わってるよ、はまじ」


「ブハハ(・∀・)」








なんて仲間思い。

はまじの次を見据え、激を飛ばすメンバー。

なわけはなく。




言いたい放題。







はまじ酒に逃げる。飲む飲む飲む。

そして
















毒霧をかますはまじ。


ムービーをとるけいじ。


ひたすら食うたかし。


恋について語るしんご。


愚痴るこむぞー。


ノーリスク、ノーリターンと迷言を残すなり。





これからのげんかや的生活を予言するかのごとき一夜・・・。









































滅。





こうして、僕らの大学生活最後の一年が始まったのであった…。
(注:こむぞー除く)



AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)
2005-12-27 00:09:37

卒業写真のあの人は、酔っ払っていた~♪(ユーミン風)

テーマ:ブログ

先日、知り合って間もない人(♀)から、



「はまじってすごく不細工な女と結婚しそう」



との言葉をいただきました。




ノーコメントで。どうも、はまじです。






さて、すっかり記事にするのを忘れていたんですが、






先週、我々「げんかや14号店」、たぶん結成以来初めて昼間の大学に集合しました。









なんのためかって?









































卒業写真撮影のためですよ、ダンナ。











そう、我々は卒業間近な大学4年生(俺は5年だけど)。



ぼちぼち卒業も近づいてきて、少々センチメンタルになってしまう季節になってしまいました。





毎年、早稲田大学では卒業アルバムなるものを制作してまして、それに載せる写真をこの時期に撮影するんですね。



しかも撮るぶんには無料!





この時期になると、大学周辺では写真撮影に向かう大学4年生がよく見られます。














個人で撮る者アリ。


サークルで撮る者アリ。






そして―――


















単なる飲み仲間と撮る輩アリ(・∀・)
































…はい、我々のことです。

(注:「げんかや14号店」はサークルではありません)












てなわけで、次々に大学に集まるげんかやメンバー。



















我々げんかや14号店、顔を合わせる時はすなわち酒を飲む時なので、


会う場所は必然的に安居酒屋(我々のメッカはビール150円の安居酒屋「わっしょい」 である)。








お互いの顔を大学で見ることに新鮮さを感じていると、


「平成の愚痴将軍・コムゾー(←その由来はこちら )が言った。 

























こむぞー「おぉ!


























































俺、大学ではまじと会うの初めてだ(・д・)!





































!!!








































はまじ「その通りだ(・∀・)!
















最近、半同棲しているのかというぐらいコムゾーが愚痴りに我が家に来るので気づかなかった(数えたら今週も5回来てる)。











そう、こむぞーとはまじの留年ツートップ―――



















































メンバー内でも最も大学に足を運ぶことが少ない二人なのである。

(ちなみに僕は早稲田祭以来一度も行っていない)



















てなわけで、
















奇跡の記念撮影(人はこれを「大隈講堂の歓喜」と呼ぶ)。

1

(後ろに写ってる建物が大隈講堂。ケータイで写真見れない方、申し訳m(_ _)m)








てなわけで、撮影の順番が回ってきたので会場の大隈講堂に向かう我々。
















そこで、けいじがあることに気づく。





























けいじ「おぉ!
































なりが来てねぇ!!

































なり、この日はバイトで不参加。

(なんという間の悪さ)



そう。既にお気づきの方も多いかもしれませんが―――






この「馬鹿の神痛い子」「ノリの悪い関西人」など、負のイメージしか付かない異名を多く持つ男、

















神がかって間が悪いんですね。

(北日本旅行のときにそれが爆発。そのときの様子はこちら








このハゲボウズの間の悪さにウンザリしつつ、再びけいじがあることに気づく。




























けいじ「おぉ!












































なんで狂子がいるんだよ!笑」

















はい。

ここ最近、げんかや率が非常に高まっている、狂った子と書いて狂子

鬼狂子

(この前日も、卒論が書き終わった記念に酒に付き合えということで我々に召集がかかりました。記念すべき日の酒の相手にげんかやメンバーを選ぶ時点で正常ではありません






てなわけで、Jリーグの如く急遽げんかや入れ替え選。

狂子がJ1に昇格、なりがJ2に降格し、そのまま撮影を済ませたのでした。笑











しかし、普通に撮影して終わらせるわけがありません。






中学や高校の部活の集合写真を考えてみてください。







サッカー部ならばサッカーボールと共に写り、


バレー部ならばバレーボールを持って写真に収まり、


野球部ならば野球ボールを持って笑顔が基本。













それならばということで、我々―――









































全員がエビスビール片手に写真に収まりました。

(ボールをビールに持ち替えた)







で、あっさりと撮影が終わってしまったんで、当然そのままの流れで―――






















昼間の講堂前で酒盛り開始(・∀・)

3

(PM2時。げんかや的キャンパスライフの図)











昼間からエビスビール。

なんと贅沢な時間の使い方。






あっという間に飲み干し、傍らで他のサークルが爽やかに撮影するなか、飲んだくれる異常者集団。










ちょうどこの最中、来年早稲田を受験するらしき受験生の集団が僕らの前を通り過ぎたのですが―――































ほとんど恐怖の表情でした。

(早稲田酔いとこ一度はおいで)







で、兎にも角にも酒が足りねぇぞということで、近くのコンビニに買出しに走るシンゴ&はまじ。















で、買ってきたのが―――
























ボジョレー・ヌーヴォー。

4

(狂った子と書いて狂子、我が子のようにボジョレーを抱えるの図)
















なんと大学にてボジョレーを飲むことになろうとは…。






貧乏集団の我々にとっては結構値の張る買い物だったのですが、








ほとんどがボジョレー初体験だったこともあって、昼間からテンションは最高潮。









で、飲んでみたところ―――

6

(ボジョレーを開封するたかしの図)

























他のワインとの違いが分かんねぇ(ノ`д´)ノ







というのが総意でございました。泣

(酒なんざ酔えりゃそれでいいのさ)








で、すっかり良い感じになり、








講堂前で記念撮影。

5

(実は大学で写真撮るのは初めてかもの図)













このまま解散するのは勿体無いということで、カラオケにでも行くべということになり、一路カラオケ屋へ。
















その途中、コムゾーが呟く。
















こむぞー「実はさぁ、俺…















































今月の生活費、100円しかないんだよね」






























!!!
























シンゴ「マジかよ…。生きていけるのか?」





















こむぞー「いや、さすがにそれじゃ生きていけないじゃん?だけどそれと別に年末に帰省する飛行機代の3万円があるんだよね。だから今からそれを―――













































パチンコで増やす!

























!!!





































































一同「オマエはアホか?



















