まるで海の中にいるような

音の波長が

ぽおん、ぽおんと

心の中に染み渡る

日の沈んだ寒空の下

行き交う人々

名も知らない楽器を奏でる彼は

静かな世界で、音楽を愉しむ