ポモドーロ・テクニックというのをご存知でしょうか。

 

以下、ウィキペディアより引用

 

「ポモドーロ・テクニック(英: Pomodoro Technique)とは、時間管理術のひとつ。 

1980年代にイタリア人のフランチェスコ・シリロによって考案された。

このテクニックではタイマーを使用し、

一般的には25分の作業と短い休息で作業時間と休息時間を分割する。

 

 1セットを「ポモドーロ」と呼ぶ。

 

これは、イタリア語で「トマト」を意味する言葉で、

シリロが大学生時代にトマト型のキッチンタイマーを使用していたことにちなむ。」

 

 

ポモドーロ・テクニックを知ったのは去年の夏。

最初は、勉強ではなくて仕事で試していました。

 

というのは、デスクワーク、かつパソコン作業で1日座っているのがつらく、

でも夢中になってしまうとぶっとおしでやってしまうので、

それを何とかしたい!と思っていたからです。

適度に休憩挟めばいいのに、それがうまくできず。

 

そこで試したポモドーロ。

 

職場でタイマー鳴らすわけにはいかないので、

携帯のストップウォッチを使用。

思いのほか25分は早くて、

仕事途中でタイムアウトになってしまう。

 

続きやりたい気持ち抑えて、ちょこっと休憩。

トイレに行ったり、肩回したり。

 

それを8回繰り返すと2時間。

間に5分ずつの休憩と、時々10分くらい休み入れるので、

大体3時間くらいになります。

 

メリットは

・時間がたつのがあっという間

・仕事が途中のところで無理やりやめるので、

続きが気になって休憩後すぐに戻れる

 

デメリットは

・締め切りがある、追われている時にやるのは厳しい

 

こんな感じです。

 

 

今、勉強にも適用しています。

仕事の時と同じやり方で。

 

勉強で一番いいと感じたのは、

「途中で時間切れになること」。

 

続きが気になって気になって(仕事以上に)

休憩もそこそこに、さっと戻れます。

 

最初から意気込んで2時間やろうとすると、

必ず途中で息切れします。

25分は、キリが悪くてちょうどいい。

 

私の場合、ながら勉強なので、

書き物をしている時にも音、使ってます。

 

最近はNHKラジオ講座が多いのですが、

これは15分番組なので、またこれキリが悪い(笑)

その続きも気になるので、結果、

休憩後スムーズに勉強に戻れます。

 

 

長時間勉強は集中しているようで

意外とできていないことのほうが多いので

(SNSやってしまったり、ほかのこと考えたり)

ポモドーロ式だと、濃縮した勉強時間を作り出せます。

 

 

おすすめです!