てなわけで、この後、

















我々がカラオケに時間を費やす最中、

7

(アホ面で熱唱の図)















こむぞーは、

















一世一代の大勝負に出ていました。

8

(けいじ、カラオケを抜け出してパチンコ中のこむぞーを盗撮。本人気づかないの図)




























はい。上の写真を見れば一目瞭然なのですが―――


















結果を言うとコムゾー君、ボロ勝ちしました。

(足元には玉がいっぱい)
























その後、カラオケから出てきたコムゾーと合流する我々。












けいじ「おう、どうだった?結果は」




こむぞー「いやぁ、何とか勝ったけど微妙だな。1万弱ぐらい」




けいじ「ウソツクナ。オマエ、ボロ勝チシタダロ(・∀・)」

(証拠写真をコムゾーに見せるけいじ)




こむぞー「……」

(実は3万以上勝っている)













































































というわけでこの日、せっかく勝ったこむぞーはけいじにたかられてしまったのでした…。

(かなり婉曲な新手の恐喝。おごる方もおごる方だが。泣)


















おしまい♪
















~追記~


すっかり忘れていました。


卒業写真ということでみんなで卒業写真に収まったわけですが―――



















こむぞー君だけ来年も大学にいます!

(留年万歳)





てなわけで、こむぞーのために来年もわざわざ大学まで来て再び卒業写真撮ろうかなんて話も出ております。笑

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2005-12-24 02:47:26

ショパンSPECIAL~バッハあたりで~

テーマ:石鹸では落ちない汚れがある。

「次いつ会える?」



と聞いたら、



「んー忙しくて無理かも」




と言われたことがあります。











ミリオンセラーを連発した、



かの小室哲哉、TKは言ってました。




「僕の睡眠時間は15分。


忙しいという人の大半はいいわけだと


思うけど、僕ぐらい仕事抱えてたら


忙しいと言ってもいいよね。」





















TK、俺もそう思う(注:選挙期間中を除く)。













ちなみに、その娘と会う機会はその後なかったです。

どうも、こむぞーです。























皆さん、今日はイヴですね。




どう過ごしますか?



彼氏彼女と?










それともはまじスタイルで?

(↑その記事はこちら を)







ちなみに僕は













































































クリスマスよりも天皇誕生日を祝う派です
(何でも派閥にしたがる、コレヲ永田病トイフ)

























































































・・・・。












































































はい。

今日のショパンはそんな僕が今日ふと考えたお話です。













もう今年も終わる。


そう思った時ふと考えました(何でも振り返る男こむぞー)。









曰く、






今年一年でどれくらい酒を飲んだんだと。













考えてみてください。



我々げんかや、サークルでもゼミでもない、

ただの飲んだっくれ集団。








一体どれくらいの酒量を一年間で消費したのか・・。
(どれくらい財務省主税局に酒税を納めているのか)































飲んべえとしては大変興味深い命題となりました。







はい、こむぞーの場合で考えてみましたが、


メンバーほとんどが同じぐらいのペースで飲んでおりますので


自動的に平均がとれます。




















以下問いと回答。









問1:週何日飲まれますか?





さっき手帳を見てみましたが、週ナナの時もあったり、










]



週四もあったりで、平均すれば、週五日と出てきました。
(注:週五で飲めば充分だろう・・・)





















問2:一回でどれくらい飲まれますか?












さっき冷静になって考えました。








































ビア7、8杯飲んだ後、焼酎、サワー、チューハイ等飲む。































その結果、平均5000ミリリットル。



















































・・・・。
















































はい。



一ヶ月は平均で四週間ありますね。



ということは




一ヶ月で八日飲まない日がある計算ですね。









一年は12ヶ月。





はい。






12×8=96(日)









一年は365日なので、















365-96=269






はい、






















小学生でもできる計算ですね。
(ちなみに僕らは大学生)



















はい、大体年間269日飲んでいる
ということになりました。










































滅。



























でこれに先ほどの一日飲む量5000ミリリットル


をかけてやると、なんと年間飲酒量がわかる!!!!









なんと画期的!





もう分数のできない大学生なんて言わせない。
(もう永田町の論理がわからない大学生なんて言わせない)
















発表します。






年間飲んだ酒の量。
















































1345000ミリリットル。

(注:一人当たりです)





















































・・・・・。




















これですね、東京ドームを一杯にできる量なんですよ。









はい、わかりやすいように、





トンにして表します。
(トン表記という段階で何かおかしい)























出てきた答えが、




1.345トン。































































はい、1トン超えました。






これですね、よくよく考えてみたんですよ。


げんかやメンバー6人で

大体7トンの計算になります。






はい。

ナウマン象ってゾウがいます。






ゾウ一頭、大体4.5トンです。

















約二頭弱。






















































・・・・。












































































げんかや、ゾウを超える。



































そして調査を進めた結果、


我々は一体年間どれくらい酒に


金を注ぎ込んでいるかという命題にブチ当たりました。










はい、我々行きつけの一番安い居酒屋の値段で計算しました。
(注:わっしょい。生一杯150円税込)



























出てきた結果が、













約70万円
(注:一人当たりです)












はい。

大学生のアルバイト代って大体月7万ほど。





ということは、年間84万円ほど。

































・・・・。
























我々げんかや、ほとんどが酒に労働の対価を
払っているということになります。



考えてみてください。
















70万もありゃ、車、買えます。
















もう少し頑張れば、プラズマテレビ、買えます。
ルイ・ヴィトンも、こんな(・∀・)顔して買えちゃえます。






















・・・・。




































でも、俺は思う。



飲んでいる時間は、










お金で買えない価値がある





























PriceLess








買えるものがあったら、その金で、酒、飲め。



まぁ、その結果、月末にみんなこうなってる。






よ~く考えよう~お金は大事だよ~












ウ~ウウ,ウ~ウウ~(ToT)

AD
いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)
2005-12-22 00:31:31

流行語を他に思い出しました。

テーマ:ブログ

先日、サザンの桑田佳祐のラジオ番組を聴いていたら、いみじくも


「青木って名字の奴にロクな奴はいない」


と仰せになられておりました。




げんかやにも一人青木がいます。




さすがは桑田、見破ったか。
どうも、はまじです。




さて。


前回の記事 で「げんかや的流行語大賞」を発表したわけですが、更新してからわずか数分後、





けいじから「こんな流行語もあったぞ」ってなメールが来たので、

今回はそれを紹介しようと思います。






少々数が多くて全部書くと長くなってしまうので、


今日はとりあえずその中の一部だけということで。



















あ、忘れてた。










































































既にランキングは無視の方向でお願いしますm(_ _)m
(ランク付けするの面倒くさい)









とりあえず今回はシンゴはまじたかしの珠玉の迷言を。











まずは前提として説明しなければならないのですが、今回の主役の一人であるシンゴという男、普段は




縮小 変身後

こんなことや、
































ポテトオヤジ
こんな顔や、























































コンビニ
こんな醜態を晒すような汚れた男なわけですが、
































一歩げんかやの外へ出て、女の子や初対面の人の前に出ると―――























































半端なくスカす奴なんですね。
(※「スカす」…類義語には「カッコつける」「調子に乗る」)













我々「げんかや14号店」」、たまーに飲み会か何かで女の子と一緒になることが稀にあるのですが、















そんな時になると決まってカッコつけ、スケコマシ野郎にキャラチェンジし、立場を逆転させてついには僕らをイジり始めるので―――











































「調子に乗るんじゃねぇぞゴラァ(ノ`д´)ノ」
















と、酔っ払った僕の毒霧による返り討ちにあったりするわけですね。
(毒霧の方がよっぽど問題がある)







