TOEIC990への最後の1ピース

 

これが何なのか、知りたくて知りたくて

ずっともがいていました。

 

 

なんで980、985で止まってしまうのか。

自分に足りないものが何なのか。

それをずっと知りたかった。

 

 

最初に満点を取れた時、「運」だと思いました。

 

最後は、運が味方してくれるかどうか。

 

自分の得意分野が出た、

体調がすごくよかった

なんだか絶対いけそうな気がしたetc

 

自分ではどうにもできない不可抗力が

もろもろはたらいて、

それで満点を取れたんじゃないかと。

 

 

でも、連続して満点を取れるようになると、

それは運ではなく、直感なのだと気づきました。

 

直感は一見、勘のようにも思えますが、違います。

 

まったくわからずあてずっぽうに答えるのが勘。

直感は、確たる根拠は説明できないけど、

絶対にこれだという自信を持って選べることです。

 

それはどこからくるかというと、

これまでの受験経験と勉強時間と内容からです。

この3つの圧倒的な量が、直感を生むのです。

 

 

一見、運とも思えるものの正体は、直感。

その直感はすべて現実的に積み上げられたものの集積。

 

 

私が990を取れたのは、最後のピースを埋められた

=直感が十分にはたらく実力がついた

 

ということです。

 

TOEICは、満点を取れないテストではありません。

取っている人が実際にいるからです。

誰もが必ず、満点を狙えるテストなのです。

 

雲の上の夢物語ではないのです。

 

 

問題の当たりはずれ、運などではなく、

どんな問題が来ても、直感がはたらけば

必ず正解をもぎとれる。

 

そういうテストだと思っています。

 

そう考えれば、満点は決して遠い夢ではありません。

なぜなら、正しいやり方で学び続けさえすれば、

到達できる目標だからです。

 

 

私は、心底、TOEIC満点は誰でも取れると思っています。

それは決して上からものをいうつもりではなく、

上に書いたような理由からです。

 

 

満点を取った後に、最後のワンピースが何かに気づきましたが、

今TOEICスコアアップを目指している方にとっては

このことを肝に銘じて学習すれば、

もっとスコアが上がっていきます。必ずです。

 

 

参考になれば幸いです。