以下、そんなシンゴ君の生み出した珠玉の迷言。




あれは、もはや今は昔となってしまった「北日本旅行・お前の親の顔が見てみてぇツアー」中に生まれたものでありました。



札幌、函館を通過し、たかしの故郷、青森は十和田を訪れた我々。
(そのときの様子はこちら を)





例によってたかしの家族とともに飲んだくれていたのですが、しばらくしてたかし弟のことに話題が及びました。





現在地元の高校に通っているたかし弟。



たかしが高校時代に柔道部に属し、今はただの大食漢になってしまったのに対し、この弟は―――









































なんとダンスなるものをやってらっしゃるんですね。
(カックイー(・∀・))







しかも今年の文化祭で全校生徒の前で腕前を披露しらしく、それはもうかなりのレベルなんですね。




で、そのときのビデオがあるからみんなで見ようという話になり、さっそく上映会が始まったわけですよ。











そしたらこのスカシ野郎―――







































延々とウンチク語るんですね

(`д´)























シンゴ「あ、このダンス、○○っていうんだけど」

















げんかや一同心の声「うるせぇな…。黙って見てろよ」

















シンゴ「あ、この音楽はね…」

















げんかや一同心の声「あー黙って見てろや。集中できねぇ。うぜぇ。」





























シンゴ「あ、これこれ。オールドスクールだよね」






































プツン(←何かが切れた音)
























































なぁにがオールドスクールだコノヤロウ凸(`、´メ)















その場にいたげんかやメンバー、たかしはまじけいじから集中劫火を浴びるスカシンゴ。
















ゼウス「知ったかすんじゃねぇよコラ」


不幸の男神「お前ダンスなんかしたことないだろうがよ」


バッカス「酒飲めよ(・∀・)」
















神々からジャブの集中攻撃をされて化けの皮が剥がれ、ショボショボにショボくれるシンゴ。



その様子を見て笑いを我慢できないたかし一家。










(※ちなみに先ほど調べたところオールドスクールとは、
70年頃~85年前後までのヒップホップのことを指すそうです)







それでもシンゴに対する不満がおさまりきらなかったのでしょうか、







この状況に及んで、たかしが今年流行らせた新たな名言がシンゴに炸裂します。


























































































たかし「死ねばいいのに(・∀・)

























「許す!」とは対極の意味を持つ「死ねばいいのに(・∀・)」は、今年の上半期においてげんかや内にて一世風靡した流行語です。
(もちろん本気で言ってるわけじゃありませんよ。命は大切に。)






















「行政「立法「司法」を合わせて三権分立といいますが―――





げんかやの「司法」を司る裁判官・たかしの一言で、無罪にも死刑にもなってしまう。


ゼウスの力の絶大な威力が窺えます。







このフックパンチのようなゼウスの発言によって、哀れなスカシンゴは既にヒョロヒョロ。


あと一発くらうと即ダウンのような状況になります。













止めのアッパーカットを食らわせたのは、げんかやの「行政」を担当する私・はまじ



不肖はまじ、「行政」の立場に基づいて、この場面において新たなる迷言を生み出しました。








































はまじ「シンゴよ、お前…
































































































なんか不信任案(・∀・)











































































シンゴ、ついにKO。

















あえて解説しますとこの「なんか不信任案」。


当時総選挙前だったこともあって「内閣不信任案」とかかっているわけですが、


そんな重要な案件を「なんか」で済ませてしまう点が非常にげんかや的だったりします。











ともあれ、この日に生み出された








「オールドスクール」


「死ねばいいのに」


「なんか不信任案」


は、以後もげんかや内で使われ続け、その度にシンゴは軽くヘコみぎみになるのでした…。












…あ、今、「司法」「行政」ときたんだから「立法」の担当が誰なのかも教えろよって思ったでしょ?


思ってない?いいや思ったはずだ。
えっ、しつこい?俺ウザイ?俺はまじ。




それじゃあ聞かれてなくてもお答えしましょう。






結果から言うとげんかやの「立法」はバッカス・けいじが行使しているわけですが、






この男が次々に打ち立てている法は―――


































「酒の掟」限定なんですよね

(・∀・)










それに因んだ彼の迷言を二つほどご紹介しましょう。





奴もそのことをmixiにの日記に書いております。

では、それを抜粋して今回は終わりにしようと思います。


以下、引用。









2005年12月14日 05:08 言葉。



人間は生活していくために、様々なよりどころを持つ。


家族しかり、宗教しかり…。


その中に、格言というものがある。


mixiのプロフィールにも「好きな言葉」を書く欄がある通り


どんな言葉が好きなのかで、その人物を知る手がかりとなる。


そこで、最近俺が吐いた言葉を思い出してみる。







……。





格言①




ある飲み屋にて。お湯割りを飲む友人に言う。








「焼酎は割るもんじゃねぇ。飲むもんだ(・∀・)」







…一時間後、友人死亡。









……。



格言②



ある飲み屋にて。終電を気にする友人に言う。











「時間を気にして飲む酒ほどマズい酒はナイ(・∀・)」








…一時間後、友人死亡。





……。






あー。





だから俺、悪魔とか酒豪とか言われてたのか(゚▽゚)←最近気づいた

















「司法」「行政」「立法」の三本柱が備わったげんかや14号店、今後もよろしくお願いします。


mixiも相変わらず半永久的に募集してますので希望される方はgenkaya14@hotmail.co.jp  までどうぞ!

(mixiについての記事はこちら です!)

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2005-12-19 02:33:47

げんかや的流行語大賞発表!

テーマ:ブログ

先日、初対面の小4の女の子に、


「はまじってモテないでしょ?」


って言われました。


「ヘイヘイお嬢ちゃん、あと10年経てばきっと俺の魅力が分かるぜ」



そんな反論も空虚に聞こえます。


どうも、はまじです。






気がついてみれば、



今週末はクリスマスイブ。
再来週末は大晦日。





ここにきて年の瀬も一気に迫ってきた感がします。



さて、年末の定番といえば


「流行語大賞」の発表がありますね。












今年の場合は想定の範囲内(外)小泉劇場が大賞に選ばれました。














やはり一年の世相を表している言葉といえるでしょう。







みなさんもこの一年で特に多用した言葉は多いんじゃないでしょうか。











はい。


ご多分に漏れず、我々「げんかや14号店」内でも今年は数々の流行語が誕生いたしました。

















というわけで今回は、年末スペシャル。




「げんかや的流行語大賞」をここに発表しようと思います。














キリ良くベスト10形式での発表にしようと思ったんですが―――





























































10個は多すぎて面倒臭いんでベスト7にします(・д・)
















































てか、10個も覚えてないんで、



























































思い出し次第その都度改めて発表します(・∀・)
(なんと適当なランキング)

















いや、でもホント数え切れないぐらい流行語が生まれたんですけどね。


多すぎて思い出せないんです。











というわけで発表します。
その言葉を使い始めたメンバーも同時発表で。





















では、第7位。










































使い始めた者:けいじ。






































































「金ならある(・∀・)」











はい、第七位には酒の神・けいじ発案の「金ならある(・∀・)」がランクインしました。


けいじ君、おめでとう。



この「金ならある(・∀・)」ですが、主に彼のバイトの給料日に発せられる言葉であります




酒を飲みたいが金が無い。
唯一の弱点が「貧乏」である我々。








飲み屋に入りたいけど入れない、今日は大人しく部屋飲みにするかと諦めかけた時、

懐具合が良しいバッカスは、それこそ(・∀・)みたいな不敵な顔をし、力強くこの名言を放つのです。







銀座で一晩1000万円以上使ったという石原裕次郎のようなカッコ良さ。
その男気を買ってランクインです。













しかしこの男、逆に給料日前のような金欠状態になると、途端に勢いが無くなります。

裕次郎が一転、青菜に塩をかけたかのように、僕らに酒の馳走をねだるような情けない状況に陥ります。



よってランキングは少し低めに設定しました。







ちなみについ先日も、パチンコでバカ勝ちしたこむぞーがこの餌食になりました。


合掌。



















では次、第6位。




















































使い始めた者:こむぞー


























































































































はい出ました。
こむぞー伝家の宝刀、「」。




実はコレ、現在のげんかや内で最も流行っている言葉であります。


こむぞー執筆の記事『ショパン』シリーズ でも何度となく登場していますね。





皆さんもメールなどで、よく(笑)とか(爆)とか(涙)みたいに、




漢字一文字で自分の心情のニュアンスを表現することが多々あると思います。










以前の記事で紹介した通り非常に愚痴っぽい性格のこむぞー君の場合、




この



















という一文字が絶妙に彼の気持ちを表しているんですね。


だって、「滅」を使う熟語といえば―――
















消滅


幻滅


破滅


















































……




































すっげぇネガティブ(>_<)
(しかも救われねぇ単語ばっかり)












こんな絶妙な使い方を考えたこむぞー君は偉大です。


こむぞー君、おめでとう。










はい、ガンガン行きます。次は第5位。


































使い始めた者:シンゴ




















































































フォー!

デスクトップ_ブログ4_CIMG3432

















はい。レイザーラモンHGの「フォー!」であります。

これはげんかや内だけでなく、全国的に使われた言葉でありますね。
本家の流行語大賞でも入賞されておりました。











しかし我々げんかや14号店内で最も早くHGに食いついたというか惚れ込んだのが、






メンバー随一の流行追いかけっ子・シンゴだったりするのです。







早稲田祭のために自腹で高額な衣装を買い込み


本家の腰フリ技術をマスターし、


実際に早稲田祭においても絶大なる威力を発揮したシンゴの功績を称え、彼を第5位に認定します。












おめでとう、レイザーラモンHG。














第4位。













































使い始めた者:なり

























































































オーラ















これは僕が説明するより、以前の記事「げんかや的フェチバトン」 を読んでいただく方が早いし伝わると思うのですが―――





この記事での「オーラ事件」があって以来、なりには一つの認定が下されました。




















落書き

「オマエは真性の阿呆である」と。
(「アホ」ではなく「阿呆」であるところがミソ)










それぐらい衝撃的な発言だったわけですね。
未読の方は、是非とも読んでみてください。



彼の阿呆さが分かりますから。きっと。


ともあれおめでとう、なり君。
















さて、ついにベスト3に突入です。













第3位!










































































使い始めた者:はまじ
















































































































俺、ウザイ?













はい、自分で自分を3位にしてしまいました。
おめでとう俺。




この「俺、ウザイ?」発言、これもまた一世を風靡した流行語でありました。




この言葉、決まって僕が酩酊したときに発せられるのですが、












散々絡みまくって、


毒霧までやりやがって、


ついには炒飯霧なんて荒業までやってのけた後に、








































はまじ俺、ウザイ?

ぶち壊れ














































一同ウゼェに決まってんだろうが!!





という流れが定番でございます。




なお、酔っ払った僕は最初に何故か、










俺、はまじ



と、一応自分の名前を名乗った後に、



「俺、ウザイ?」



と尋ねる場合が多いようです。





皆さんもやってみてください。



散々酔っ払ったうえに、





「俺、○○」


  ↓


「俺、ウザイ?」































きっと友達失くしますからm(_ _)m
(こんな俺を毎度許してくれて皆ありがとう)
























第2位!!




























































使い始めた者:たかし






















































許す!

























さすがはゼウス・たかし。



この偉そうな言葉は、神々の父である彼でなければ吐くことはできないでしょう。


実はこのゼウス、アバウト集団であるメンバー内でも一番の適当さを誇る猛者だったりします。



自分の発言に責任を持たず、平気で話を自分の側へもっていき、裁断も強気です。





例えば早稲田祭で何を販売するか決める際に居酒屋で話し合う時も、








シンゴ「ねえねえ、カレーおでんとかどう?」



たかし「(当然酔っ払って)許す!」



けいじ「トムヤムうどんってのもあるぞ」



たかし「(もっと酔っ払って)そっちの方が許す!!」






みたいな具合で、適当な発言を繰り返すわけですね。
(意味が分からん)











適当であるにもかかわらず、偉そうに発せられる「許す!」


そのギャップに、我々はゼウス・たかしの虜となってしまうのです。









ちなみに現在のげんかやメンバーの中で、最もアブラ(旨と油の両方)が乗っているのが(=今最もアホなのが)たかしだったりします。


鬼畜発言が多いために記事にしづらいのが難点ですが、かなり面白い感じになってます。



以後、ブログ内でたかしの活躍頻度が高まってくるかもしれません。

お楽しみに。


そんなわけでたかし君、おめでとう。

















そしてやってきました第1位!!!




































































発言し始めた者:不明(全員)








































































まぁいいか(・∀・)


















はい。
2005年のげんかや14号店はこの言葉に尽きると思われます。




富士山に登る際に暴風雨に見舞われた時も、「まぁいいか(・∀・)



早稲田祭が迫っているのに全然準備が進んでいない時も、「まぁいいか(・∀・)



就職活動で面接に落ちても、「まぁいいか(・∀・)



単位落としても、留年決まっても「まぁいいか(・∀・)








阿呆でも、


選挙活動に翻弄されて軽度の糖尿病になっても、


モテなくても、


太っても、


内定した会社の名前がある日突然変わってても、


パソコンにウイルスが96個感染してても―――































































まぁいいか(・∀・)

(イーストエンドプラスユリ並みの使用頻度)







その一言で片付けられる、ゆる~い空気感があったからこそ、今の「げんかや14号店」ができあがったのだと思います。











というわけで、








当「げんかや14号店ブログ」


















今後ともよろしくお願いしますm(_ _)m






















今日はこんな感じでシメてみました。





























……





































いや、最近順位が下がってるんで読者様にゴマすってみただけっす。泣

いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)
2005-12-18 17:58:06

メリー苦シミマス。

テーマ:ブログ

すいません!!
















更新サボってました!!
(かれこれ一週間ほど)







どうも。はまじです。








巷ではすっかり忘年会シーズン。



僕らもその例外ではなく、
別にネタ不足だとかブログに飽きたとかで書かなかったのではなく、普通に忘年会で忙しかったんですね。








我々「げんかや14号店」、





この一週間―――

























ほぼ毎日同じ面子で忘年会していました(・∀・)




はい。アタマ悪いです。
すいません。















でもね、しょうがないじゃないですか。








忘年会とは「れるための(飲み)」。












僕らには―――





































今年忘れなきゃならない恥のエピソードが多すぎるんですもの。
(※何度忘年会しても忘れ去れない)








そのくせ何度忘年会しても再び新たな恥話を作ってしまう悪循環はご愛嬌。
(学習能力皆無)



























さてさて。



しかしまぁ、気づいてみればいつの間にやら周囲は完全にクリスマスムード一色になってますね。


























街を歩けばクリスマスソングが流れ、


買い物をすればクリスマスフェアに行き当たり、


コンビニに行けば店員のお姉さんがサンタコスプレしてたりします。
(トナカイになりてぇ)












皆さんはいかがしてクリスマスを過ごすのでしょうか。














どんなプレゼントを彼女に贈ろうか。

彼氏とどこに行こうか。











そんなふうに、クリスマスデートの過ごし方に頭を悩ましている方も多いでしょう。













はい。


更新をサボったお詫びに、私・はまじが皆さんに「クリスマス必勝法」を伝授いたします。











「えー、はまじみたいな胡散臭くてウザそうな男から教わるものなんて何もないよ(`д´)」














そんな風に思ったアナタ。



セイセイセイ。
いけませんよ、僕をナメてもらっては。




何を隠そう、私はまじ







今まで黙っておりましたが―――

























実は、泣く子も黙るクリスマスマスター
















クリスマスははまじのためにある―――












































巷では「ハマジ・キリスト」と呼ばれております(>_<)b







そんな僕がお送りする、「クリスマスの過ごし方必勝法」。






まぁ、














































































独りで過ごす場合限定なんですけどね。泣
(使えねぇ)




















はい。


クリスマスを彼女や友人や家族と過ごしたことはあまりない僕ですが―――






































独りで楽しむクリスマスには自信があります。
(※自慢にならねぇ)






とりあえず今回は、去年のイブを僕がどう過ごしたかをご紹介します。








2004年、12月24日―――。




昼間に起きた僕は、


















日昼から長時間風呂に浸かり(温泉の素つき)、


新しい服を買いに赴き、


美容室に行ってカッコよく散髪をしました。

















































……




















































別にデートの約束があるわけでもないのに。泣
(無駄にクリスマスデート気分を味わってみた)




























そう。























この日の僕は―――















既に意地でも聖夜を独りで過ごそうと決めておりました。























だから美容師のお兄ちゃんに、



「これからデートですか?」





と、聞かれても













「いいえ、今日は独りで過ごしますがナニカ?・д・)」






と、言い放ったのでした。







その後、気づいてみれば夕暮れ時。



デートの待ち合わせをする男女で溢れるスターバックス内で独り数時間無駄に過ごし、
(なんと迷惑な)







その際、友人から












「今日はみんなでクリスマスパーティーやるからおいでよ!」














とメールが来ても、














「いや、今日は意地でも独りで過ごすぜ(`∀´)







と言い放ち、誘いを断ったのでした。

(自分でも意地を張る理由が分かっていない)








で、スタバを出たらもうすっかり夜。









その後、











ケンタッキーに行ってフライドチキンのパーティーセットを購入し(約2000円)、






無駄にクリスマスケーキも購入し、








さらには高めのワインとエビスビールまでも買いに走り、やっと帰宅したのでした。







ちなみにケンタでは行列ができており、家族へのお土産にするお父さんでゴッタ返しておりました。


一人分なのに無駄にパーティーセットを買ったのは間違いなく僕だけでしょう。















しかしまだまだこれでは満足しません。




さらに家に常備してある土鍋とカセットコンロを使って寄せ鍋を作ります。









しかし悲しいかな、どんなに立派な土鍋を使って寄せ鍋を作っても―――






























































一人じゃ「寄せ」られないんですよね(ToT)













ともあれ、


おろしたての服に、散髪したばかりの髪、そして朝風呂。


目の前に控えるは、寄せ鍋、フライドチキン(10ピース)、ワイン、ビール、ケーキ。







僕はこの豪華ラインナップで、
















一人クリスマスパーティーを開催したのでした。













したたかに飲み、食い、その様子を自ら写真に撮り、友人たちに写メで送る「ハマジ・キリスト」。











テレビを見るとクリスマスソング特集かなんかをやっていたので、


部屋にあるギターを取り出し、







ジョン・レノンの『ハッピークリスマス』や


山下達郎の『クリスマスイブ』、


B'zの『いつかのメリークリスマス』あたりを下手くそに歌い始めるシマツ。





冷静に見れば、一人ボロアパートでクリスマスパーティーやってる男が酔っ払って








「War is over!」


と熱唱してもそれは空虚でしかなく、草葉の陰でジョンも泣いていることであろう。




しかしそんなことは関係ない。



相も変わらず飲み、食い、歌い、写メを送っていたところ、


その画像を見たけいじから返信が来た。







メールは、たった三文字だった。





































































けいじ「キツイ












































!!!






































































はまじ「その通りだ!













そんなわけで軽くへコみ、ハマジ・キリストの聖夜は更けていったのであった…。
(当然その後、毎年恒例の深夜テレビ『明石家サンタ』を観賞)
























…どうですか?

































参考になりましたか?(・∀・)















まぁこんな風に、無駄に一人で馬鹿騒ぎするのも一回ぐらいはいいかもしれませんよ。















~追記~


ちなみに今年のクリスマスですが、僕は23、24、25日と夜にバイトが入ってしまい、一人クリパをできるかは微妙な状況にあります。


僕は近所の料亭でアルバイトをしているのですが、そこの女将さん(推定60歳前後)が人情派で粋な人で、



「クリスマスは彼氏彼女とか家族と過ごしたいだろうから、予定ある人は休んでいいよ」




と言ったところ、




残ったのが僕と女将さんだけになってしまったんですね。



てなわけで、今年の聖夜は女将さんと僕の二人っきりで過ごすことになりそうです。





























……




























間違いが起きるかもしれませんよ?

















クリスマスの雰囲気にはくれぐれもご注意を…。

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2005-12-12 01:24:42

壮絶げんかや14号店争奪戦争 

テーマ:ブログ

こんにちは、自己愛の塊・けいじです。



昨日の記事 の通り、我々はmixiなるものをやってます。


簡単に言うと、それぞれが日記を書いてるわけですが


けいじ  →自己愛・哲学

はまじ  →芸術(本・音楽・映画など)

たかし  →食いもん・グルメ

こむぞー→選挙・愚痴

シンゴ  →適当

なり   →アホ


についてそれぞれバラバラにやっております。

(チームワーク皆無)


昨日から「げんかや14号店コミュニティ」参加者を募集しておりますが、

早くも数人の方から反応がございました。


ありがとうございます!!!

(意外といるファンに爆笑)


ちなみに、mixiに入ってみたい!という方は、genkaya14@hotmail.co.jp  までにメールください。

ブログ上で面識のある方(コメントを残されたことがある方)は、僕から招待したいと思います。




さて。





ここからが本題です。




みなさん、大変です。




ただ今、我々げんかや14号店は

































分裂の危機にさらされております。















分かれたのは




はまじ・シンゴ・なりのセクト

 と

けいじ・たかし・こむぞーのセクト。



















激しい内部分裂を起こしております。


そして、その分裂を裏で操っているのは



































なんと

けいじの

けいじの姉

(まさかの展開)



けいじ兄…

けいじの10歳年上。長男。某大手専門学校会計士課講師。

ただ今、新しい校舎を自ら立ち上げ絶好調。

こちら で登場済み)




けいじ姉…

けいじの8歳年上。長女。某大手新聞社編集部勤務。

ただ今、新しい雑誌編集に参入しこちらも絶好調。

こちら で登場済み)




両者、相当なぶっとびキャラでございます。




そして、両者とも仕事で波に乗る、ノリノリな人物。

共に、金ならある。といわんばかりの絶好調ぶり。







その彼らが、


けいじ兄vsけいじ姉


で、げんかや14号店の取り合いを始めたのだ!!










詳しく述べますと…


彼らは仕事の絶好調ぶりに比例して、忙しさも絶好調である。



















そこで


二人はげんかや14号店に目を付けた。





















このムダに熱く、ムダに行動力のあるバカどもを








利用しない手はないと。























そう、要するに、けいじ兄・けいじ姉は


げんかやメンバーをバイトに使おうと考えたわけです。
















先にげんかや14号店に触手を伸ばしたのはけいじ兄。


新しい校舎を立ち上げた宣伝にと、近所の大学で専門学校のティッシュ配りを画策。その仕事をげんかやメンバーにやらせようと試みた。




最近のけいじ兄と僕の電話の会話は以下の通りである。




兄「もしもーし。人材派遣会社『げんかや14号店』のけいじさんですかー?」

僕「はーい」

兄「明日10時から、バイトを2人ほどお願いしまーす」

僕「明日なら、はまじとなりが空いておりまーす」

兄「じゃ、よろしく~♪」




てな具合である。

こうして、げんかや14号店は、人材派遣バンクとなった。

(僕はマージンをもらう(・∀・))
















しかもこのバイト


















恐ろしいほどにワリがいいのである。































時給1000円以上。



































さらに!!!!
































兄による豪華メシ付き!!

(バイト終了後に当たり前のようにおごってもらえる)

















常に金欠に悩まされ続けている貧乏学生集団・げんかや14号店にとっては、願ってもない好条件である。














げんかやメンバーはすぐさまこのバイトに飛びついた。

















そんな日々が続いて約1ヶ月…。我々は潤った。














そこに!!





この人材派遣会社『げんかや14号店』に頼るけいじ兄に
ライバル出現。






それが、けいじ姉である。






こちらは、新しく立ち上げた雑誌の編集作業の一部をバイトに任せようと画策。当然、げんかやメンバーに目をつける。




最近のけいじ姉と僕の電話の会話。



姉「もしもーし、人材派遣会社『げんかや14号店』のけいじさんですかー?」

僕「はーい」

姉「明日バイトを3人ほどお願いしまーす」

僕「明日は、けいじ・こむぞー・たかしが空いておりまーす」

姉「じゃ、よろしく~♪」

















こちらのバイトも、
兄に負けず劣らず破格の待遇。


もちろん、姉の豪華メシ付きである。
















こうしてげんかやメンバーは


毎日のようにけいじ兄・けいじ姉のバイトに走るようになった。

そしてさらに我々は潤った。


















バイトの条件の良さは、兄も姉も両者一歩も譲らず。

















こうして起こった!!
















けいじ兄vsけいじ姉

戦争勃発!!!








げんかやメンバーの争奪戦が始まった!!!












姉「けいじ、明日3人頼む!」

僕「明日のげんかやメンバーは兄に抑えられてるよ」

姉「なにーっ!」




てな具合である。

















さて、今の勢力図で言えば、




兄のバイト派…なり・シンゴ・はまじ

 vs

姉のバイト派…こむぞー・たかし・けいじ




がっぷり四つである。まさに分裂状態。
















ここで、兄・姉両者は考える。



















より簡単にげんかやメンバーを取り込むためにはどうしたらいいのか――?


























賢明な両者は同じ事をすぐさま考えつく。
































…酒で釣ろう(・∀・)

(わかってらっしゃる)















こうして、


けいじ兄vsけいじ姉


げんかや争奪戦争は




















血の海ならぬ
















酒の海となった(´▽`)

(げんかや溺死)
















げんかや14号店争奪戦争は現在も激化!!


















げんかやメンバー一同の声:


「もっとヒートアップしてもいーよ(・∀・)ワーイ」



















最近のげんかやメンバーの収入源は、


けいじ兄・けいじ姉からのバイト代となり…










そこで稼いだ金は






















再びげんかやメンバーの飲み会の財源となるのであった。

(素晴らしき経済循環)


















ちなみに、兄・姉がバイト代と、さらに彼らが付けるオプションが











兄のバイト→バイト代+店4軒ハシゴの飲み歩きツアー

 vs

姉のバイト→バイト代+銀座の有名店のお酒飲み放題












あなたなら…




どっち!?(どっちも最高◎)

いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)
2005-12-11 18:08:07

げんかや的mixi生活

テーマ:ブログ

先日、バイトが終わってタイムカードを押そうと思ったら、何故か機械が壊れました(僕のカードが入ったきり出てこない)。



今は亡き破壊王の魂、ここに継承。


どうも、はまじです。













突然ですがみなさん、mixiって知ってますか?













<mixiとは?>

mixi (ミクシィ) は日本国内で最大のユーザー数を持つ、完全招待制のソーシャル・ネットワーキング・サービスの一つ。
2004年2月オープン。運営は株式会社イー・マーキュリー。
2005年8月1日にはユーザー数が100万人を突破した。サービス名である「mixi」は、「mix (交流する) 」と「i (人) 」とが由来。18歳未満は利用できない。


wikipedia より引用)









なんか最近はかなり有名らしいんで知ってる人も多いと思いますが、








つまりは、



同じ趣味を持つ人同士がmixiを通して友達になったり


友達と日記を見せ合って楽しんだり


好きな映画や音楽なんかのレビューを書いて公開したりするサイトなんですね。










ユーザー数が100万人もいることもあって、昔の友達や別れた彼氏彼女の名前をサイト内で検索してみるとヒットして思わぬ再会を果たせたりします。








有名人の利用者も多く、



電波少年で有名な坂本ちゃや、



あの爆風スランプのサンプラザ中野や、




そしてさらに、




なんとあの―――















































レイザーラモンHGもやってるという噂もあるのです!!








レイザーラモンHGフォ~
(mixiバッチコーイ)





…我々げんかや14号店、レイザーラモンHGを愛する心適当は誰にも負けないと自負しております。
(一日に一回は「ハードゲイ」という言葉を発します。「一日一ゲイ」です。)























げんかや一同「HGがmixiをやっているのか…。























































ならばついていきますぜーー(・∀・)














ということで、























































全員mixiを始めてみました

(´∀`)









まぁ別にHGだけに関係なく面白そうだったからっていうミーハー根性が始めた動機なんですけどね。






しかし、ただ登録するだけじゃあまりにもゲイがない。





忘れてくれるな。






げんかや14号店、それぞれの個性が素晴らしいまでにバラバラです。










ということで、


































メンバーそれぞれ異なるコンセプトでmixiやってます!
(申し合わせるわけでもなく、いつの間にか、自然とそうなりました)






以下、それぞれ簡単にご紹介。






~げんかやメンバー的mixi生活~





<けいじの場合>


この男、げんかやメンバーと馬鹿騒ぎするだけの生産性皆無な毎日を繰り返す中で、ある危機感が生じました。


「俺、このままじゃ馬鹿になってしまうんじゃないか?」と。


というわけで右脳を働かせるため、彼はmixiの中では、ブログとは少し違うキャラになっています。


彼なりの哲学っぽいことを語っております。ブログとのギャップに驚くこと請け合い。


詳しくはmixiを見てみてください。












<たかしの場合(mixi内でのハンドルネームは「あおじん」>


たかしといえばデブ。デブといえば食いしん坊。食いしん坊といえばグルメ


というわけで、彼はmixiの中では、お気に入りの飲食店や食品を紹介する日記を書いており、なかなかの読み応えです。
ちなみに彼は来年就職する会社の内定者ともmixiで繋がっているらしいのですが、この当ブログがmixiを通していつバレるんじゃないかとビクビクしております。笑

(隠したくなる気持ちも分からんではない。笑)


詳しくはmixiを見てみてください。







<こむぞーの場合(mixi内でのハンドルネームは「コムゾー」>


昨日の記事 で紹介した通り、彼は意外に愚痴っぽい性格であります。
ゆえに、mixiを通しても愚痴っぽい日記が散見されます。


しかしその愚痴のなかで彼の過去の恋愛話(というか撃沈の歴史)や選挙を通じて得た処世術を知ることができます。


乱世を生き抜くならこむぞーに学べ!!


詳しくはmixiを見てみてください。














<シンゴの場合(mixi内でのハンドルネームは「ヒゲ」>


シンゴはげんかやメンバーの中でも一、二を争って流行に敏感です。


したがって、mixiもメンバー内でいち早く登録していました。立派です。
しかし同じくメンバー内で一、二を争って飽きっぽいのです。




ゆえに、日記が途切れがちです(Mr.三日坊主)。


詳しくはmixiを見てみてください。















<はまじの場合>


自分でもすっかり忘れていたのですが、実は僕は大学では芸術系の専攻だったりします(志望理由は、「何か芸術系ってカッケーじゃん」)。


それならばということで、あえてmixi内では日記は書かず、本や映画等のレビューを綴っています。


なお、芸術系を謳ってるくせに取り上げてる作品が「ドリフのコント集」だったりするのはご愛嬌。



詳しくはmixiを見てみてください


















<なりの場合>
ご存知の通り、なりはげんかやの「馬鹿の神」です。


ゆえに、日記を書くという能力がありませんというか文字を書けません。)


げんかやメンバーの中で日記もレビューも書いていないのは、彼だけです。泣



気がむいたら、mixiを見てあげてください。






















…とまぁ、こんな感じで僕らはmixiを楽しんでいるわけですが、















これだけでは終わりません。


















「ノリの良さ」がお家芸の「げんかや14号店」。



















それならばということで―――


























ノリげんかやのコミュニティを作ってみました(・∀・)



























しかも非公開で(・д・)
(けいじ談「なんか非公開の方がカッケーじゃん?」)








そんなノリなもんで、作ったはいいもののどう運営してよいものか苦慮しているところであります。












さて、ここまで前置きが長くなりましたが、


今回、お伝えしたいことは次の一言に集約されます。
























では、言います。

準備はよろしいでしょうか。
(一回しか言いませんよ?)


























えー…、





















































アナタもげんかやコミュニティに入りませんか?














はい。言っちゃいました。




いやーせっかくブログで読者の方々と出会えたんだから、色んな付き合い方をしたいなーと。
オフ会なんてなかなかできるもんじゃないし。


じゃーmixiなんてどうよってなことでお誘いしてみたわけですよ。




「つながっても構わないわよ♪」という奇特な方がもしいましたら(女性の方限定)、








とりあえずはmixiに登録して、


コミュニティのカテゴリーの中で、


「げんかや14号店」と検索してみてください。


そこに僕らはいますので。









では最後に、げんかやメンバーがどんな日記を書いているのか、ちょっとだけ中身を紹介しておきましょうか。




今回は「食」について書き綴っているたかし君の日記です。


以下、引用。






















2005年11月29日15:49

【学食】カレー


前回の日記で思い出の給食を聞いたところ
カレー。というのがやはり多かったので、
今回はカレーにまつわるエトセトラを。


中学から高校にあがった時、劇的に変化したのは
通学方法でもなく趣味でもなく
昼食であった。


いまでこそお昼に自分の食べたいものを選ぶのは
当たり前ではあるものの、中学校までは
雨ニモマケズ、風ニモマケズ
一日ゴトニヤッテクル
嫌イナ、パンヲ食ベテイタ。


だから、高校に入ったときは新しくできた
友達と学食のメニューで頭を悩ませるのが
とても楽しかったのである。




さてさて時は移り大学生になってお盆に
帰郷した際に旧友となった友達と飲んでいたときのこと。


友「あー、学食のカレー食いてえじゃ」
俺「んだなぁ」
友「やだら(かなり)うめがったよなー」
俺「だすけよー(そうだよね)」
友「んだら明日、学校さいぐが!?」
俺「!!!!!!??」


普通なら笑い話で終わりそうな会話であった。
しかし、そのとき朝の5時過ぎ。
そのままのテンションで向かうことになってしまったのだ。


二時間後、学校に集合した僕たちは全員学ランである。
半年振りに見るお互いの姿を眺めながら、帰りは職員室
によって花々しく凱旋報告でもしようと決めていたのである。
「先生、私は東京でがんばっていますよ」と。


しかし、規則が厳しい進学校だった校舎の中に
覚えたてのヘアカラーをした金髪や茶髪で
学ランを着た僕ら6人は完全アウェー。
見知らぬ後輩に通報され新任の教師がやってきたときは
最悪の事態だった。


友の一人が中庭でタバコを吸っていたのである。


教師「お前何をしている!!」
友「え!タバコすってます」
教「バカヤロー、どこの高校生だ!?」
友「いや、高校生じゃないっす」
教「嘘をつくな」
友「いや、ですからーー」


そもそも、学ランを着ておいて
ワタシ、コウコウセイデハ、アリマセンヨ。
なんていうこと事態理不尽な話である。


その後、卒業生という事を証明するため
新米教師の監視の下、元担任に会いにいった
なんとも情けない僕らの姿は


とても凱旋などとは呼べるものではなかったのである。











…たかしよ、ひとこと言わせてくれ。










オマエはアホか?




では興味ある方、登録お待ちしてまーす♪

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2005-12-10 03:27:47

げんかや的共同生活

テーマ:メンバー紹介

先日、髪の毛を軽く引っ張ったらゴソッっと抜けました。

リアルにビビリました。


23歳にしてハゲの兆候。どうも、はまじです。





はい。

突然ですが、最近、僕にはひとつ悩みがあります。



というのもですね、ある人が僕を放っておいてくれないんですね。

もうモテモテですよ。

その人は毎日のように僕の家に遊びに来て、時には夜を共にし、一日中語り合う仲。







もうラブラブ。

たまんねー。








そう。

その、僕にゾッコンのいとしのエリーは―――


















必勝山○派

選挙ジャンキー・こむぞー氏。












もうね、このこむぞー君、例の選挙活動が終わって東京に戻ってきて以来―――















毎日のようにウチに来てるんですよね。

(昼から酒を携えて)
















もうね。















































ウザイったらないっすよ(`-´)ノ



















このこむぞーの家と我がはまじ宅、実は歩いて10分ぐらいの超近所なのですね。




で、こむぞー君、選挙が終わってから生きがいを無くしたのか、暇になったのか知りませんが―――





























もう毎日来るわけですよ。

(イヤ、冗談ぬきで)








毎回の定番な流れを大まかに説明しますと、










①正午あたりに予告もなく突然来訪。

(我が家はカギをかけていないため、突然ドアが開く)







②訪れるなり人のベッドに倒れこみ女性関係や接待のミス、選挙の失敗談などの愚痴を延々と僕に語る。








③酒に逃げなきゃやってらんねぇという結論になり、近所のコンビニに走り、大量にビール購入

(注:時間はお昼であり、彼は大学を休んでいます)













④酔っ払い、せっかくだから他のげんかやメンバーも呼ぼうという流れに。














⑤電話して誘ってみると、ほぼ例外なく我が家に直行してくる

(注:平気で授業をサボります)











⑥そのまま朝まで…。泣








































……





























































これが毎日続くんですよ?

(週に4~5日ぐらいのペース)



















もう無法地帯ですよ。

(ある意味梁山泊)



















当然のように飲酒量も高まり、


わずか一日で大量のゴミ袋がビール缶で埋まるほどの勢い。


そんな毎日を送っていることもあってブログの更新も滞ってしまう昨今です。

(ちなみに今もげんかやメンバーが我が家に集う中でこの記事書いてます)











さて、前置きが長くなってしまいましたが、とにかく何故か最近こむぞーと二人で過ごす時間が長いわけですよ。



そんな毎日を送る中でふと気づいたことがあるのですが、






このこむぞー君。












話す内容が―――


























ほとんど愚痴なんですよね(´д`)












だもんで必然的に聞いている方までヘコんでくるわけですよ。










どれだけこむぞーが愚痴が多いかを判断する材料として、げんかやBBSがあります。

このBBS、げんかやメンバー6人がそれぞれ思ったことを無責任に書き殴り他の書き込みへのレスもろくにしない適当BBSなんですが、





なにを隠そう、こむぞーの書き込みがダントツで多いんですね。

(本人曰く寂しいらしい)






しかしながら、そのこむぞーの書き込みの殆どが、


















やっぱり愚痴っぽいんですよね(`д´)
















以下、いくつか例をピックアップ。






衝撃  投稿者: コムゾー  投稿日:11月25日(金)13時18分49秒


元カノが、


「結婚する」


そうです。


今連絡がありました。


・・・・。


飲むしかない。


















近況報告  投稿者: こむ  投稿日: 8月13日(土)00時50分51秒


時給が決まりました。



700円。


…。
















気付いたことがある  投稿者: 虚無僧  投稿日: 7月11日(月)00時20分43秒


今日、明日の中小企業論の勉強しようって呼ばれた。けいじんちで。


俺は無駄な気配りを働かせた。


スーパーブルーを買っていったのだ。


しかし、俺を呼んだはずのしんごはおらず、挙げ句にけいじは爆睡していた。


泣きそうになった。


この時点で気付くべきだった。


奴らに必要なのは、飲むための口実なのだと、。


しかし俺にとっては単位は命懸けなのだ。


HOWEVER、奴らは笑っていた。


かくいう俺も飲み過ぎた。


結果、中小企業論の「ち」の文字もなく、飲み、そしてまもなくけいじムービーの餌食になった。

結論が出た。



○○○(←はまじ注:こむぞーが好きだった子の名前です)、お前はかわいい。


360度を越えたぜ?











以上、例として三つの書き込みをご紹介しました。











ね?















愚痴っぽいでしょ?







彼の書いたブログ記事からも言えることかもしれませんが、なんか文章から負のオーラがプンプンしてるんですよね。






だってブログ記事のタイトルが、



























『ショパン』ですよ?










なんか若死にしそうなオーラが充満。





そんなことを考えてたら今、ふと思いついた新たなるこむぞーのあだ名。








グッチ裕三ならぬ―――













































グッチこむぞー

(愚痴こむぞう)





















うぁぁ、










く、くだらねぇ…。















こんなオチでごめんなさいm(_ _)m

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2005-12-07 15:31:34

ショパン3

テーマ:石鹸では落ちない汚れがある。

「コムゾーくんは”いい人”。


でも”好き”とは違うの。わかって。」
















いつまでたってもいい人止まり。



僕の人生、平行線だらけです。









やってきました、水曜日。

どうも、コムゾーです。














最近ふと思ったことを。











政治に関わって、病んだなぁと
思ったのが、携帯の変換機能。


















講演会と打ったつもりが、後援会







三時間後って打ったら、参事官後にと出る。













同様に時間を守れと打ったら、次官を守れと、


もはや違う意味になってしまう。















人と話す時も同様に考えて話すようになっている。




AさんとBさんは仲が良くないから、Cさんを間に立てて、
物事を頼めばうまくいく。



といった具合に。































・・・・。
























































一番痛いのが、、


全て官庁の管轄で見えてしまうこと。



軽くご説明します。
(飛ばさないでくださいね涙)












日本の社会は全て省庁の管轄によって
区割りされています。



そう、全てです。
端的な例でいうと、職業です。



農業だと、農林水産省管轄。



テレビ局は、総務省管轄。




病院だと、厚生労働省。





といった具合でございます。






で、話は戻ります。








夏に川原でバーベーキューをやりますよね。



みんなで楽しくお肉焼いたり、スイカ割ったり、



川で泳いだり。



山の緑に囲まれ、癒された気持ちになったり。




彼氏彼女達は二人の世界に入ってしまったり(涙)









そんな楽しいはずの空間も、



ジャンキーEYEには、何か違ったものが見えてきます。





ええ、川ですね・・







国土交通省の管轄ですね













ええ、山ですね・・。














農林水産省の管轄ですね
















ええ、川原ですね・・。











地方自治体の管轄ですね






























・・・・。
































一気に滅な気分へ・・・。
















そうあれは、楽しいはずの、夢の国、ディズニーランド。











ディズニーリゾートラインに乗った瞬間、
周りのカップルは、夢の国モードに入る。








しかし、



























俺の名を言ってみろ!






















俺の名を言ってみろ!!















俺はコムゾー。
選挙ジャンキー、ジャンキスト。
ディズニーでもやらかした。




















あれは彼女(当時)とディズニーリゾートラインに乗った瞬間だった。






















「これは、国土交通省になるのかなぁ・・・。」









































(元)彼女「!!??」




























ほとんど恐怖の表情だった。
















気でも狂ったかと本気で思ったらしい。





「二度と一緒にディズニーいかない」と宣言された日だった。




通称「夢の国発言(夢の国事件)」







































・・・・。
























夢の国発言の何年後かに訪れたもの。


そう、げんかや。


「けいじを中心とした神の集団」


でも結局、















滅。

いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)
1 | 2 次ページ >> ▼ /

AD

メロメロパーク

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。